<   2007年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ゴッドファーザーが大好き

 テレビをつけると、毎日何かしらの映画をやっています。昨夜も、あまりTVを見ない私にしてはめずらしく、何気にTVをつけると見覚えのあるシーンが・・・。こ、これは、ゴッドファーザーではありませんか!

 フランシス・F・コッポラの代表作、ゴッドファーザーが大好きです。マフィア映画が好きなのかと聞かれると困るんだけど、でもこのゴッドファーザーはとても好き。久しぶりだったので、ご飯のしたくもそっちのけで、ソファーも整え見入ってしまいました。うーん、最初から見たかった!でもまだコトは始まったばかり♪

 9時過ぎにもーりーからそろそろ帰るコール。(今帰るコールではない。)


TVでゴッドファーザーやってるよ~。見たいから何か見ながら食べられるもの買ってきてよ~。
 

 「えー!もう9時過ぎているしー・・・。じゃ、また後で電話するよ。」ともーりー。うーん、しまった。いつものような快いお返事じゃぁないわ・・・これはマズイ・・・。んなら、CMの間にご飯の支度しなきゃ!!幸いTVの映画、間のCMがえらく長いのです。冷蔵庫や冷凍庫の中をのぞき、今夜のご飯は天丼に決定!付け合せは冷奴とお吸い物♪さっそくご飯をセットして、天丼のタレを火にかけて、やかんにもお湯を沸かし・・・、お豆腐切って・・・。

 9時半ごろもう一度もーりーから帰るコール。


天丼作ったから、何も買って来なくていいよ~。まだ始まったばかりだから、早く帰っておいでよ~。
(映画に夢中だったので、天丼の写真はありまっせ~ん!)


 ゴッドファーザー、何がそんなにいいかって?!わたしにとってはこの映画、英会話を始めたばかりの頃、大変お世話になった映画なのです。イタリア語をまず始めて、それから英会話と興味が移っていった私。NYが大好きで、イタリアも大好きという私。そんな私にとって、ゴッドファーザーは英語とイタリア語がいっぺんに楽しめ、物語の舞台はNYとシチリア。なんともツボな設定。なんと言っても一番好きなシーンは、パートⅡのロバート・デ・ニーロが演じる若かりし日のヴィト・コルレオーネの一連の場面。イタリア語をしゃべるデ・ニーロのかっこいいことと言ったら!(役柄上、かなりギラギラしてますが・・・。)

 さて、ゴッドファーザー、台詞は意外にシンプル。映画で英語を学ぶのってとっても有効だって、この映画で実感。その頃は日本語字幕つきのビデオを見ていましたが、ちょっとした台詞の聞き取れた時のうれしさったら忘れられません。

 そんなこんなで5~6年ぶりに見たゴッドファーザー。昨夜TVで放送していたのは1作目。う~ん、ドキドキする場面はいつも同じ。ドンパチやっている場面より見るのが辛いのは、コニー(ヴィトの長女)がだんなカルロにぶたれたりするシーン。女性が暴力振るわれているシーンは、どうも身にしみるのか見ていることができません・・・。同じくシチリアが舞台の映画、ジュゼッペ・トルナトーレのマレーナを劇場(なんと名画座!)で見たときは、描写のリアルさに貧血を起こしてしまったほどです ^^; 持ち直しましたが・・・。

 さて、話はゴッドファーザーに戻ります。

 もーりーは初めて見るらしく、最初の1時間ばかりを見逃しているので、そこまでの場面や人間を解説♪長男は血の気が多くプレイボーイ。次男はダメ男。三男(アル・パチーノ)は理性的。父(マーロン・ブランド)は三男にはマフィアのボスを継がせたくない・・・そして最初は本人も別の人生を歩みたい・・・。次男と一緒にいるときに父は銃撃されちゃった・・・などなどなど。そんなんしていると・・・続きも言いたくなって困っちゃう!(笑)←たちが悪い(^^;

 今回はもちろん日本語字幕はなし。イタリア語の台詞、時々英語字幕が付いていたけど、何もない時も多く・・・おーい、英語字幕くらい全部つけてよ~(^0^; いろんな台詞で「へぇ~、こんな風に言うんだ~」と思いながら相変わらず今回も見ていたけど、おもしろいな~と思ったのは↓こんなのです↓

 父ヴィト・コルレオーネが銃撃され、一命をとりとめ入院中。でも三男マイケルが夜病院を訪れると人っ子ひとりいません。再び父が狙われると怪しむマイケル。慌てて父の病室へ・・・。そこへ看護婦さん登場。マイケルは父を別の部屋に移すのを手伝えと言います。でも看護婦さんは「とんでもない!」と言って手伝おうとしません。その時のマイケルの台詞。


Do you know my father?


 「オレの親父が誰だか知らないってわけじゃないんだろ?」とかなんとかそんな感じですかね~。その後に、「奴らが親父を殺しに来る。」(They will try to kill him. だったかな?)と続きます。

 もうひとつ。敵対ファミリーのソロッツォが、ブロンクスのレストランで射殺された直後のコルレオーネ家での会話。新聞では射殺事件は薬中者の犯行とされていました。お抱え弁護士のトムに、ヴィト(父)がマイケルはどこだ(Where is Michael?)と尋ねます。その問にトムは・・・


It was Michael who kill sollozzo.


「ソロッッツォを殺ったのは(他の誰でもなく、)マイケルだ。」(←私が勝手に訳しています、念のため。)関係代名詞のwhoがすんなりわかった瞬間♪(笑)なるほど~。そんな台詞で、身を隠していることも、事件の裏側も全部表現してしまうとは!

 ゴッドファーザーがおもしろいな~と思うのは、その伏線の張り方と登場人物の関係(描写)。裏と表の描写。そしてシリーズで見たときのつながりもおもしろいです。血縁関係。パートⅠの洗礼シーンのクライマックスと、パートⅢのオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」のシーンのクライマックスの対比・・・とか。わー、もうⅡもⅢもまた見たくなってしまった!日本に帰ったらさっそくDVDを手に入れよう!


〈おまけ〉
1枚も写真なしだとつまらないかな~と、火曜の晩に食べたビーフンです(笑)
豚挽き肉、海老、キャベツ、長ネギ、にんじん、きくらげ、干ししいたけ・・・。
c0084837_7434930.jpg


 ゴッドファーザーと英会話やイタリア語に夢中だったのとちょうど同じ頃、渋谷の青龍門という台湾料理屋で、ランチにしょっちゅうビーフンや焼きそばを食べていました。ビーフンも焼きそばも麺が違うだけで具も味付けも同じ。どちらか一皿に大きなシュウマイ2個とスープが付いてランチ600円くらいでした。安かったな~。途中でメニューが変わってしまってからは行かなくなっちゃった。夜も同じ店で飲んでいました(笑)。その店のビーフンを思い出しつつ再現したつもり。懐かしくとってもおいしかったです。

 でも、ビーフンって、たくさん食べてもすぐにおなかが減るんですね(^^;

追記:今、青龍門のサイトを見たら、渋谷本店は昨年末で閉店したとのこと・・・。ありゃ、びっくり。でも、店内の写真はすでに私が行っていた頃とぜんぜん違います。当時は渋谷に二店舗あったんですよね~。



人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪

 
[PR]
by mori_y_sana | 2007-01-12 07:51 |  * 本・読書・映画

オレンジ・マフィン

c0084837_1061112.jpg ←焼きたてのオレンジ・マフィンはいい香り~

 オレンジを2個しぼって、そのジュースを生地に加えました。あと、すりおろした皮も。皮をすりおろして使うのは初めて。皮のほうが香りが強いみたいです。あ~、いい香り♪

 めずらしく甘いものが食べたいよ~となったので、なんか作ってみようかな~と、Chiblitsさんお菓子レシピを見ていました。そこにオレンジ・マフィンを発見!食べたことないけど、いただいたオレンジで作ってみようかな・・・、というわけで挑戦してみることに♪

 と・・・ところが、わが家には牛乳がな~い。。。うーん。お菓子ってやっぱりどれも牛乳を使うのかな・・・。あまり作ったことがないから分からないけど、きっとそうだよね・・・。あれ?以前作ったパウンドケーキは牛乳がいらないんだ。んー・・・今回もこれにしようかな。でも、オレンジ使ってみたいしな~。

 そうだ!いいこと考~えた(^^)♪冷蔵庫にコンデンスミルクの缶があるんだ!これで代用できないかしらん♪(コンデンスミルクは、以前グッチ雄三さんがクリームコロッケに入れていて、真似してやってみようと思って買ったのですが、全然作らず・・・冷蔵庫で眠っていたものです ^^; やっと出番が!?)

 で、砂糖140gというのを無しにして、コンデンスミルクと水を半々にして混ぜ180ccにし、牛乳と砂糖の代用としてみました!かなり強引ですが・・・(笑)。自力で牛乳を買いに行かれないので、しかたない。さて、結果は・・・?!

