<   2006年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

BAR SANA なすのミートソースグラタン

 なすとひき肉で何を作ろう?マーボーナスは美味しいけどワンパターンだしなぁ…。うーん。それにお肉も牛のひき肉だし…。

 
そうだ!なすのミートソースグラタンにしよう(^0^)ノ


で、昨夜のごはんはこんな感じ♪
付け合せはレタスとシソの和風マスタード・ドレッシング和えです。
c0084837_954371.jpg


なすのミートソースグラタン 
今回は唐辛子で辛めです。アラビアータのような感じ。(もーりー、ごめん!)
c0084837_955279.jpg

 珍しく、作り方なんぞを書いてみたりして…。(他にネタがないのよ~^^;)

《なすのミートソースグラタン》 (2人分)

材料: 牛ひき肉 ハーフパウンド(250gくらい?)
     玉ねぎ 1個(みじん切り)
     ニンニク 1片(芽を取ってつぶす)
     生姜 1片(みじん切り)
     唐辛子 1本(種は取り除く)
     トマト缶 1缶(水煮缶)
     ローリエ 1枚(あれば)
     ナツメグ 少々(あれば)
     塩 好み
     胡椒  好み
     オリーブオイル 好み(大さじ2くらい?)

     ナス  2本(薄切りにして水にさらす)

     とろけるチーズ 好み
     パン粉 少々

(1)ミートソースを作る: 鍋にオリーブオイルとニンニク、唐辛子を入れて弱火で熱する。
(2)生姜・玉ねぎを加えて炒める。
(3)牛ひき肉を加えて炒める。ナツメグ・塩・胡椒をする。
(4)トマトの水煮缶を汁ごと加え、ローリエも入れてふたをして煮込む。
(5)途中灰汁をとりつつ、しばらく煮込む。(水っぽい汁気がなくなるくらいまで?)

(6)ナスの水を切る。
(7)耐熱皿に、ナス・ミートソース・ナス・ミートソースとなくなるまで重ねていく。
  (最後がナスになるように!)
(8)とろけるチーズをふる。
(9)パン粉をふる。
(10)450度F(日本だったら200℃くらいでいいかな・・・)で10分くらい焼く。
   時間の目安は適当です…。いい匂いがしてきたら扉を開けてみて、
   焦げ目がついていればOKです♪
そのためナスは薄めに切りましょう!

*辛いのが苦手な方は唐辛子を入れずに作ってください。
*ナスと重ねずに、そのままスパゲッティ用のミートソースとしてもおいしいですよ♪

《和風マスタード・ドレッシング》 (ちょっと量は多いかも…冷蔵庫保存で数回分)

材料: 塩 少々
     粒マスタード 小さじ2
     ニンニク 1片(芽を取ってみじん切り)
     玉ねぎ 1/4個(みじん切り→水にさらす)
     お酢 50cc
     オリーブオイル 150cc

     ごま油 好み(小さじ1くらい)
     白胡麻 好み
     ポン酢醤油 好み(大さじ1くらい)


(1)基本: ボールに塩少々、粒マスタード小さじ2を入れ、上からお酢50ccをそそぐ。
(2)塩とマスタードをよく混ぜる。
(3)オリーブオイル150ccを少しずつ加えながら、泡だて器でよく混ぜる。
(4)混ざったら、玉ねぎ(1/4個)とニンニク(1片)のみじん切りを加える。

(5)基本のドレッシングに、ごま油をひとたらしし、胡麻をパラパラ。
(6)ポン酢醤油大さじ1(目安)を加えてできあがり♪

*基本は基本でそのままで美味しいです。
*半分ずつ基本と和風を作るのもいいかも♪


 うーん。いつものごとく適当な解説ですみません(^^; でも、このナスのミートソースグラタン、とっても美味しかったです♪もーりーの分まで食べちゃいそうな勢いだったわ。(笑)そうそう、これこれ、もっと食べた~いってならないとね♪大成功でした~☆


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪

    
[PR]
by mori_y_sana | 2006-09-29 10:37 |  * BAR SANA(洋) | Trackback(1) | Comments(24)

Lunchables 焼かないピザ

 こちらで知り合った小学生のGちゃんが、おもしろいものを食べていたので、わたしもさっそく真似して食べてみました~(^0^)ノ 

 その名も、

Lunchables!
(ランチャブルズ)


スーパーの冷蔵庫にて発見!
 わたしはPublix で買いました。3ドルしなかったと思います。
c0084837_891680.jpg


どうやって食べるものなのかな?裏を見てみよう!
 どれどれ?ピザを自分で好みの味に作って、ジュースも作って、デザートもあるの?!
Wow!
c0084837_810206.jpg


何が入っているのかな?
c0084837_894633.jpg


箱から出してみよう!
 ピザ台2枚、ピザソース、チーズ、エクストラ・チーズのシーズニング、お水のボトルと、粉のジュースの素、それから何やらよく分からないけど、ストロベリーとキウイ味のデザート…。
c0084837_8134719.jpg


ジュース作ってみました☆
 一瞬、お水はこのまま飲んじゃおうかな~と思ったけれど、それじゃつまらないよねと思い直して…。粉を入れてシェイクシェイク♪トロピカル・パンチ・ジュースの出来上がり~(^^)
c0084837_81711.jpg

 なんだか粉ジュースって懐かしい。むかし駄菓子屋さんでも売っていたよね~。オレンジとか、偽物のコーラとか(笑)

 このトロピカル・パンチ・ジュース、味はカキ氷のシロップで作ったジュースのような感じです。ちょっと薄め。お水が冷えていたので、けっこう美味しかったです♪甘すぎないし。

お次はピザ作り♪ No need to heat!
 つまりは、温めたり焼いたりする必要はないってことです。そのまんまいだたきま~す!
c0084837_8195342.jpg

 ちょっとふにゃふにゃしているけど、まぁ食べられます。Gちゃんが作っているときは、本当にピザソースのいい匂いが漂っていて、わぁ、おいしそう!って思ったの…。自分で作ってみると…残念ながらいい匂いが漂っていたかはよくわかんなかったです…。ピザの台はお皿のようにくぼませてあり、チーズが落ちないようになっています。Deep dishって書いてありました。

エクストラ・チーズを振りかけて、今度は少し温めてみました。
c0084837_822542.jpg

 オーブンで温めてみた。このチーズは溶けないのね…。生地もカリっとはならず…。結局それ程変化はなしです。2枚食べたら、かなりおなかがいっぱいになりました。味はちゃんとピザですよ☆

 もちろん普通の焼いたピザの方が断然美味しいのだけれど、これはこれでとってもおもしろかったので良しとします(^^)たま~にはこんなのも、ね☆



そして最後はデザート…開封。
おぉ!アメリカンな色!!
c0084837_8241925.jpg

反対側は緑色
食べてみると・・・これが意外とイケます!すっぱくて美味しい。グミのような食感。ストロベリーとキウイの濃縮ジュースを使ってあると書いてありましたが、本当かな?!
c0084837_8263834.jpg


 このシリーズ、他にもハムとチーズのクラッカーサンドや、ハンバーガーなどもあります。小さい箱はお水のボトルがついていないみたいでした。Gちゃんに「これを学校のお昼に持ってきて食べている子もいるの?」と聞くと、「うん、いるよ!」との返事。なるほど~。おもしろいね。お弁当もいろいろです。

 最近、一人で食べるお昼に悩んでいたので、今日はちょっと楽しかったです(笑)また「何食べよ~お?!」のお悩みサイクルがめぐってきたら、今度はハンバーガーの箱でも試してみようかな?!本当に、ソースせんべいとか水あめとかを作って食べるのを思い出したLunchabls ランチャブルスでした~(^0^)ノ Gちゃん、おもしろいものを教えてくれてありがとう♪


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-09-28 08:33 |  * 食べ物 | Trackback | Comments(11)

やっとみつけた♪

 お料理用に、ハーブの苗がいくつか欲しかったのですが、週末やっとみつけました(^^)

イタリアンパセリ、ローズマリー、バジル
c0084837_335343.jpg


 いつもはスマーナのPublix というスーパーに買い物に行くのですが、先週末はナッシュビル方面で同じお店を見つけたので、そこに立ち寄りました。これが正解☆野菜のコーナーにハーブの苗が数種類置いてありました。どれも一鉢2ドル弱。育ち具合もいい感じです♪さっそく一番よく使う、イタリアンパセリとローズマリー、バジルの鉢を買いました(^0^)ノ

 引っ越してきた時期が6月終わりと悪かったのか、園芸屋さんで探してみてもどこにもハーブの苗が見つからなかったのです…。あってもかなり大きなローズマリーだったり…。ちょっと規模がちがうなぁと思い、乾燥ハーブを使っていました。

さっそく大きなポットに植え替えました
増えてきた鉢植えたち♪ほとんど観賞用みたいになってるなぁ~…(^^;
c0084837_3412668.jpg


 
 昨夜は、先週が和食中心だったのに気がつき、ちょっと珍しいものでも作ってみようと、ビーフ・ストロガノフなんてものに挑戦してみました。

これがその、ビーフ・ストロガノフ(のつもり)。 やけに白い…。
c0084837_3442926.jpg

 ネットで作り方を検索して、材料をチェック。うーん、マッシュルーム食べちゃったからないなぁ…。干ししいたけの戻したのでいいや。あー、赤ワインもないなぁ…。白ワインでもいいよね~。なになに、本格的にやるならサワークリーム?!なければ生クリーム、ね…。生クリームでいいや。珍しく家にあるし…。

 って、ここまで材料変えちゃったら、もはやビーフ・ストロガノフではないんじゃない???しかも考えてみたら、私、ビーフ・ストロガノフって食べたことあるかしらん???

 感想: 食べたことのないものは、あんまり作らない方がいいのかも~(^^;; 味の着地地点が分からんよ~。もーりーは「これはこれでいいんじゃない?」と言って食べていたけど、わたし的にはあんまり好きじゃなかったです(T T)

そして翌日の昼。トマトクリームのパスタに変身!
c0084837_3511297.jpg

 懲りない私…。変身させたものの、やっぱりあんまり好きじゃな~い…。食べた後、「あ~♪おいしかった♡」ってならないのよね…。「まだ食べられそう♪」ってならない。って事は、やっぱり自分的には好きな味じゃないんですね、きっと。食べられるけど、次はもういいやって感じ。

 うーん、こういう日ってブルーになるわね~…。自分で作ったものが嫌な日って…。(--)

 ハーブ3つ手に入れたし、やっぱり私はバターや生クリームより、断然オリーブ・オイル派だね!料理は焼くも煮るも炒めるも、全部シンプルに限ります♪その方が絶対、美味しいわん♡

 今夜は何を作ろうかな~?ご飯に納豆っていうのが、いいな…。


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-09-27 03:56 |  * お花・植物 | Trackback | Comments(21)

もーりー亭 かき揚げ丼とジョニーの湯豆腐

 最近さぁ、もーりー亭BAR SANAもどうしちゃったのさ?ぜんぜんお料理してないんじゃないの~?

 な~んていわないで下さいまし~(^^;; してますよ、してますよ、お料理してますよ。というわけで、先週のご飯を振り返ってみましょう。まずはもーりー亭、行ってみよう!