 かな~り甘さ控えめになりましたが、これはこれでおいしかったです。スコーンのような感じになりました。使った粉のせいなのか、前回のパウンドケーキ同様、食感はサクサクとした感じです。ま、これはこれでおいしくてよろしい。(今、振り返ってパウンドケーキの記事を読んでみたら、全く同じことが書いてありますね・・・。スコーンみたいって・・・。やっぱり粉のせいですね、これは。)

紙がくっつかないようにオリーブオイルを塗りました
面倒なことが苦手な私・・・。こんな小さな紙のカップに油を塗るのか~・・・としばし考え・・・。コイン大のオリーブオイルを紙のカップにひとつずつたらし、あとは逆さにして、放射状にオイルが落ちるにまかせました(笑)!紙のカップのすみずみまでまんまとオイルがいきわたり大成功!
c0084837_107297.jpg


中にはくるみとアーモンドがたっぷり♪
Chiblitsさんのブルーベリーマフィンのレシピに、「焼きたてにバターをはさんで食べるとおいしい」と書いてあったので、私もあつあつにバターをつけながらいただきました。おいしい!ケーキというより、パンのような、クッキーのような・・・。やっぱりスコーンみたいなおいしさ。(何度も書きますが、それは私の使った粉のせいです・・・。)
c0084837_1092369.jpg


最初の6個
一応上手く焼けたので残りの6個をオーブンに入れて、さっそくSさんへ電話。「いただいたオレンジでマフィンを焼いてみましたよ~。一緒に食べませんか~?」
c0084837_1072581.jpg


 私はあまり甘いものが得意ではないので(でもときどき食べたくなる。)、”朝食にマフィンを食べる”というのが今までどうもピンと来なかったのですが、今日焼いたくらいの甘さなら朝食に食べるのもいいかも♪と思いました。新しい世界が広がった感じ?!(笑)

 Chiblitsさん、今回もありがとうございました(^^)


PS : イトコのつーつー、とうとう私もマフィンを焼いたよ。



人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2007-01-11 10:45 | 料理・お菓子作り

おまけ:フロリダオレンジ

c0084837_851486.jpg ←Sさんにフロリダ土産のオレンジをいただきました♪

 わたし達のほかにも、冬休みテネシーからフロリダを目指したファミリーはたくさん。もーりーの運転許可証取得
時に、とってもお世話になったSさん夫妻も、年末から年始にかけてフロリダへ。わたし達とは別のコース(マイアミ、オーランドなど)で楽しい旅をしてきた様子(^^)

 そんなSさんから、とってもうれしいお土産が!わたし達が買いそこなったフロリダのオレンジをいただきました♪いやはや、本当に、お土産どころではなかったです。。。オレンジいただくまで、すっかり忘れていました…。ウェルカムセンターでジュースを飲んだときには、帰りにいくつか買って帰りたいねと言っていたのに(^^; とってもうれしいです!Sさん、いつもどうもありがとうございます!!

甘くてジューシー♪
切るとき要注意なくらい(?)ジューシーなオレンジでした。とってもおいしかったです。しばらく楽しめそうでうれしいです☆
c0084837_8145112.jpg


 買い物をサボって・・・と先日書いたばかりですが、オレンジを届けてくださったSさんに、お買い物にも連れて行っていただきました。やった~!おかげで冷蔵庫も潤ったし・・・。さて、何を作ろうかな~。もーりーに「何が食べたい?」と聞くと、「うーん?カレー・・・。」との返事。え~、カレーかぁ・・・。カレーじゃなくてさぁ・・・、どう?

ハヤシライス♪
ハヤシライスってあまり作ったことがありませんでしたが、見直しました。おいしい!買い物行かなかったらお肉と玉ねぎとにんじんだけだったのが、買い物に行ったので、おほほほほ~、マッシュルームとインゲンも入れちゃうわ!(ハヤシライスのルーの箱に、マッシュルームの写真が出ていたので・・・。)
c0084837_8205521.jpg


ごぼうサラダ
ささがきにして湯がいたごぼうを、すりごま入りのマヨネーズで和えます。簡単!あれば練りごまでも。よりコクがでます。ゆで鶏やツナを混ぜてもおいしいです。
c0084837_8252488.jpg


 今は夕方の5時半。これを書きながらも、今夜のご飯は何にしようかな~と考え中。いくら食べるの好きでも、”毎日”のご飯作りはなかなか手ごわいものですね・・・。献立に悩む~と昨日Sさんと話していたので、ちょっと去年の記録を見てみました。

 去年の前半3ヶ月(日本にて)に食べていたものの記録を見たら、なんと外食や買ってきたお惣菜の多いこと!(笑)家のまわりには安いファミリーレストランが和洋揃っていたし、スーパーのお惣菜売り場も充実していたものねぇ・・・。おいしい中華食堂も目の前だった・・・。その代わりというか、お弁当作りはそれなりに一所懸命やってたなぁ~。

 今は…買い物も平日は行かれないし、周りにあるレストランはステーキやメキシカンが多い。時々だったらうれしいけど、そんなにしょっちゅうは食べたくない。お弁当は作らなくてOKだけど、夜ご飯は、まぁ、ある程度、というかほぼ毎日作っているなぁ・・・。残念ながら記録は全然つけていません。またつけようかな~。

 ここでは暇つぶしの感もある私の料理。アメリカに来て、今までやりもしなかったことができるようになったり・・・というのは多いです。日本だったら買えば済んだ、とか、安くておいしいお店が近くにあるとか・・・。ぶっちゃけ、和食は日本にいるときはちょっと作るのが苦手だったです。でも、今は作らなきゃない。し、ないとなると食べたい(笑)うどん好きの私、出汁や手打ちうどんは、渡米すると分かってから何度も練習したくらいです。ははは~。食べ物の執念はすごいね!

 足りないものがある状況、不便で仕方がないこと、欲しいものが簡単には手に入らない状態って、実はすごいチャンスかも。なんだかんだいって、人は必要なら知恵をしぼる。便利にならないものかと考える。欲しいものは作れるもんなら作る。そして、その状況に慣れて、それはそれで快適になったりするから不思議です。

 ついでに言うと、実家にいるときは料理は全くしませんでした(笑)。気が向いたときにたま~にするくらい。20代で家を出て、「わ、自分でしないと飢え死にするんだな」と分かってからし始めました。だいたいそのころは食べることにほとんど興味がなかったです(^^; お料理に興味を持ったのは居酒屋でいろいろ食べ始めてから?!嫌いな食べ物はどんどん好きな食べ物に代わっていきました。我ながら不思議なくらい。

 働いて、「外でおいしいものを食べるのは楽しい!」と思うようになった頃から、お料理がぐーんと楽になりました。味の想像がつくようになってきたから。辻静雄さんの本にもありました。料理教室に通うより、胃が丈夫な若いうちは食べ歩き。(これはまぁ、料理人の世界の話でしょうが…。)

 食べるのが好きな人は、料理を始める年齢がいくつでも、少しやればある程度、おいしいものが作れるようになるって気がします。そして、おいしいものが食べたいと思いながら作れば、いつかちゃんと、思ったとおりのおいしいものが作れるようになるもんです。私がうどん打ちを練習したように(^^)。そして、さんざんお世話になった栗原はるみさんのお料理本のタイトル通りにもあるとおり、ごちそうさまが聞きたくて♪ おいしかったと言ってもらえると、料理の大変さや面倒くささも吹き飛びます。

 今はブログもいい刺激!おいしそう!が聞きたくて、というところでしょうか?!(笑)

 食いしん坊でよかった♪


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2007-01-10 09:20 |  * フロリダ旅行

もーりー亭 マグロの漬け握り

 1月は雨降りが多いらしい、ここテネシー。週末の天気はイマイチ・・・。また冷蔵庫の中も空っぽにはなっていないし・・・ということで、珍しく買い物にも行かなかった日曜日です。代わりに夕方も早めの時間からいそいそと夕飯の準備。

 先日アンさんのブログでカツオのてこね寿司の予告を読んでから、お寿司が食べたくて食べたくて・・・(笑)。でもそんなにしょっちゅう食べに連れて行ってとも言えないし・・・。そうだ!冷凍のマグロがあったんだ!これを漬けにしてはどうかしら~?ついでに暇だから、握りにもチャレンジしちゃおう!←こういう発想の時点で、すでに夕飯作りはお遊びに変貌をとげます・・・。

(さっきアンさんのてこね寿司を見てきたら、とってもおいしそーう!やっぱりカツオいいなぁ!!)

マグロの漬け握り
冷凍マグロの切り身を解凍し、5秒間さっと熱湯にくぐらしてから水気をふき、刺身に引いて漬けダレにつけておきます。(漬ける間は冷蔵庫へ。)タレは醤油とみりんを1:1で・・・。もーりーはわさびをタレに入れるといいと言っていたけど、今回はすぐに食べるので省略しました。マグロはクローガーのツナ・ステーキ用の分厚い切り身を利用しました。解凍は真空パックのまま流水で・・・。
c0084837_444358.jpg


↓漬けタレ(参考)↓
醤油 100cc、みりん 100cc、好みでわさび少々


1人前8貫?!
16個握りました。半分はわさび入り、半分はなし。ちょっとネタに対してご飯が多すぎたかな?寿司飯には白胡麻を少し混ぜてから握りました。ぶかっこうなお寿司ですが、とってもおいしかったです(^^)そして、楽しかった♪日本に戻ったら、もっといろいろなお寿司に挑戦したいな。
c0084837_4452038.jpg


↓寿司酢(参考)↓
米酢(大1)、砂糖(大1)、蜂蜜(大1)、みりん(小1)、塩(小1)
*蜂蜜はなくてもOKですが、酢っぱさが気になる時は入れるとマイルドになるようです♪これもネットで覚えた方法です。最初はギョッとしましたが・・・(笑)。

もーりーの揚げてくれたにんじんのかき揚げとごぼう天
にんじんの葉っぱが手に入るとかき揚げが食べたくなります。苦味がおいしい。
c0084837_8533719.jpg


手打ちうどんと白ワインも♪
欲張って手打ちうどんも。そしてたまには・・・ビールじゃなくて和食でワイン!
c0084837_8542684.jpg


とてもおいしい白ワインでした♪
Sさんご夫妻にもーりーの誕生日プレゼントと言っていただいたワインです。1回目はお好み焼きで、2回目はお寿司でいただきました♪フレッシュなさわやかワインで、とってもおいしかったです。お正月が華やかになりました♪どうもありがとう!
c0084837_857365.jpg


 たまの休日、こんな風に遊びながらのお料理も楽しくていいものですね(^^)もーりー、手伝ってくれてありがとう!