親子丼
写真では分かりませんが、つゆだく過ぎてもーりーからはクレームが?!(←つゆだく嫌いな人)わたし的には美味しかったです♪付けあわせが何だったかは忘れました…。
c0084837_253380.jpg


鯖の味噌煮定食
栗原はるみさんの新しい雑誌、haru_mi に出ていたやり方で作ってみました。お醤油をけっこうたくさん入れる…。ちょっとしょっぱくなってしまいました。お味噌だけの方が好みかも。でも、まぁ、おいしく食べられました。醤油もいろいろだし、ね、味も塩加減も。
c0084837_2535156.jpg


野菜炒め
味噌煮の付け合せに。(写真がピンボケだね…。)ピーマン、にんじん、もやし。ごま油・塩・コショウのシンプルな味。久しぶりのもやし、とっても美味しかったです(^0^)ノ
c0084837_2545197.jpg


かき揚げ丼定食(ジョニーの湯豆腐)
前の日に練習がてらたくさん作ったかき揚げとナスの天ぷらの残りで…。タレも前の日のうどんのつゆを変身させました。湯豆腐も、うどんつゆの残りを使って。濃厚なお豆腐で、とっても美味しかったです。大豆のコクとなめらかな舌触りにうっとり。でも、盛り付ける時こわれちゃった~(T T)。デリケートなのよね、ジョニーってば。あ、左にあるのは、チャルメラとんこつの半ラーメンです。(笑)食べすぎ?!
c0084837_2561230.jpg


かき揚げ丼アップ♪
かき揚げと天ぷらはオーブンで温めなおしたので、ちょっぴり角がこげちゃった…。でも、このかき揚げ丼、超美味しかった♡ ごぼう、たまねぎ、にんじん、海老のかき揚げです。
c0084837_25762.jpg


いただきもののお豆腐「京都ジョニー」
日本にいるとき、いとこが青いパッケージの「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」を買ってきて、一緒に食べたことがあります。これは知人にいただいた日本土産のお豆腐。まさかアメリカでジョニーの豆腐を食べるとは!!(京都男前豆腐店ウェブサイトはこちら
c0084837_258182.jpg


 正直、翌日になると、昨日なに食べたか覚えてないなぁ~という日もあるのだけれど…。先週は、もーりーが忙しい週だったので、なんだか和食&スタミナ系ご飯だったですね~。丼物ばっかり。(笑)これにあと、鳥の唐揚げ八宝菜かき揚げうどん、そして後で出てくるパスタ、という1週間でした。

 鳥の唐揚げと八宝菜とうどんは写真を撮るのをサボりました。唐揚げと八宝菜は特に、夜勤の日だったので慌てて…。写真どころではなかったよ~。(^^; 

 おうどんは土曜日の夜に作ったので、もーりーが途中からこねるのを手伝ってくれました。さすが男手!それに延ばすのも切るのも私よりもーりーの方がずーっと丁寧。(笑)すごーくきれいなおうどんに仕上がりました♪写真撮るべきだったよね…。

 実はその間、私はかき揚げを揚げるのに必死(><)揚げ物難しい~。最後の方でやっとこさ、コツをつかみました!かき揚げ丼に写っているのは成功作。そしてこれって、もーりーが揚げたのだったかな?

 揚げ物が苦手なわたしですが、今は調理の熱源が電気なので、ちょっとやってみることに…。揚げる時もル・クルーゼを使います。どっしりと安定していて安心。そして温度も下がりにくいようです。わたしの相棒は直径16センチの小さいものなので、油もたくさんは必要ありません。ようやく揚げ物に手が出るようになりました。(日本では、揚げ物のおかず、いくらでも売っていたのでサボっていました。)ちなみに鳥の唐揚げは、ためして”ガッテン流”であげました。美味しかったです♪(わたしがやったのは2度揚げと、あげる前の水もみ)


 さて最後は、お疲れ様でした~の金曜の夜。BAR SANA、もーりーのリクエストによるきのこのパスタで~す(^^)

3種のきのこスパゲッティ♪ 付け合せはゆでたブロッコリーとツナのサラダ。
パスタは、K&Sで手に入れたシメジとえのきに、マッシュルームをプラスして作りました。オリーブオイルとニンニク、塩、こしょう、白ワイン。そして仕上げに、いただき物のバルサミコ酢をちょっぴり。食べる時にはすりおろしたパルミジャーノもたっぷりと♪う~ん、Buono (^0^)ノ
c0084837_3332781.jpg


 
 さぁ、今週も1週間が始まりました。何を作るか考えなくちゃ…!


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-09-26 03:55 |  * もーりー亭(和) | Trackback | Comments(18)

Tims Ford State Park ティムズ・フォード州立公園

 土曜日はあてもなくドライブに行ってきました~(^0^)まだ行っていない南方面へGO☆

着いた所は、Tims Ford State Park という州立公園の湖
c0084837_0245587.gif
 
 I-24には乗らず、下の道ルート41を南下。Coffee County コーヒー・カウンティのマンチェスターという町を抜けて、今度はルート55をやや西側へ走りました。どうやらもーりーは最初っから、湖を目指していたみたい…。

 ちなみにここマーフリースボロは、スマーナやラヴァーンという町と一緒に、Ratherford County ラザフォード・カウンティと呼ばれている地域です。(市、町の区別がよく分からないので、ここでは便宜的にすべて町と表記しました。あしからず…)カウンティと言うのは、辞書で引くと「郡」と出てきます。カテゴリの大きい順に、州→カウンティ→町、なのかな…?

久しぶりにこーんな山道も走ったよ。箱根みたい…。
空が青いのではなく、この場合、これは車のフロントガラスです(^^; でも天気は抜群♪
c0084837_133118.jpg

Tims Ford State Park のビジターセンターの前にて…
ワイルド・フラワー図(笑)。本屋さんでも、テネシー州のワイルド・フラワーズの図鑑などが売っているのを見かけます。
c0084837_0341479.jpg

ビジターセンターはこんな感じ
c0084837_0431587.jpg

 10,700エーカーもあるという大きな湖、ティムズ・フォード・レイクをぐるりと囲んだ州立公園。この公園では、ボートに乗ったり、釣りを楽しんだりはもちろん、サイクリングやハイキング、キャンプ、ゴルフなどなど、様々な遊びが楽しめるようになっているみたいです。

ちょっとこの雲、富士山みたいに見えませんか~?「見えねぇよ!」(もーりー)
c0084837_0455525.jpg

 「楽しめるようになっているみたいです・・・」と言うのは、今回は無計画なドライブの果てにたどり着いたため(^^;; 計画的に来れば、いろいろ楽しめるところだったんだなぁと…。とくに目指すものもなく、貸しボートの船着場までやってきました。

海のような、湖!気持ちいい♪
c0084837_1263840.jpg

ものすご~く大きい!と思うけど、ここはきっとほんの一部分…。
c0084837_1282762.jpg

まだ夏?ってくらい暑かったので、おおきなアイスクリームを二つペロリ!
c0084837_0471347.jpg
というのは、う・そ!1個はもーりーの。ヴァニラと、Moose Crackers というアイス。ムース・クラッカーズ はクッキー&クリームのようなベースに、ナッツやチョコレートが入っていました。おいしい♡

 ジャジャーン☆もーりー、やってくれました。
I "am" Vanilla. (僕、ヴァニラ~。)
↑でもこれって、やっぱり日本語で文字にすると、なんら変なところはないんだよね…。そしてそのとおり(?)、お兄さんもおばさんも変な顔ひとつせず、すんなりヴァニラアイスクリームを出してくれました。別に何だっていいんだね、きっと…。ヴァニラだって分かれば…。"am"なんて、はっきり聞こえちゃいないのかも♪

 むしろ私の方が人のこと、言えない…。お店のおばさんにハテナをいっぱい飛ばさせてしまいました(^^;; ムース・クラッカーズって何でできてるの?って聞きたかったのに、アイスを2個受け取った後にタイミング悪いヘンな質問をしてしまいました(T T)。
Is this Vanila and Chocolate?
(これ、ヴァニラとチョコレートですか?)

Did you orderd Vanilla and Chocolate???
(あなた、ヴァニラとチョコレートを注文したの???)
いえいえ、違います。いいんです、ムース・クラッカーズで…。私が聞きたかったのは、材料のことでして…。って、今こうして自分で文字にしてみると、質問の変さ加減がよく分かる…(^^;; 発音がワリィんかい?と、2回も言い直したけど、余計ハテナが…(汗)発音じゃなくって、そもそもトンチンカンな質問でございました。
 
What is this(Moose Crackers) made from?
(これ- ムース・クラッカーズ - って何でできてるの?)
って聞かなきゃいけなかったのでした…ね。おばさん、混乱させてごめんね~。言い直すのも止めてしまって、すみませ~んと、そそくさと外に出てしまった私。こっちの方が始末が悪かったです。

アイスクリームの種類はたくさん♪
c0084837_1272315.jpg

貸しボートもありました。
c0084837_1321653.jpg

湖の付近を歩いたりはできないみたい。浜(?)のようなところは見当たりませんでした。
c0084837_2254978.jpg



 ここでまたまたトイレネタ



トイレに貼ってあった注意(?)書き
c0084837_1391368.jpg

IF DOORS ARE LOCKED, BATHROOM IS IN USE.
(もしドアに鍵がかかっていたら、トイレは使用中です。)
「あはは~(笑)。なんでわざわざこんなこと書くんだろう?」…と、思うでしょう?日本だったら。

 これは、裏を返せば、『いつでも自由に使っていいよ』みたいな感じで、アメリカに限らず、外国へ行くと、トイレは必ずしも自由に使っていいところばかりではないのです。自由に・・・と言うとちょっと本当は語弊があるのですが…。

 安全のための処置だと思うのですがあらかじめトイレに施錠してあり、使いたい人はお店の人に申し出て鍵をもらってから使う…というところもけっこうたくさんあるのです。だからここの場合は、お店に鍵をもらいに来なくてもいいよと言う意味。もし鍵がかかっていたら、それは誰かが使っているのですよと…。

 逆にあらかじめ施錠してあるところがあるのを知らないと、実は誰も入っていないのに、鍵がかかっているからと、延々待っちゃったりとかね…。早く入りたいのにィ。(笑)ややこしいですね、ちょっと(^^;;

 そういえば今回の渡米では、まだ鍵をもらうタイプのお手洗いに出くわしていませんね…。都会だけのなのかな~、そういうのって。

 NYのとあるスターバックスでも鍵をもらって入ったし、ヴェネチアでトイレに入りたくて立ち寄ったマクドナルドでは、買い物をしたレシートにトイレを使うための暗証番号が印字してあって、それを入力しないと鍵が開かないシステムでした。しかも男女別の番号。また、同じくヴェネチア(ヴェニス)のサンタルチア駅では、入り口に受付があって(!)、4~5人のおばちゃんにチップを払わないとトイレに入ることができませんでした。ちなみにそこには、シャワールームもありました。今はどうなのかな~。

 おもしろいですね、こういう違いってのも…。以上、トイレところ変われば☆☆☆でした♪

あんなに晴れて暑かったのに…。
家の近くに来たら大雨…。道路が湖のようになってしまいましたとさ~(@@)
c0084837_203287.jpg



人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-09-26 02:19 | 観光 | Trackback | Comments(12)

Memphis(8) Soulville STAX Museum

 メンフィス旅行記も8回目。これで最後となりました。いや~。たった3日間の旅行が、1ヶ月も書くのにかかってしまいました(^^;; けっこういろんなところを見てまわれたんだな~と実感。

 3日目の午後は、ダウンタウンから南に外れたSoulville ソウルヴィルと呼ばれる地域へ行ってきました。ここは、アレサ・フランクリンなどの有名なミュージシャンの生家がたくさんある地域。(地図まであります。)いわゆる黒人街(というか住宅地)。今回は生家めぐりのようなものはしませんでしたが、ソウルの名曲・名盤を数多く生み出したレコードレーベル、STAX スタックスへ行ってきました。