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2007-01-09 09:06 |  * もーりー亭(和)

ビビンバ!

 年末に旅行を切り上げたわたし達、冷蔵庫の中は空っぽ・・・。もーりーが運転許可証をめでたく取得できたので、年内最後の買出しへと繰り出しました。目指すはナッシュビルの日本食材屋さんジャパニーズ・フーズ

 ついついいろいろ買い込んでしまいました(笑)ドカンと大量に袋詰めされた、新鮮なもやしや春菊も発見♪わーお!その他も、ごぼうやレンコン、大根、お豆腐、納豆、おでん種、イカ、などなどなど・・・。いつもよりお会計は大幅アップ!ま、お正月前だし、良しとしましょう!(笑)

 いつもは休日の昼間に行くことが多いけれど、この日は夕方に駆け込み。お店のおじさんに「おや、今日はゆっくりだね。」と言われてしまいました。ひょっとして覚えてもらえているのかな?!(何度も「どこから来たね?」と聞くことで有名な?おじさんです。)

 年末年始のお休みを尋ねると、いつもの週休火曜日と、1月1日だけとのこと。 「遠くからお買い物に来るお客さんがたくさんいるので、閉めてしまったら気の毒でしょう?」とおっしゃっていました。そういうわたし達も21~2マイル(40キロ弱)の道のりを買出しに行っています。日本だったら考えにくい距離ですよね(笑)。それでも近くにあると感じるのだから、この日本食材屋さんはとってもありがたい存在です。

 で、買ってきた大量のもやしで作ったものは・・・。

ビビンバ♪
韓国料理が大好きです♪中でも好きなのが石焼ビビンバ!石焼はムリなので、ビビンバ丼にしてみました。もやし、ほうれん草、だいこん&にんじんのナムルを作って、コチュジャンの代わりに豆板醤を使って辛味を出しました。
c0084837_711392.jpg


半熟の目玉焼きを真ん中に・・・
c0084837_7523.jpg


 食べる時は上の具とご飯、卵を混ぜながら食べます。石焼と違っておこげは楽しめませんが、それでもアツアツのご飯で作れば味はなかなか♪すっかり満足いたしました(^^)とってもおいしかったです。初めて作るお料理でも、ネット検索するといろいろなアイデアが出てきてとても参考になりますね!レシピを載せてくださっている皆さんに感謝します♪

↓*ビビンバのタレの材料(参考)*↓
おろしにんにく(1片)、すりごま(大1)、醤油(大1)、砂糖(大1)、ごま油(小1)、豆板醤(小1)
(本当はタレの参考にしたレシピにリンクを貼りたかったのですが、なくなってしまっていたので、私が作った時の分量で上に書きました。二人分です。量は人数に合わせて加減してください。)

↓*ナムルの作り方*↓
ゆでで水気を切った野菜に、熱いうちにごま油と塩、白胡麻をまぶして和えるだけ♪量は野菜の量で加減してください。ごま油は多すぎるとくどくなるのでご用心。


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2007-01-08 07:22 | 料理・お菓子作り

ドライバーズ・ライセンス・オフィスにて

1月4日にやっとお雑煮を食べました♪
鶏肉、ごぼう、にんじん、しいたけ、春菊、長ネギのお雑煮。出汁は昆布と鰹節。味付けは醤油を少々。これはどこ風かは分かりません(^^; テネシーで手に入った材料で。私は焼いたお餅。もーりーは煮たお餅。
c0084837_17211523.jpg


 日にちをさかのぼって更新しています。昨年の12月28日、もーりーはテネシー州の運転許可証を取りに行ってきました。

 12月27日、旅先で国際運転免許証をなくしてしまったもーりー。同じアパートメントのSさん夫妻にお願いをし、翌日28日にドライバーズ・ライセンス・オフィスへ連れて行っていただきました。前日にSさんのだんなさんがライセンス・オフィスに電話をして、許可証取得のためのテストを受けられるか聞いてくださったところ、冬休みでかなり予約が入り混んでいるとのこと。早めに行かないと筆記試験の後の実技が受けられないかも・・・と言うことで朝の9時にライセンス・オフィスに。

 以前はテネシー州でも外国人の運転免許証の取得が可能だったようですが、近年は市民権・永住権を持たない人は「許可証 Certification」というものの取得と言うことになっているようです。これは運転を許可するけれどもID(身分証明書)としては使えないというもの。本来は3ヶ月以上テネシー州にいる人は6ヶ月以内に取得しなければなりません。(ハイ、もっと早く行くべきでしたね・・・)

 許可証の取得に必要なのはパスポート(ビザ)と、ソーシャル・セキュリティーナンバー(SSN)、在住を証明できるもの2通(アパートメントの契約書や銀行からの郵便など)とのこと。(詳しくはこちらをご覧ください。)

 受付前の列に並び、やっともーりーの番がやってきました。もーりーが用意したのはSSNとそれが届いた時の封書一式、アパートメントの契約書コピー(会社から渡されたもの)、パスポートの3つ。・・・ところが、今まで契約書のコピーをよく見ていなかったのがいけないのだけれど、どこを探しても貸主のサインがない・・・(><)あちゃ~。なんでサインが入ってないののコピーなんか・・・!!持ってても意味ないじゃないのっ!日本流の、管理人さんや大家さんに電話してOKっていう技(?)は全然通用するはずもなく・・・受付の女性に「サインがなきゃ認められない」とあえなく一掃されてしまいました・・・。(あたりまえか~^^;)ん、もう!ドジっ!で、仕方なく出直し・・・。部屋まで戻るのももどかしく外にあるポストを開けると、ちょうど銀行からの封書が届いていました♪それを持って再びライセンス・オフィスへ・・・。今度はすんなりOK。書類に記入し、番号札を持って筆記試験の順番を待ちます。手続きの間は、すでに許可証を取得しているSさんのだんなさんが通訳をしてくださいました。(本当にありがとうございます!)

 待ち合い席はたくさんの人人人。隣に座ってる黒人のおじさんが「こんなに待っている人がいるのに、町にオフィスが少なすぎるんだよ!」とぶつぶつ言っています。すでに30分も待っているとのこと。どうやら免許の更新のようです。仕事の合い間に来ているのか、2時間しか待つ時間がないと嘆いています。おじさんの持っている番号札はB-31。もーりーのはF-428。Bが更新、Fが新規、なのかな???電光掲示板に出ている番号はB-27。おじさんの番まであと5人。「ここの事務員は全員、元警察官だよ。」と教えてくれました。本当かな?!(他の人にも同じ話をしてました。)長く待たされるのが嫌で途中で帰ってしまう人も多そうです。突然掲示板にB-28、B-29、B-30と立て続けに表示が!それを見た黒人のおじさんは立ち上がって大喜び(笑)。

Hey, my god is coming! (運が向いてきたぜ!)


 「次はあなたの番ね!」と言ってなぜか私たちまで喜んだりして。なのに、今度は掲示板がなぜか古い番号をシャッフルし始めました。B-23、24、25、26・・・ダーン!と言って、まるでこの世の終わりのようなガッカリ度のおじさん・・・(^^;。そのままカウンターへ駆け寄り、なにやら直談判。それを見たもーりーは「僕の方が先に呼ばれたら気まずいなぁ・・・」とつぶやいています(^^;。おじさんの必死の抗議(?)が通じたのか、しばらくして、B-31の数字が表示されました。そのすぐ後にもーりーのF-428も。よかった、よかった♪

 手続きのすんだおじさん、後は新しい写真を撮るばかり。席に戻ってくるとうきうき顔でポケットから棒つきキャンディーを取り出しました。食べようとしてハッ!「キャンディー食べるかい?」1個しかないのに私とSさんに欲しいかと聞いてきます(笑)。食べている途中で名前を呼ばれ写真撮影。キャンディを食べるなとか、帽子を取れとか言われながらの撮影。「あのおじさん、反り返りすぎて頭までぶつけていたよ。」と後でSさんのだんなさんともーりーが教えてくれました(笑)。無事免許の更新の終わったおじさんは、こんなにハッピーなことはないといった様子で、みんな(他人です)の肩をたたきつつ、わたし達に大きく手をふりつつ、満面の笑顔で帰っていきました。喜びも悲しみもとってもとってもエモーショナル☆彡(笑)

 さて、もーりーも無事に筆記試験終了。Sさんのだんなさんが日本語で受けたいと言ってくださったおかげで、筆記試験は日本語で受けることができました。そしてラッキーなことに実技試験もそのまますんなり受けられそうな気配・・・。でもちょっと厳しい女性試験官に、「あなたは英語が理解できるのか?少ししか理解できないのに、本当に許可証を取得する気なのか?」とちょっと意地悪なことを言われはしたみたいなのですが・・・。その後もその女性試験官、もーりーが英語を理解できているのかちょっとした問答。私もSさん夫妻も口出しはできず、ハラハラしながらその様子を見守るしかありません・・・。

 幸い、実際の実技試験は別の女性試験官でした。

 アメリカの運転免許の実技試験は自分で乗ってきた車を使ってテストをします。まずはライトや方向指示器が機能するかのチェック。そこへ・・・

Hey! Happy New Year! Good luck!!
(おー、元気か?!がんばれよ~!)


 なぜかもーりーの会社の上司(正確にはもーりーの上司ではないのですが・・・)が奥さんと息子さんと登場!車に乗ろうとしているもーりーと握手握手。年末にクリスマスパーティを主催したTさんです。一同びっくり!Tさんも毎日車に乗って出勤してきていたもーりーが目の前で免許のテストを受けようとしているのをちょっと不思議そうな顔で見ています(笑)。

 Tさんファミリーと別れた後、試験官さんを乗せたもーりーの車が出発。10分ぐらいぐるっと車を走らせ、こっそりとピースサインをしながらもーりーが帰ってきました。良かった!めでたく合格!オフィスに戻り写真撮影。晴れて運転許可証を手にしたもーりーに、Tさんの奥さんが、またもちょっと不思議そうな顔で、

Congratulations!? (おめでとう!?)

と言ってくれました。思わずみんなでニヤニヤ(笑)。

 後でもーりーに「英語大丈夫だったの?」と質問。すると試験官さんとこんなやり取りがあったと言います。

 車に乗ってから、試験官さんにお願いしたんだよ。
I have a request. I am Japanese.
(お願いがひとつあります。僕は日本人です。)

って。そうしたら試験官さんが、
I know. Speak slowly? (わかってるわ、ゆっくり話せ、でしょ?)
って言ったんだ。だから、
Yes. And, please easy. (そうです。それから、簡単に。)
って。・・・で、結局、指示されたのは、
Right(右)、Left(左)、Straight(真っ直ぐ)
だけだったよ♪終わってからも、
OK?(合格?)
と聞いたら、
OK.(合格。)
って(^^)。


 ここでも、もーりー流英会話は健在?!12月28日、渡米後きっかり6ヶ月の出来事でした♪


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪

 
[PR]
by mori_y_sana | 2007-01-07 17:07 | 暮らし

Go to Florida? Back to Tennessee! 1日ががりでUターン


HAPPY BIRTHDAY もーりー!


 今日は1月5日、もーりーの33歳の誕生日です。日本にいるとまだ冬休み。でもアメリカでは1月3日から会社が始まっています。誕生日に仕事っていうのが初めてのもーりー。しっかり年休をいただき、金・土・日と3連休です♪


 で、誕生日にもーりーのしたいことは・・・?



朝10時まで眠ること!&のんびりすること!



だって・・・。OK!今、もーりーはTV(カー・チェイス)に夢中。休み中はブログの更新をしないつもりでしたが、「ブログしてていいよ~」とのことなので、旅行記を書き上げてしまうことにします。


***** ***** ***** *****


 眼鏡がない!


 フロリダ旅行2日目の夜の出来事。1日中コンタクトレンズをつけてサングラスをしていたもーりー。ホテルの部屋に帰ってきてからリラックスしたいと眼鏡(サングラス)ケースを探すも見当たらず・・・。

 もーりーはバッグ類を全然持ちません。仕事の時はときどき小さなバックパックを持っていく程度。お財布・携帯・鍵・・・その他いろいろ、必要なものはぜーんぶジーンズのポッケの中。家やホテルの部屋に帰ってくると、それらをテーブルの上に全部出しておしまい。(家には一応ベッドルームにもーりー用の小物入れがあるのですが・・・。あまり使われていません?!)

 さすがに眼鏡(サングラス)ケースはジーンズのポケットには入りません。だいたいいつも手で持って出て、車の中に積んでおきます。(出先で目が疲れたとき、日が沈んだ後や曇り空なら、眼鏡に換えることが時々あるため。)で、もう一度車に戻って、トランクやら座席の下やら、思いつく限りのところを探しましたが見当たりません。その間、私もボストンバッグの中や部屋の中を探します。この日は朝から晴れていたので、ケースを手に持って出かけた記憶もない・・・。

 幸いコンタクトレンズのケースは化粧ポーチに移しかえてありました。でも、外してしまうと何も見えない・・・。それに渡米時2個持ってきていた眼鏡はすでにひとつパーツが外れてしまっていて使えません。(その眼鏡はすでに3回も壊れています・・・。)今はスペアの眼鏡を使っていたところ・・・。そのスペアの眼鏡がなくなってしまった!!コンタクトは渡米直前にサングラス用に作った、いわば休日用。まだ目が慣れていないため、1日中つけていると少し目が赤くなってきてしまうのです・・・。心配。

 思い当たることと言えば、このホテルのチェックインの時、サインをしたので、そのカウンターに置き忘れてきたのかな?ちょっと聞きに言ってみよう。1階のチェックインカウンターでは、夕方と同じ人がカウンターにいました。眼鏡と眼鏡ケースの忘れ物はなかったかと尋ねると「なかったよ。」との返事。夜間鍵のかかったチェックイン・オフィスには、黄色いキジトラのかわいい猫ちゃんがいました。

 んー、ならやっぱり、前日のホテルに忘れてきた?!でも部屋を出る前に「忘れ物はありませんか~?」と陽気に言ってたのは本人なのに~???今度ばかりは、私ももーりーの持ち物のチャックをしてあげなかった・・・。なんとな~く、ソファーの前のコーヒーテーブルに眼鏡(サングラス)ケースが置いてあったような気もします。。。仕方がないので、今テーブルにぶちまけてある小物類を私のバッグのポケットにしっかりしまってもらって(これ以上何かなくならないように!)、昨夜泊まったヴァルドスタのクオリティ・インに電話しました。

 フロントの女性は昼と夜では別の人。夜の担当者は私たちのことは覚えていませんでしたが、用件を聞いてくれ、明日の朝ルーム・クリーニングの担当者が来たら調べてみるとのことでした。そして見つかったら電話をくれると・・・。ちょっと安心。どのみちフロリダを南下するにつれ陽射しも強くなります。サラソタ以降は毎日コンタクトレンズ&サングラスで運転するつもりだったから・・・と、ちょっとしょんぼりしながらもーりーがひと言。とりあえず電話をくれると言うし、もし見つかったら12月31日にテネシーへ戻る時、もう一度ヴァルドスタへ立ち寄ることにし、その日はそのまま眠りました。



 一難さってまた一難?!


 フロリダ旅行3日目。とってもいい天気♪8時の出発を目標に、1回のチェックインカウンターに朝食をとりに降りていきました。(もらった朝食はそれぞれ部屋でいただきます。)

もーりーはチョコレート・マフィン、私はベーグルを
ここでもフロリダのオレンジジュース♪ベーグルは軽くトーストして、クリームチーズとジャムをはさんで食べました♪おいしかったです!
c0084837_3485335.jpg


 さぁ、荷物を片付けて、チェックアウトしたら、いよいよキーウエスト目指して出発です!

 ところが・・・。

さなえさ~ん、僕、失くしちゃったの、眼鏡だけじゃないみたい・・・(T T)

は?

運転免許証がない・・・・。

は~?????


 な、な、なんと!今度は免許証がないと言うではありませんかーーー(><)そういえば、昨夜テーブルの上の荷物を私のバッグにしまった時も、免許証はなかったかも・・・。

 もーりーは日本で取得した国際免許証を使って車の運転をしていました。日本の国際免許証は灰色の厚紙でできていて、大きさははがき大の二つ折り。開くと中に写真が貼ってあるようなつくりです。とても財布に入る大きさではなく、でもこれでたいてい煙草を買ったり、お酒を買ったり、クレジットカードの利用時にも使えるので、パスポートを持ち歩くよりはと、これまたジーンズのポケットに毎日入れて持ち歩いていました。専用のクリアケースに入れたりしてなかったため、とっくの昔に二つ折りの折り目のところから破れて紙が2枚状態・・・。間にはご丁寧にパスポートのコピーもはさんでありました。(ちなみに、バルセロナではパスポートのコピーがいろいろに有効でしたが、テネシーではほとんど役に立った試しがありません。)

 これがないと車の運転ができません。そうなると旅行はともかくとして、年明けの仕事にも支障があります・・・。うーーーーん(ーー; 困った・・・・・。

 運転には自信がある、絶対に事故は起こさない、なんて言うけど、絶対にダメー!!仕事でアメリカに来ているんだし、ホリディ中のキー・ウエストは大渋滞で車を止めるのも一苦労とのこと。ちょっとした路駐ですぐに呼び止められると聞きます。それにここではわたし達は外国人。いつどんな理由でおまわりさんに呼び止められるかわかりません。その時になにも言い訳はできません・・・。あ~、せめて私も免許を持っていればなぁ!でも、二つもモノがなくなると言うことは、これはこれ以上ムリして前に進んではいけないということ・・・?!やっぱり戻るべき?!