 メンフィスのダウンタウンからSTAXのあるソウルヴィルまでは、すこし距離があります。歩いていくのは無理なので、車がない場合はタクシーなどを使うのが良さそう…。ミュージアムの裏手には広い駐車場もあり、私達は自分達の車で行きました。

 メンフィスのダウンタウンからThird Street サード・ストリートを南へ真っ直ぐ、McLemore Ave. マックレモアー・アヴェニューにぶつかったら左折(東)します。そのまま真っ直ぐ行き、Mississippi Blvd. を越えると左側にSTAXの看板が見えてきます。

Third St. から、McLemore Ave に入ったところ。
c0084837_22175793.jpg

ミュージアムの前には、STAX についての解説が立てられています。
c0084837_22211959.jpg

STAX Museum of American Soul Music 隣は音楽学校になっています。
c0084837_2253921.jpg

ミュージアムとしてよみがえる前の姿が写っている、受付前の壁。
c0084837_22392318.jpg

 ぼろぼろの廃墟寸前だったSTAXを、ミュージアムとしてよみがえらせたました。

 この、STAX Museum of American Soul Music と公民権運動博物館は、抱き合わせのチケットがあったようです。私達は知らずに先に公民権運動博物館へ行ってしまったので、そのまま別々に支払いをしました。1日に何回か、20分ほどのSTAXの歴史を伝えるビデオの上映があります。着いたときにはもう始まってしまっていましたが、少し待って、それを見てから中の展示を見ました。上映された映像は、短いながらもSTAX最盛期の様子を伝える、とてもおもしろいものでした。

 さて、ミュージアム内は撮影禁止。でしたが…、知らなかったので、実は写真を撮っちゃった(^^;)帰りにTシャツを買ったのですが、その時レジで、金髪カーリーヘアーの黒人のお兄ちゃんに「カメラのチケットある?」と聞かれ、カメラのチケットって何??とハテナが飛んでしまいました…。本当は入り口でカメラを預けていたらしいのです。入り口で受付をしてくれたのも同じ金髪カーリーくん。どうやら彼、私達には言い忘れちゃったらしく…。しかも何も預かっていないはずの本人が、「カメラ・チケットは?」なんて言うもんだから、ますます意味がわからない私達。ここって入場チケットもなかったよね~…。レシートのこと?でもカメラ・チケットって言ってるよ???

 ようやく、他の係りの人(←この人は白人さん)が気づいてくれ、にっこり笑ってひと言、

OK, OK. Please forget about it.
(いいよ、いいよ、今のは忘れちゃって。) 
そういえば、公民権運動博物館でも、カメラを預けてチケットをもらったよね?あれと同じだったんだ、きっと。入り口で何も言われなかったよね…。本当は預けなきゃいけなかったんだ~。ひゃ~(@@)

 結局、そのままなんのお咎めもなく外に出ました。撮影禁止の札もなかったけどな~。(あったら、撮らないし…。)気がつかなくってごめんなさ~い。

 というわけで、中の写真はここには載せられません…。展示内容については、ミュージアムのウェブサイトをご覧ください。アイク&ティナ・ターナーやオーティス・レディングの衣装、ブッカーT&ザ・MGズの楽器、レコーディング・テープ(マスター??じゃないよね~まさか。)、アイザック・ヘイズのギラギラ・キャディラックなんてものが見られます。

 展示品はダメだけど、トイレの写真だったらいいかな~。

↓ほら、実はこんなに…
c0084837_22305991.jpg
↓オシャレなトイレ!
c0084837_22314028.jpg


 帰り道、STAXの外観撮影をしている私達に、通りがかった地元の男の子達がひと言、

Black Power ブラック・パ~ワ~(^^)♪
思わず振り返り、お互いにっこりしてしまいました(^^)

 さぁ、メンフィス3日間の旅もおしまい。これから再びマーフリースボロに向けて4時間のドライブ!コーヒーでも飲んでから、出発しましょうか、ね♪

STAXの裏の駐車場前はこんな床屋さんが…。
写っていませんが、左隣はメンフィス・スリムの生家。
c0084837_2258268.jpg

Soulvile の風景
c0084837_2325247.jpg

ガソリンスタンドで一服
c0084837_2323081.jpg

 メンフィスの街中に入る手前、ルート61(サードストリート)沿いにあるガソリンスタンド。ここで行きも帰りもトイレを借りたり、アイス食べたり、コーヒー飲んだり…。Our Coffee Blend スモールカップ 1杯85セントでした。(あれ?写真には89セントって書いてあるね…。89セントだったかな?)店員さんも、利用客も、ほとんどが黒人さん。「ア~ワ・コヒ~・ブレンッ♪」と言って大きなコーヒーポットを持ってきてくれた店員の女の子。にか~っと笑ったその歯には、見事な(?)ゴールドがかぶっておりました(ようは金歯)。
Do the funky chicken! I enjoyed Memphis very much!!!!!!


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪

 
[PR]
by mori_y_sana | 2006-09-22 23:09 |  * メンフィス旅行 | Trackback | Comments(12)

間違い電話に出てみよう(^0^)ノ (if you got a chance.)

 昨夜9時に出勤していったもーりー。只今、午前11時57分。まだ帰ってきません。大丈夫か~い?ま、明日の朝まで仕事はないから、大丈夫かな…。

 朝10時頃、携帯が鳴りました。わが家には固定電話がありません。そろそろ帰ってくるのかな~と電話を見ると知らない番号。でも、ま、知り合い全員を登録しているわけではないし…。

こっちで愛用している携帯電話。
機種はSony Ericsson、電話会社はCingularです。
c0084837_2564748.jpg

私: もしもし~?