 今回もありとあらゆる、思いつく限りのところを探しましたが見当たりません。はて、どこで落としたんだろう・・・。考えられるのは・・・ダリ美術館?!チケットカウンターでもらった小さいパンフレットを、邪魔だから持ってってともーりーに手渡したのが思い出されました。そしてそれをジーンズのポケットにしまったもーりー。そのとき免許証はあったと言います。

 さて、こうなったら、ダリ美術館まで戻ってみよう!9時半には開館します。望みをかけてエコノ・ロッジのチェックアウトを・・・。

昨夜の猫ちゃんにさよならを・・・
c0084837_4292050.jpg


昨日の有料道路をもう一度
c0084837_4393264.jpg


 皮肉なもので、戻るとなったら見事な青空!野生のペリカンやフラミンゴが空高く飛び立つ姿まで見られるほど!!フラミンゴってそんなに高く飛べるんだ~。知らなかった!ピンク色がとっても綺麗です。

ハイ、シャッターチャンス逃しました(笑)
フラミンゴが2羽飛び立った後の青空・・・
c0084837_442296.jpg


セント・ピーターズバーグへ戻る橋はこんな形をしています
c0084837_4445987.jpg


ひたすらもと来た道を戻ります
c0084837_447862.jpg


時々こんなにたくさんの干草を積んだ大型トラックとすれちがいます
c0084837_4374395.jpg


ダリ美術館の近くにも教会が・・・
c0084837_449955.jpg


 昨日は近く感じたサラソタとセント・ピーターズバーグ、戻る時には意外なほど遠く感じるもの。ダリ美術館に到着。ギャラリー入り口の警備員の方に落し物の件を話すと、オフィスに案内してくれました。ノックノック。出てきたのは優しいそうな女性。昨日ここを訪れたことを伝え、免許証の落し物がなかったかどうかと尋ねると、残念ながら今は届いていないとのこと。二人ともがっかり。トイレも確認したけれど、とてもきれいに掃除されており、落し物の気配はありませんでした。もしここで落としていたら、破れた国際免許証なんて、きっとゴミと間違えられて捨てられてしまったことでしょう・・・。一応、係りの女性が手渡してくれた紛失物カードに記入をし、見つかったら電話をもらうことにして、お礼を言って外に出ました。




 Go back to Tennessee!


 さて、こんな経緯で今回のフロリダ・キーウエストを目指したドライブ旅行は終了。ここからが問題。超安全運転で、1日がかりでテネシーまで戻らなくてはなりません。セント・ピーターズバーグからテネシー、約720マイルの長旅の始まりです。。。

フロリダの海よ、さようなら~!楽しかったよ、ありがとう!!
c0084837_524046.jpg


 車の中から、この日泊まる予定のハムステッドのコンフォート・インにキャンセルの電話。インド人と思しき電話の声が、当日ではキャンセル料が発生するから泊まった方が得だと言いいます・・・(^^; うーん、そうじゃなくて!損だと言われても、事情があってテネシーに戻らなければならないし、ハムステッドまで行かれないから、キャンセル料は払うけど、とにかく泊まれないから2日分キャンセルして!とお願いを・・・。(苦笑)そして、まだ旅行に出発していない同じアパートメントのSさん夫妻に電話をし、事情を説明。次の日にテネシー州の運転許可証を取りに連れて行っていただくお願いをしました。(Sさん夫妻、ありがとうございます!)さらに、途中のジョージア州ヴァルドスタのクオリティ・インで、忘れ物の眼鏡をピックアップして・・・と・・・。

 ここまではそれ程遠くない。お昼前にジョージア州ヴァルドスタへリターン。ホテルの人、電話はくれなかったけど、忘れ物の眼鏡とサングラスケースはしっかりカウンターにとっておいてくれました。この日のカウンターは宿泊時と同じ女性。この人はわたし達のことを覚えていてくれた様子。(クリスマスには宿泊客も少ないので・・・。)そして最後に笑顔でひとこと、

Don't forget ! (忘れ物をしないでね!)


ともかく眼鏡だけでも戻ってきてよかった!!ようやくホッとひと安心。

ジョージア州アトランタを過ぎたのは夜の7時過ぎ
c0084837_592877.jpg


途中のガソリンスタンドで休憩
ガソリン補給&トイレ休憩。小さなカップで無料のコーヒーをいただきました♪うれしい♪
c0084837_5105190.jpg


夜10時過ぎ、ようやくテネシー州チャタヌーガに!
c0084837_5122164.jpg


自宅まであと1時間半の道のり。。。
c0084837_5133772.jpg


 時計をテネシー時間に戻して、12月27日の夜23時30分。なんとか無事、自宅に帰り着きました!うれしかった~!!もーりー、長距離ドライブお疲れ様!シャワーを浴びて、真っ白なシーツにくるまったのは日付の変わった28日。旅行前に部屋をきれいに掃除をして出かけ、ベッドのシーツも取り替えておいてよかった!今まで気がつかなかったわが家の居心地の良さ、長距離ドライブの後、実感した私たちでありました。

 予定より短くなってしまったフロリダ旅行、でも行きたかったウエストコーストは充分堪能したので満足!キーウエストはまた今度の楽しみということで、無事帰って来られて良かったです。旅行記をお読みいただきありがとうございました(^0^)


 免許の話はまた次回♪See you!


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2007-01-06 05:26 |  * フロリダ旅行

Go to Florida! (2-2) ブラデントンとサラソタ

 2日目のホテルは、セント・ピーターズバーグから1時間ほど南下した、ブラデントンという地域にあるエコノ・ロッジを予約。夜はここからサラソタ方面へドライブがてら食事に出かける予定。サラソタ・ビーチは海岸沿いに別荘やホテルなどが並ぶリゾート地です。どんなところか楽しみ♪

海を突っ切る有料道路を走ります
セント・ピーターズバーグからサラソタ方面へ。有料と言ってもたったの1ドル!(ぐるっと廻れば、有料道路を通らずに行くこともできます。)
c0084837_9272078.jpg


山形になった橋をぐんぐん上って行きます
c0084837_928369.jpg


てっぺんが近づいてきたよ~
c0084837_9294312.jpg


橋を降りると・・・海の中を走る道?!(みたいに見える!)
c0084837_9305961.jpg


右も左も見えるのは海だけ!気持ちいい!!
c0084837_9312572.jpg


はるか向こうにも、同じような橋(道)が見えます
c0084837_9324542.jpg


陸地に上がると、ブラデントンはもうすぐそこ
c0084837_9333562.jpg


今日のホテルはエコノ・ロッジ
赤いテントがかわいいチェックインオフィス。朝食はこのチェックインオフィスに用意されるので、好きなものをとって各自の部屋で食べるスタイルです。どんなものが食べられるのかは、翌朝のお楽しみ♪(ホテルの周りにはマクドナルドなど、ちょっとしたものを食べられるお店はたくさんあります。)
c0084837_9373252.jpg

Econo Lodge East
607 67th Street Circle East
Bradenton, FL34208

今回の部屋は2階(ホテルは2階建て)
禁煙ルームなので、タバコはドアの外でお願いしまーす!(オフィス前に灰皿あり!)
c0084837_9421662.jpg


駐車場にはプールも♪
夏だったら気持ちがいいだろうな~。外にはほんのり潮の香りが漂っています。
c0084837_9434318.jpg


ノンスモーキング・2ダブルベッド・ルーム
前日のクオリティ・インよりグレードは落ちるけど部屋代はアップ!フロリダ州を南下するにつれて、ホテル代は高くなるような感じ?!(このホテルはペット同伴は不可。)
c0084837_9461081.jpg


地図を広げて、サラソタのダウンタウンへの道を確認
ソファやコーヒーテーブル、電子レンジはないけれど、小さなダイニングテーブルとイス2脚、そしてこれまた小さな冷蔵庫が1個。二人で1泊60.11ドル(朝食付き)。ちなみにジョージアのクオリティ・インあったシャンプーやドライヤーも、エコノ・ロッジにはありません。石鹸のみ。(良かった!持ってきておいて!)目覚まし時計もモーニングコールサービスもないので、携帯電話のアラームをセットして使います。
c0084837_947678.jpg


 さて、一息ついたので、夕暮れのサラソタ・ビーチを目指し再びドライブです。ブラデントンからサラソタのダウンタウンへは高速を使えばすぐ。でもここはあえて別の道。Gulf DR. という湾岸道路沿いを走りましょう!Let's go!

ヨーロッパ調のこんな教会もちらほら・・・
ゆっくり見たいなぁと思いつつ・・・車の中からの撮影、失礼しまーす!パシャ!
c0084837_1012869.jpg


フロリダにはセブンイレブンが多い?!
おー!なつかしのセブンイレブン!テネシーでは見かけないみたい。以前行ったボストンにはあったような・・・。中に入りたいけど・・・また今度。
c0084837_1024522.jpg


再び両脇が海!
c0084837_1044918.jpg


大雨や台風の時は通れないんだろうね~・・・などど話しつつ・・・
c0084837_1055140.jpg


こんな写真でごめんなさい(^^;
ヒルトンクラスの高級リゾートホテルから、トレーラーハウス仕様の民宿スタイルまで・・・。様々なホテルや別荘が立ち並ぶサラソタ・ビーチ。・・・って、これじゃわかんないよねー。トホホ。写真撮りそこなって後悔・・・。ボケーッと見とれてしまいました。パームツリーの電飾も凄かったです!
c0084837_1074960.jpg


砂浜におりてみました
曇り空に小雨もちらついて、残念ながら夕日は拝めませんでした(T T)
c0084837_1012258.jpg


広いところに出るとイヌのように走るひと
手足バタバタ、わんわんわんわんわん!
c0084837_10133146.jpg


メキシコ湾だー♪
きーもち、い~い!
c0084837_1014493.jpg


走った後の一服?!
c0084837_10151747.jpg


す・な・は・ま!
c0084837_10161281.jpg


 左に曲がるとサラソタのダウンタウン、という一歩手前に、ヨーロッパでよく見られる交差点スタイル、ランナバートがありました。道路を十字に交差する代わりに、ぐるっとサークル状にしたスタイル。ちょうどこの円を中心に St. Armands Circle セント・アルマンズ・サークルというショッピング街(?)になっていたので、車を駐車スペースに停めてしばし散策。もうあたりはすっかり真っ暗です。

St. Armands Circle
このイルミネーションがランナバート(円)の中心です。この周りに十字に道が分かれ、それぞれレストランやカフェ、ブティックなどが並んでいます。地図を見ると、この先にVenice という名の町があるようですが、セント・アルマンズ・サークルもまるでベネツィアの商店街のような雰囲気。華やかさと田舎臭さが混ざった独特の感じ♪観光客で賑やかな通りです。看板にもスペイン語やイタリア語がちらほら。
c0084837_10242881.jpg


雰囲気のいいイタリアン・レストランを発見♪
この小さな一画に、他にもたくさんおいしそうな素敵なレストランがありました。例のスパニッシュレストラン、コロンビアもここにもありました。(とても賑わっていました。)でも、お昼にスパニッシュは食べちゃったし・・・。昼夜と贅沢するのは~・・・なんて思っていたけど・・・。このあとサラソタのダウンタウンに行ってみたけど、やっぱりセント・アルマンズ・サークルでご飯が食べたい!結局戻ってきて、このイタリアンレストランに入りました♪(この写真じゃ、いまいち雰囲気が伝わりませんね~^^;;)
c0084837_10281613.jpg

Le Colonne
22 S Boulevard Of Presidents
Sarasota, FL 34236

 お店に入るとBuonasera! Signori! ボナセーラ、シニョーリ!とイタリア語が。メニューを手渡してくれる時もPrego! プレーゴ!となつかしの台詞。でも案内してくれた人、私にはなんだかどうしてもイギリス人に見えてしまう・・・。(ほかにいかにもイタリア人!という人もいたけど。)アメリカでは珍しく、というのか、イタリア料理屋らしく、というべきか、水はガス入りかガスなしか?と聞かれました。(ガスなしのことはレギュラーと言っていましたが・・・。)反射的にガス入り好きの私はSparkring water please! (ガス入りのお水、頂戴!)と返答。ドデン!と、1 リットルくらいのボトル入りサン・ペレグリーノが出てきてしまいました・・・。し・・・しまった・・・!ハイ、これだけで7ドルです(笑)。昼間のワインより高いやん!やってもうたわい。

パンもちょっと固めのイタリアン
パーネというべきか?おいしい♡
c0084837_10423126.jpg


 この店も非常に暗いんです・・・。写真撮影、私のカメラではこれが精一杯でした(^^;

こうなりゃビールもイタリアン
ワインは昼に飲んだのでおあずけ。だってこのお店、1本90ドルなんてワインばかりなんだもの~。ま、きっと聞けばグラスのリーズナブルなワインもあったのでしょうけれど・・・。ちなみに昼間のぺピンのグラスワインは1杯6ドルってところです。(ちなみにこのLe Colonne、バーも併設されているのでカクテルメニューも豊富でした。近くに泊まっていたら歩いて飲みに来たりもできたかも♪)
c0084837_1044075.jpg


サラダのオーダー、ドレシングは何にするかと聞かれなかったのは久しぶりです
あ、ぺピンでも聞かれなかったな。久しぶりに本当においしいサラダをいただきました。オリーブオイルベースのシンプルなドレシング。あー・・・サラダってこんなにおいしかったんだっけ。(近頃アメリカンスタイルのサラダに食傷気味の私です。)
c0084837_10504922.jpg


もーりーは魚介のパスタを白(オリーブオイル&塩)で
海老、いか、ムール貝、アサリなどなど。メニューにスカンピと書いてあったのに、海老がぜんぜんスカンピと違ったのにはがっかりでしたけど(笑)、お皿が届いた瞬間のい~い香りは忘れられません♡
c0084837_10513355.jpg


私はボンゴレ・ロッソ(アサリのトマトソース)
これまたい~い香り♡それにアサリも大きいこと!(見えませんね・・・)
c0084837_10544636.jpg


 結局二人とも、やっぱりフロリダに来たらね~と、同じような魚介のパスタを注文。ソースを別々にしたので、少しずつ交換こ。両方ともとってもおいしかったです。でも、パスタの量はちょっと少なめなんじゃな~い?というお上品盛り。おいしいお店で量が少なく、いまいちのところはドカンと出てくるのってどうなのよ?!と思わずぶつぶつ言ってしまいたくもなる食いしん坊の私(笑)とは言いつつも、昼間からの食べっぷりと懐具合を考慮して、セコンドもデザートも今夜はパス。本当はすごーく興味あったんだけど。ちょっとティラミス食べたいな~という思いもあったんだけど。(と、あとでお会計を見て、おー、危ない、一皿でやめておいてよかった~と胸をなでおろしたのでありますが。)
もーりー、おいしいお店に連れてきてくれてありがとう(^0^)

〆はやっぱりエスプレッソ♪
ここでもちゃんとおいしいエスプレッソが出てきましたよ(^^)
c0084837_110459.jpg


帰り道も安全運転で
夜の湾岸道路、ものすごーく真っ暗です。おいしいもの食べて幸せ気分で、ブラデントンまでUターン。途中おトイレ行きたくなって、慌ててサークルKに飛び込みました(笑)。(そしてもーりーに怒られた・・・^^;)サークルKも日本のコンビニだと思ってました。
c0084837_1151066.jpg


 フロリダ旅行2日目。なんだかとっても盛りだくさん、とっても有意義、贅沢三昧の一日でした☆彡セント・ピーターズバーグとサラソタ、1日ではとても足りないくらい魅力的なところです。またいつかゆっくり来てみたいなぁ。キーウエストまで3時間半の船の旅、というプランもあるみたいだし。夏に、ここを拠点にフロリダ観光というのも良さそうです。(オーランドにもそれ程遠くはないし・・・。)いいところに立ち寄ってよかったなと思います(^^)


 さて、次は質素に・・・。インディアンの居住区を横切りマイアミの近く、Homestead ハムステッドに向かいま~す!


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2007-01-05 11:30 |  * フロリダ旅行

Go to Florida! (2) セント・ピーターズバーグ

 フロリダ旅行2日目。いよいよジョージア州を抜け、フロリダ州へ。まずはI-75の州境を少しいったところにあるウェルカム・センターで現地の情報を仕入れます。

Welcome to Florida!
サンシャイン・ステイト!太陽の州、フロリダに到着~!とはいえ、天気はいいけど朝はまだ寒~い。こんな日陰では、思わずちじこまってしまいます・・・。(ちなみにわがテネシーはボランティア・ステイトというニックネームです。)
c0084837_040792.jpg


とっても立派なつくりのフロリダ・ウェルカム・センター
中はとっても暖かい♪朝早い時間でも、観光客がたくさん!みんなここで情報を仕入れます。
c0084837_0421734.jpg


カウンターの前を通ると、「ジュースはいかが?」と声がかかります
フロリダ産のオレンジジュースとグレープフルーツジュースが無料で!
c0084837_043417.jpg


こんなかわいい紙コップ♪
わたし達はグレープフルーツジュースをいただきました。とってもおいしかったです(^0^)
c0084837_044552.jpg


まるで図書館のよう!
今日の目的地はウエストコースト。ガイドブックにはあまり詳しく載っていない、タンパ、セント・ピーターズバーグ、サラソタの現地情報をたくさんゲット!わくわくしてきたぞ~♪
c0084837_0463073.jpg


ま、眩しい~。。。
ので、車内ではひたすら入手したガイドブックやチラシの数々をながめます。最初の目的地はセント・ピーターズバーグにあるダリ美術館。見るのに時間がかかりそうだからお昼ご飯はその前に。ならばまずは、お昼ごはんスポットを探そう!
c0084837_0495283.jpg


タンパの街が見えてきた!
再び曇り空。小雨もパラパラ・・・。Tampa タンパの街は旅の後半(12月29日)に寄る予定。高層ビル群を横目に、少し先のSt. Petersburg セント・ピーターズバーグを目指します。
c0084837_0592576.jpg


両サイドはもう海!!
アメリカで海を初めて見ました~(^0^)曇っているけど、うれしいっ!これはタンパ・ベイのGulf 「湾」です。波は静か。
c0084837_133964.jpg


 タンパやセント・ピーターズバーグなどのフロリダ・ウエストコーストは、スペインやイタリア系の移民が古くから生活している地域だそうで、地名やレストランにその影響が見られます。少し先に進むと、地名にVenice(イタリアのヴェネツィアの英語名)だとかNaple(イタリアのナポリの英語名)という町が出てきます。特にタンパはタバコの生産が盛んだったり、Ybor City(イボー・シティ)というキューバ色の強い地域もあるらしく、それが私の今回の旅の楽しみの一つ。まぁ、それは後半のお楽しみです。

セント・ピーターズバーグの街に到着
パームツリーにパステルカラーのカラフルな建物。テネシーと全然違~う!南国♪でも、ダウンタウンはまだまだこの先。
c0084837_120263.jpg


 レストランガイドをくまなく見た結果、セント・ピーターズバーグのダウンタウンにある、由緒正しきスパニッシュレストラン「コロンビア」に行くか、または地元ならではのスパニッシュ・バル・レストラン「ぺピン」に行くか・・・という2候補が挙がりました。さらによく読むと、コロンビアは他にも近くの町に支店がいくつかあります。ならばまた行くチャンスもあろうというもの。ここは地元ならではの「ぺピン」に決定!