相手: Good morning! Is Mike available?
(おはよう!マイクいる?)
はっ?マイク??誰、それ???はは~ん。こりゃ、間違い電話ってやつだね・・・。

私: Well... I guess, it is a wrong calling...
(えーっと、多分、間違い電話ですね、これ。←と言っているつもり。)

相手: A-ha, OK, sorry. Bye!
(あ~、そうか。ごめんごめん。じゃあね!)
う~ん。間違い電話って何て言うんだっけな…。wrong numbers だったかいな?ま、いいか。あっさり通じたし。

 後で調べてみたら、You've got the wrong number と言うらしい…です。ほら、やっぱり、number だったね。次回はそのように言ってみよう♪って、次回があればの話だけれど…。(笑)

 ま、とりあえず、初めての英語間違い電話対応としては、いいんでないの~?電話は初めてじゃないけど、間違い電話って案外かかってこないもんね~。日本でかかってきても、けっこうドキッとするし…。それに考えてみたら、まだ一度も、結婚してから固定電話って引いたことのない私達。携帯だとめったに、間違い電話やセールスなんてのも、かかってこないから楽チンです。

 さて、先ほどお昼の12時に、もーりーから電話がありました。

私: お疲れ~。だいじょ…

もーりー: まだ当分帰れない…。夜にはならないつもりだけど…。夕方になるかも。

私: (@@)了~解~!無理しないでね~。ところで、朝とか昼とか、なんか食べたの?

もーりー: 何も。

私: 休憩は?

もーりー: 休憩取らずに終わらせたい…。

私: なんか適当に食べなさ~い!それから、お水も飲みなさ~い!!(←母か、私は…)

もーりー: うん、クッキーあるから大丈夫。じゃあね♪

ひょ~え~(--;)
 

 ある意味、英語の間違い電話なんかよりよっぽど恐ろしい、働く夫からの電話でありました…。ま、本人、忙しいのはほんの一時期と分かっているからね…。それに今日はアパートメントの芝刈りの日。早く帰ってきても、うるさくって眠れないかも…。帰ってくる頃にはせめて静かになっていますように。

 さて、なにか美味しいものでも作っといてあげようかね。

昨日の夜勤明け、ぽかぽかのベランダで朝昼兼用のご飯を食べました。
c0084837_2323256.jpg

 残りもののごはんでドリア。黄身をつぶす前に、写真を撮ればよかったな~。
ウォルマートのクロワッサン、書いてある通り350度Fで5分温めると、とってもとっても美味しいです♪(こりゃちょっと温めすぎだったかな?色が黒いもんね…。^^;)


追記:
 もーりー、結局お昼の2時に帰ってきました♪良かった、良かった。(しかも電話帳を持って…。電話ネタを書いた日に、電話帳が届くとは!)そして、マルタイの棒ラーメン、私の分も作ってくれました(^0^)ノ ありがとう!おいしいんだよね、これ。ナッシュビルの日本食材屋さんで手に入ります。

ジャーン!
マルタイの棒ラーメン

c0084837_5105640.jpg
完成~♪たっぷりの青葱とすりごまでいっただきま~す(^0^)
c0084837_5123243.jpg

ついでにアメリカの電話帳。
日本とほとんど同じですね…。なぜか大小あります。
c0084837_5201013.jpg




人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-09-22 02:34 | 暮らし | Trackback | Comments(21)

Memphis(7) 公民権運動博物館

 メンフィス旅行記(7)、今回は少しヘヴィな内容です。社会問題を題材にした展示を見に行ってきました。

☆興味の対象外、今日は読まなくてもいいや~(^0^)って方も、
人気blogランキング応援、よろしくお願いいたしま~す♪


National Civil Rights Museum 別館の入り口
扉には、キング牧師の言葉が刻まれています。
c0084837_4421328.jpg



 メンフィス旅行3日目の朝、ピーボディホテルをチェックアウトし、駐車場も清算。そのまま車で、2日目にも行った、メンフィスでもっとも古いのカフェ Arcade アーケイドへ朝ごはんを食べに行きました。(ここまでのお話は、カテゴリ「音楽」のMemphis(1)~(6)を参照。)

 アーケイドでゆっくりご飯を食べた後は、1本隣の道にある Lorraine Motel ロレイン・モーテルへ車で移動。そう、ここはかつてはホテル、そして今はNational Civil Rights Museum 公民権運動博物館となっているところです。

 なぜホテルが博物館に?

 1968年4月、マーティン・ルーサー・キング牧師がメンフィスで滞在していたこのホテル、実はこのロレイン・モーテルで、キング牧師は暗殺されてしまったのでした。現在はホテルと、その向かいの建物が買い取られ、公民権運動博物館として一般公開されています。向かいの建物は、犯行現場となったアパートメント。見学者はロレイン・モーテルの入り口からキング牧師の滞在した部屋を訪ね、その後道を渡って、別館のアパートメントの「現場」に向かいます。エレベーターをあがると今度は犯人が滞在していた部屋が…。バスルームは現場検証の当時のまま保管されています

今もそのまま残っている、Lorraine Motel の看板
駐車場は博物館の駐車場として利用されています。私達もここに車を止めて見学へ・・・。
c0084837_434831.jpg
 
部屋を出たところで射撃されてしまったキング牧師。
宿泊していた部屋の前には、今も花が捧げられています。
c0084837_4373177.jpg

このアパートメントからの犯行
今はここも博物館の一部として公開されています。真ん中の出っ張った部分の最上階。右端の、半分木に隠れた窓が、犯人のいた部屋のバスルームの窓です。
c0084837_4405723.jpg



 展示は主にパネルを使ったもので、かつてのアメリカでの有色人種(特に黒人)に対する差別の歴史と、それに対するさまざまな運動・活動を追ったものです。私は以前、吉田るい子さんという写真ジャーナリストの書いた「ハーレムの熱い日々」という本を読み、興味をもって、今回この公民権運動博物館を訪れました。(るい子さんの本は、ちょうど公民権運動の真っ盛り、1960年前後のNY、ハーレムの様子をとらえたドキュメントです。)

 写真と文字の展示が主ですが、当時の新聞などのメディア(ビデオ)、看板、実際の状況を再現した部屋やバス車両、ゴミ収集車、そして見学者が暴動の真っ只中を体験できるようになっているブース(壁に暴動の映像が実物大で映し出されます。)などの展示もあり、見ごたえたっぷり。るい子さんの本にも書かれていた、White only と書かれたプールの看板や、「←White/Colored→」と書かれたプレートなどの展示もありました。

Don't buy anything from where you can not to work.

(あなたが働くことのできないところでは買うな!)
るい子さんの本はハーレムのドキュメントだったため、この台詞ももっと直接的で、「黒人は黒人(経営者)の店で買おう!」というように書かれていました。これも同じ意味で、自分が(差別のため)雇ってもらえない店(会社)では買い物なんてするな!という意味…。

I AM A MAN!

(私は、「人間」として、存在している!)
というプレートを掲げたデモ行進の写真もすさまじいものがありました。

 今は本当のところどうなんだろう…。根っこの部分ではどうなんだろう?でも、確実に50年前とは違う。ひょっとしたら完全ではないかもしれないけれど、確実に良い方向に変化している。あらたな別の問題が出てきているのかもしれないけれど、でも、誰もがもう、I AM A MAN! なんて、大きな声で言わなくてもいい…。本当に?!世界中どこででもそう?!

 この、当たり前のことを当たり前に扱ってもらえない人々がいた時代を、決して忘れないようにしなくては…。繰り返さないためにも…。ボブ・マーリィーが No Woman No Cry で歌います。この曲は夜のビールストリートでも流れていたっけ…。
♪Everything's gonna be all right ~
 

 目には目を!の理論で戦うことを良しとする意見と、あくまでも「非暴力」の姿勢を崩さず、別の方法で戦おうとする人々と…。

 この公民権運動は、キング牧師やインドのカンジーの思想を伝える「非暴力」の戦いを支持する施設です。博物館の目玉、キング牧師が(図らずも…)最後の一夜をすごした部屋(再現)では、マヘリア・ジャクソンの歌う Precious Lord プレシャス・ロード が静かに流れていました。(キング牧師のお葬式で歌われた歌だそうです。)


 さて、ちょうど私達が訪れた時にやっていた特別展示も、とても考えさせられる内容でした。Wounded in America Exhibit と名づけられたこの特別展。文字通りWounded(銃などで意図的に傷つけられた)な人々のモノローグ。46人の銃で撃たれた経験のある人のポートレイトとバイオグラフィーの展示。老若男女、いろいろなシチュエーション、いろいろな人種、年齢、土地…。読んでいて震えが止まらないというか、寒~い感じがしてくるというか…。それでも46人分、だいたいの部分は読んでしまいました。「○年○月○日、何時何分、その時私は△■していました…。」

 で、読んでいて気がついたこと…。46人の被害者は、果たして100%全面的に被害者なのだろうか?ということ。どうしようもなく避けられない出来事だったのは、実はそれ程多くはないように思いました。被害者であることには間違いないけれども、果たして、自分自身でその状況を呼び込みはしなかったか…。

 人のうらやむような、ひとめ見て高価なもの(宝石)を毎日身につけて歩いていた人…。ギャンブルに深入りしてある日破格の額の勝ちを手にした人…。ギャングのメンバーで、ライバルがおなじ街にいた人…。自分の所有する銃の、手入れ中の事故…。夫婦間のいざこざ…。

 今、私達が住んでいるこの街は、とても静かで治安もよく、毎日安心してリラックスして暮らしていけるところです。

 でも、ある部分では、やっぱりアメリカにはこういう事件があるのだな、とも思う。46人が多いのか少ないのか…。(展示を見ているときは、こんなに大勢が?!と思いました。)そして、この人たちは本当に全く、身に覚えのない100%の被害者なのか…。

 私の感想では…、こういうこともあるらしい、でも、これはごくごく一部の出来事だ、自ら片足を突っ込まない限り、日常茶飯事の出来事ではない・・・。そう、これはアメリカだけの出来事ではない。その多くは、どこにいても、自分のとる行動、態度、そういったものの産物…なのでは?!それと同時に、「日本へ引越しして、子供を日本の学校に通わせるのが怖い」という、アメリカに今まで住んでいた人の言葉も、ふと思い出したりするのです…。


 自分の身は自分で守る。それは急場のことではなく、常日頃の言動を振り返ることの大切さを意味しているのかもしれません。今こうやって、生きていることそのものに感謝。今いる場所での毎日、不必要に怖がることをせず、今までどおりのびのびと生きていこう!と思いました♪

 National Civil Rights Museum 公民権運動博物館、わが身を振り返る良い機会をありがとう。


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-09-21 06:29 |  * メンフィス旅行 | Trackback | Comments(9)

読書の秋 チャーリーとマーシーの本

 メンフィス旅行記を書き上げたいのですが…次に予定しているネタは、夜ひとりの時に書くのが怖い話なので(笑)、今夜は別の記事を書くことにします。今日は本のお話…。

最近気に入って読んでいる児童書シリーズ
c0084837_1494370.jpg


 もーりーが早く帰ってきた日は、夜ご飯を食べた後、近くの本屋さんにコーヒーを飲みに出かけます。(カフェつきの本屋さんが近くに2軒あります。)もーりーは車雑誌の立ち読み。私は何かないかなぁ~と本の棚を物色…。やっとどこに何の本があるかわかってきました。