 それにこの「Pepin ぺピン」という店名、ちょっと親しみがあるのです。ぺピンというのは概して「ホセ(Jose)」という名を持つ人の愛称。たくさんいるホセさんは、ぺピン、ぺピートなどとニックネームで呼ばれているそうなのです。そして、実はもーりー、スペインで「ぺピンさん」と呼ばれる人と一緒に働いていたのです♪だからこのぺピンというレストランに行くのも、なんだかとっても楽しみです(^0^)

スパニッシュ・レストラン ぺピン
どピンクの外観、窓なしの建物、BAR(と書いてあったが・・・)とは思えない大きさ・・・・・。に、入るのをためらわず、思い切って中に入ってみましょう!ランチもやっています。写真には1台も写っていませんが(^^;、広い駐車場、レストランの入り口(右手の奥)前には車がたくさん停まっていました。人気のお店なのかな?
c0084837_1253730.jpg

PEPIN
4125 4th St N
St Petersburg, FL 33703

ハウス・ワインの赤
目が慣れるまでちょっと時間がかかるほど店内はまっ暗です(^^; 何しろ窓がない!(その理由は後ほど・・・)さて、スパニッシュレストランに来て、ワインを飲まない手はありません!とかなんとか・・・ドライバーのもーりーはアン・スイーティー。
c0084837_133955.jpg


もーりーの言い分は・・・
「旅行前、『今回の旅はドライブ旅行だから、僕はお酒は飲まないね。』と言ったら、さなえさんだって『私も飲まない』って言ってたくせに・・・。フン!」
c0084837_1392348.jpg


あっらぁ~?そんなこと言いましたかしらん?ごめんなさい♪
んー?そんなこと言ったっけ?言ったような?(笑)ま、ま、どこのワインか聞くのを忘れましたが、あま~い香りの、とっても濃厚なおいしいワインでした♪
c0084837_1412669.jpg


目の前でドレシングと和えてくれるサラダ
緑のオリーブがたっぷり。ハードタイプのチーズを削ったものとオリーブオイルを合わせたドレッシング。ちょっと和える量が多いかな?!もっと少しでいいな~。ややしょっぱい。
c0084837_1453570.jpg


こんなボールで持ってきてくれます
ウェイターさんがこれで和えてくれます。残りはそのままテーブルへ。
c0084837_1465511.jpg


 席に案内してくれた女性も、テーブル係りをしてくれた男性も、両方とも立ち振る舞いも上品で丁寧、とても良かったです。アメリカのレストラン、ウェイトレスもウェイターも気さくな人が多いのですが、サービス過多というか、ややウルサく感じるところも・・・あり・・・。(食事中に何度も唐突に、"Is everythig OK?" と聞きにきてくれたり・・・。)ぺピンは過剰な感じはなく、お皿を上げ下げするタイミングでちょっと声をかける程度。久しぶりに静かに食事をしたと言う感じでした。お客さんはけっこういたけど、店内もとても静か。ゆったりしていてよかったです。

黒パンだけど、柔らかい
真っ黒なパンに、真っ白なバターをつけていただきました。美味♪でもあんまり食べ過ぎないようにしなくちゃ!ご飯つきのプレートをオーダーしたので・・・。
c0084837_1521346.jpg


もーりーの食べた Menu del Dia 今日のランチ
イエローライス(サフランライス)に、鶏肉と野菜の炒めたもののワンプレート。見た目がちょっと中華っぽい。一瞬、酢豚かと思ってしまいました。でも、味付けは塩コショウのさっぱり味。これも美味。イエローライスもほっとする味です。
c0084837_1543149.jpg


私の頼んだ、Roast Pork Ybor ロースト・ポーク・イボー
料理名にYbor(イーボー)という言葉がついていたのでオーダー。イエローライス、ロースト・ポーク、ブラックビーンズ、プラートス(バナナ)、ユカ・・・。これをオーダーした時のウェイターさん、パッと顔が明るくなって、Oh! Good choice! (良いのを選びましたね!)とひと言。もーりーは「何をオーダーしたって同じことを言うよ、きっと。」と言っていたけれど。そんなことないよ~。うん、グッド・チョイス!へへん♪
c0084837_212939.jpg


 とか何とかいいながら、このメニューの目玉であるはずのソテーしたバナナとユカはちょっと苦手な味でした(^^; ごめんなさい。ユカは、サツマイモとジャガイモのあいのこのような、南米でよく食べられているイモ類です。地元厚木市にあるペルー料理屋さんでよく食べていたけど、ぺピンで食べたのは甘みが強くてギブアップ。シンプルに揚げて塩味で食べるものはけっこうおいしいのですが・・・。その他のは、期待通り全部おいしかったです♪ちょっと胡椒辛さが効いた味つけでした。

店内の暗さの秘密は、これ!
誰の絵かお分かりになりますか?もーりーは「馬の顔ですぐ分かるよ」と申しております。おっとっと、ちょうど肝心の馬の顔が光ってしまって見えませんね・・・。それにしても、ダリ美術館に行く前に、この方の絵を見ることができるとは・・・!さすがスパニッシュ・コネクションの街!
c0084837_293242.jpg


レストランにピカソの絵が飾ってあるなんて!
わたし達のテーブルにはパブロ・ピカソの「ブルファイト」(スペイン語のタイトルは不明)という絵が。対面のテーブルの壁には、息子ポールをモデルにした絵も。ほかにもたくさん絵が飾ってあったので、もっとよく見たらいろいろあるのかもしれません。なるほど、店内が暗いのはこのためですね。フロリダの陽射しでは、窓なんてあったら、絵はひとたまりもありませんよね。納得。
c0084837_210185.jpg


エスプレッソもちゃんと小さなデミタスカップで
食後はおいしいコーヒーをいただきました♪
c0084837_2133913.jpg


 ピカソの絵を見ながらのランチ。おいしいワイン、おいしいお料理、おいしいコーヒー♪とっても贅沢なひとときでした!ぺピンにして大正解!ちなみにメニューにはトラディッショナルなアメリカンメニューもありました。ハンバーガーやステーキなどなど・・・。他にもタパスメニューもありましたが、一皿が10ドル前後と、タパスと呼ぶにはちょっと高め?量が多いのかな?ご参考まで。

 さて、予想以上にリッチな気分を味わったランチの後は、セント・ピーターズバーグのダウンタウンにあるサルバドール・ダリの美術館へ。地図上では簡単にたどり着けそうだったのですが、セント・ピーターズバーグのダウンタウン、とってもOne Way(一方通行)が多いのです。ぐるっとまわること数回(^^; ようやく目的地に到着。

バルセロナを思い出すヨットハーバーの風景です
ダリ美術館のすぐ裏はこんなヨットハーバーになっています。この日は風が強く肌寒かったのですが、暖かかったら、ヨットハーバー沿いのベンチでひと休みと言うのも素敵だったかも♪
c0084837_221542.jpg


ダリ美術館
フィゲラスにあるダリ美術館は赤い外壁にたくさんのパンがはりつけてあったりと、とっても奇抜で派手!それに比べると、普通というか、かなり地味に感じる建物です。気をつけないと見落としてしまいそうな感じ。正面が入り口。入るとすぐにミュージアムショップがあります。ミュージアムショップだけなら、入場券がなくても入ることができます。
c0084837_2262988.jpg

Salvador Dali Museum
1000 Third Street South
St. Petersburg, FL33701

通り沿いの壁にダリとガラの写真
これでやっと気がつくかも(^^)駐車場は道の両側にたっぷりととってあります。
c0084837_2332070.jpg


 この美術館はギャラリー内の撮影が禁止されていたので、残念ながら作品の写真はありません。ダリはスペイン内戦の後、8年ほどをアメリカで過ごしていたようです。アメリカ滞在中の作品だけでなく、若い頃のものなどもありました。シュールレアリストとして知られるダリですが、若いころは印象派的な作品や、キュビズム的な作品も書いていた様子。そういったごく初期の作をセント・ピーターズバーグで見ることができます。また、ちょっとかわったカーペットの図案(珊瑚?)などもありました。実際のカーペットもミュージアムショップで購入可能です。

 他にもトリックを使った大型作品(有名なリンカーンの肖像画のセカンド・バージョンなど)もあり見ごたえ充分。個人的にはカダケスの海辺の風景を描いたものがたくさん見られたのが良かったです。訪れたことのあるところだったので思い出しながら楽しみました。

 広いとは言えない館内は大勢の人出で大混雑。ちょっと見るのに慌しい感じもありましたが、これもバケーションシーズンなのでしかたがありません。館内や美術館周辺にお茶のできるところがないのが難点。見終わったらのどがカラカラになってしまいました。せっかく素敵なロケーションなのだから、カフェでもあればいいのにな~。

10ドルで美術館のカタログを購入
c0084837_2581939.jpg


 さて、今日の宿はさらに1時間ほど南下したサラソタ地域のブラデントンという街。日の沈む前に再びドライブに出発で~す!Let's go!


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2007-01-05 02:49 |  * フロリダ旅行

Go to Florida!(1) 中継点 ジョージア州 ヴァルドスタ

 あけましておめでとうございます!

 日にちをさかのぼって更新いたします。年末の12月25日クリスマス。小雨降る朝の8時に、わたし達はフロリダへ向けて出発しました。旅程はキーウエストを目指したドライブ旅行6泊7日。

 ミドル・テネシーと呼ばれるテネシー州のど真ん中から、南に下ってジョージア州へ。さらに南下し、フロリダの西側を進んでいくドライブプランです。1日目は中継点のジョージア州とフロリダ州の境目、ヴァルドスタ(Valdosta)まで進む予定。ここにクオリティ・インというホテルを予約してあります。

 くねくねとカーブの多い山道が続くチャタヌーガ周辺で大雨・・・。幸い25日のクリスマスは車も大型トラックも少なく、走っている車もみんなとろとろ運転。CDチェンジャーに5枚のクリスマスアルバムをセットして、クリスマスソングを聞きつつゆっくりドライブです。

チャタヌーガ手前のレストエリアからの風景
トイレ休憩に寄ったレストエリアでは、なぜか一時的にドシャ降りも止みました。ラッキー!
c0084837_2121764.jpg


 走ること数時間。11時半ごろお昼にしようと近くのExit に見えたワッフルハウスの看板を目指します。が・・・満員。待っている人の姿まで・・・。ならば次のExit へGO!

 さらに1時間、ジョージア州へ入ってすぐのところにあったワッフルハウスにてお昼。座れたものの、ここにもひっきりなしにお客さんが・・・。ほかにお店が開いていないので、みんなここに食事に来ます。店員さんの数もたくさん。しかも本当に毎日ここで働いているの?!と思うようなおじいさんおばあさんの姿も・・・助っ人かな?!

クリスマスでも、サンクスギビングでも、Waffle Houseなら開いています
そして、どの街にも見かける便利な軽食屋さんです。(写真はValdosta のワッフルハウス。)
c0084837_229794.jpg


テキサス・チーズステーキ(だったかな?)サンドイッチのセット
c0084837_2324022.jpg

All Star という名のブレックファストメニュー
卵の焼き方やサイドディッシュを好みで選びます。もーりーはいつも目玉焼き(サニーサイド・アップ)にグリッツを・・・。ちなみに朝食メニューですが、昼でも夜でもオーダーできます。
c0084837_235431.jpg

All Star には、ワッフルもしっかりついてきます
これは私も半分もらって食べます。バターとメープルシロップでいただきまーす♪
c0084837_2371128.jpg


 「南部はなまりが強い」とよく聞くのですが、今まで近所で買い物をしているくらいでは、正直ほとんど感じたことがありませんでした。が、ジョージアのワッフルハウスのおばちゃんたち、なるほど、すごいかも・・・。ここの店員さんは男性も女性も全員ちょっと年配の白人さんばかり。オーダーをとってくれるときは普通に聞きとれるのですが、それ以外のおしゃべりはまったく何を言っているのかわかりません。カウンターの中はとても賑やか。お客がいようがいまいが関係なし。男性の店員さんがもくもくと仕事をするのと対照的に、おばちゃんたちは目の前の同僚を呼ぶのにも大声。そしておばちゃん同士でも「なんとかかんとかベイビー! 」「ほにゃららほにゃららハーニー! 」とやっています。勢いがあるわりに、聞こえてくる音はなんと~も気だるい・・・。ついでにみんな目もとろ~んとしていて、溌剌とした感じはありません。そのわりには意外とちゃんとお客のことを見てる・・・。なんとも不思議なジョージア・トークとクリスマスのランチでありました。

 アトランタを過ぎた頃から雨も上がり、南に近づくにつれ、外気が1度ずつ上がっていきます。家を出た頃からすでに10度上昇。Valdosta についたときには16度Cになっていました。太陽も姿を見せ、そろそろ暑い~。

ガソリンスタンドでトイレ休憩
ガソリンスタンドには、必ずコンビニのようなお店が併設されているので、ここでトイレを借りたり、お水コーヒーやお菓子を買ったりします。ファーストフードが併設されているところも。
c0084837_256627.jpg


運転手もーりーのタバコ・タイム
ここまでの走行距離はざっと450マイル。お疲れさま~。
c0084837_2582456.jpg


暑いので半袖に着替えました
c0084837_2593646.jpg


 夕方5時、予定より1時間も早くValdostaに到着。実際にはテネシーとの時差が1時間あるので、2時間ほど早い到着です。大雨だったのにすんなり来ることができて良かった!5時とはいえ、時差のせいかまだ外はずいぶん明るいです。

 予約したホテルはI-75のExit 18のすぐ近く。見ると隣にはアップルビーズとスターバックス。目の前にはワッフルハウスとデニーズ。1本道を入るとフーターズまでありそうです。これはなんとも便利!

Quality Inn North

I-75 & US 94 , Valdosta, GA, US, 31601
c0084837_3165723.jpg


チェックインカウンターの奥が朝食スペース
ロビーにはインターネット用のパソコンもあります。朝食は写真をとり忘れてしまいましたが、トーストやドーナツ、ワッフルなどにコーヒー、紅茶、オレンジジュースといったメニューのバフェ・スタイルです。トースト用にも、バターのほかにも、ピーナッツバターやグレープジャム、アップルジャムなどいろいろあり♪
c0084837_3224281.jpg


クオリティ・インはこんな風に地続きのホテルです
2階建ての棟が3棟ほどありました。車も部屋の目の前にとめることができます。
c0084837_3213483.jpg


ノンスモーキング・1キングベッド・ルーム
部屋は広くてとてもきれい。ソファーやコーヒーテーブル、小さなダイニングテーブルにイスが2脚、冷蔵庫に電子レンジもついていました。(万がいち、25日のクリスマスに、どこも開いているレストランがなかったら・・・と考え、部屋で食事ができるようなところを選びました。)ラップトップのパソコンを持っていれば、ワイヤレスでインターネットも使えたようです。なかなかの充実振り。これで1泊二人で55.45ドル(税込み)。
c0084837_3193551.jpg


 今回泊まったクオリティ・インは、後から調べたらペット歓迎のホテルでした。そういえば、朝敷地内を犬と散歩してる人を見かけました。初めてぺット歓迎のホテルに泊まりましたが、実は、正直のところ、朝起きたら目が痒くなってしまいました・・・。もともと目が弱いので、幸い目薬を2種類持っており、すぐに痒さはおさまりましたが・・・。次回のホテル予約の際、気をつけるべき項目に追加。急いでホテル予約をしたので、その辺りをよく確認しないで部屋を取ってしまいました。ペットと旅をしたい方もそうでない方も、ご参考まで・・・。


 さて、「なんとも便利!」とは言うものの、今日は25日のクリスマス。やっているのはワッフルハウスとデニースとフーターズの3軒。フーターズでホットパンツのむちむちお姉ちゃん見ながらビールって言うのもアリかもだけど・・・飲みすぎで明日起きられなくなったら困るので、今夜はノンアルコールのレストラン、デニーズへ・・・・・。

日本のデニーズと看板がちょっと違うような・・・
目と鼻の距離ですが、車ででかけます・・・。(これは翌朝撮った写真です。)
c0084837_329997.jpg


 昼間のワッフルハウスを上回る混雑振り。待つこと20分。レストランも落ち着いた頃、席に案内してもらえました。係りの人は黒人の女の人。わたし達のオーダーはアンスイーティーが二つ、シュリンプ・グリルにスープ、ポット・ローストにサラダ。ポットローストのサイドディッシュはヴェジタブルピラフ(1日1回はお米が食べたくなります。)にカーネルコーン。スープはチキンヌードルスープ、サラダのドレッシングはランチ。さて、このおばさんメモを取りません・・・。果たして覚えられるのか?!

ウエイトレス: Is your order a Chicken?
        (あなたのオーダーはチキンでしたっけ?)

私: No. It is a Pot Roast.
   (いいえ、ポットローストです。)


 またしばらくして・・・。

ウエイトレス: Do you wanna eat Soup & Salad now?
(スープとサラダはすぐに食べたいですか?)

もーりー&私: ??? Yes, please.
         (はい、お願いします。)


チキン・ヌードル・スープ
この日はこれしかスープはなかったようす・・・
c0084837_34521100.jpg


どこに行ってもほぼ同じスタイルで出てくるサラダ
ドレッシングの種類もどこに行ってもだいたい同じ。(きっと使っているメーカーも同じ?!)サウザンアイランド、ランチ、ブルーチーズ、イタリアン、シーザー・・・。今回はRanchというマヨネーズタイプのフレンチドレッシングで・・・。「ランチ」と言うより、「レンチ」と言った方がすんなり通じるような気がします。(このスタイルのサラダはどこへ行っても、何を頼んでも、毎回サイドディッシュとしてついてくるのですが、そろそろ飽きてきてしまいました~ ^^;)
c0084837_3472827.jpg


シュリンプ・グリルとポット・ローストを二人で半分ずつ食べました
珍しくおなかも苦しくならず、腹八分目でおいしく食べることができました。ポット・ローストと言うのは、スロー・クッカーという鍋(?)でお肉をゆっくりじっくりローストしたもの。とっても柔らかくおいしかったです。小皿にのっているのは、シュリンプ・グリルについてきたコールスローサラダです。これもだいたいどこでも同じ味。やや甘めに感じるのは私だけでしょうか?!
c0084837_3484123.jpg


 デニーズのお会計は入り口近くのキャッシャーでするタイプ。チップをテーブルに置いてレジに向かいます。レジにはやせた口ひげの男性が。伝票を受け取るなり早口でひと言、



レジ係: Are you leaving TIP on the table?
     (チップはテーブルに置いてありますか?)



 は?わたしももーりーもぽかーん。一瞬何のことか分かりませんでした。すかさず同じ台詞をもう一度くり返すレジの男性。もーりーも私も、二人同時に無言で親指を突き上げ、テーブルの方を指差しました。やれやれ。チップは置いたかなんて初めて聞かれました(笑)。ま、クリスマスにやっている数少ないお店に感謝、感謝、ですね。



 次はいよいよフロリダ州です♪

人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪

 
[PR]
by mori_y_sana | 2007-01-04 03:59 |  * フロリダ旅行