 日本では書籍や雑誌は、基本的には定価販売。めったなことがない限り割り引かれることはありませんが、アメリカではバーゲンコーナーもあれば、10%OFFしてくれるメンバーズカードなんてものまであったりします。本好きにはまことにうれしいこのシステム♪しかも、近くにあるBOOKS A MILLION ブックス・ア・ミリオン(以下B・A・M)という書店では、バーゲン品もちゃんと10%OFFしてくれる。太っ腹ね~。

 さて、最近私が買っているのは児童書。(笑)ペーパーバックの先駆け的存在、ペンギンの出している子供向けシリーズ、PUFFIN MODERN CLASSICS パフィン・モダン・クラシックスというシリーズです。2週間前にB・A・Mのバーゲン品コーナーで、このパフィンシリーズの本を2冊買いました。1冊はThe Cat Ate My Gymsuit 「ザ・キャット・エイト・マイ・ジムスーツ」という本。そしてもう1冊は、映画にもなったRoald DahlCharlie and the Chocolate Factory 「チャーリー&ザ・チョコレート・ファクトリー」です。

 このCharlie and the Chocolate Factory 「チャーリー&ザ・チョコレート・ファクトリー」をレジに持っていったところ、夜遅い時間にいつもいるEvan エヴァンさんという店員さんが、

Oh! It is one of my favorite book! It is very fun!
(おぉ~!この本僕大好きなんだよね~。すっごくおもしろいよ!

There is the next book of Charlie. It is also very fun!
2冊目もあるんだ、チャーリーの。それもとてもおもしろいよ!)
と興奮気味に…。次にB・A・Mの中にあるカフェにコーヒーを飲みに行った時なんて、わざわざチャーリーの2冊目の本を持ってきてくれて、

This is the next book of Charlie and the Chocolate Factory.
(これがチャーリー&ザ・チョコレート・ファクトリーの次の本だよ。

I will keep it for you!
とっておいてあげるね!)
と…。びっくり。実はまだチョコレート・ファクトリーさえ読んでいなかったのに…(^^;;

 で、今、チャーリー&ザ・チョコレート・ファクトリーを読んでいます。昨日から。すっごくおもしろいです(^0^)エヴァンさんの言うとおり♪あっという間に半分読んじゃった。

 で、今週からもーりーが忙しいし、なかなか夜に本屋なんて行かれないだろうから、昨日の夜、B・A・M に再び連れて行ってもらって、2冊目の本も買いました。 Charlie and the Great Glass Elevator 「チャーリー&ザ・グレイト・グラス・エレベーター」 。それから、同じくロアルド・ダールのMatilda 「マチルダ」という本も。

 全部パフィン・シリーズで、バーゲン品のため1冊3ドル以下。うはは~(^^)いいね、安く本が読めるのって、幸せ♡ (この夜はエヴァンさんはいなかったみたい・・・。次回会ったら、2冊目の本も買ったよと伝えなくては…、ね。)

 久しぶりに、ぐあ~っと集中して本を読む楽しさを味わっています♪

↓本屋に行く前に食べたのは
久しぶりの明太子スパゲッティ♡
c0084837_1414883.jpg

↓と、バルセロナ土産のタコで作った
マリネサラダ♪
c0084837_14142414.jpg



 さて、最初にチャーリーと一緒に買った「ザ・キャット・エイト・マイ・ジムスーツ」という本。タイトルと中身の関連はよく分かりませんでしたが、これもおもしろい本でした。著者はPaula Danziger パウラ・ダンジガー(?)という女性。もと学校の先生だったらしく、その人の最初の小説です。初版は1974年。もーりーの生まれた年ですね。(↓ここから先は読書感想文のようなものです・・・。)

ベランダでご飯食べながら読書♪
c0084837_13405964.jpg



 13歳のちょっと太目の女の子が主人公。自分の見た目を気にして、なかなか積極的になれずにいる女の子マーシーの、家族や学校、友人の話です。ある日今までいた英語の先生に代わって、今までとは全然違う女の先生がやってきます。その人は本当に、今まで知っているどの先生とも、どの大人とも違う…。まずは、ちゃんと子供達の話を聞いてくれる。一方的に怒鳴ったりもしない…。へたくそでも、「一緒に」バレーボールを「楽しむ」。そして、一人ひとりに、誰かと同じ自分を目指すのではなく、誰とも違う自分になれと教えます。

 マーシーやマーシーの友人達はその英語の先生が大好きになります。そして自分のことも徐々に好きになっていく…。自分は自分でいいんだと気がついていく…。でも、その先生は、「ラディカルすぎる」という理由で学校を解雇されてしまいます。今まで引っ込み思案だったマーシーは、友人達や母親、友人の親達と先生をサポートしようと決意します。そのことで校長先生や父親からはすごくなじられる。でも、自分の正しいと思ったことをマーシーはやり通そうとがんばる。そしてそれを通して、心から分かり合えるお友達もできる。マーシーを応援してくれる母親は、今までは夫の言いなりだったけれど、夫に対しても自分の「意見」を口にするようになる…。

 1974年ごろ、アメリカはどんな感じだったんだろう。ひょっとしたらまだ、女性が「自分の意見」を大声では言いにくい環境だったのかしらん? Miss / Mrs.で分けられる呼び名。新しく来た英語の先生は、自分のことを Ms. と言う。そのことを特徴付けて書かれている時代…。

 最後、解雇されてしまった英語の先生は、復帰できる道を勝ち取りますが、その勝ちの瞬間に、マーシーたちの前で自らその学校を「辞職」すると宣言します。解雇ではなく、辞職。自分の教えてきたことは間違ってはいない、子供達にいつまでもそのことは覚えていて欲しい。でも、復帰したあと、同じ現場で、今までのように自由にのびのびと生徒達と接することは難しいと、その先生は知っていました。同じ状態に戻れたとしても、それは決して同じではない…。自分が去ったとしても、自分が教えたことは、心の中から消え去りはしない。

 負けるが勝ち、という言葉を思い出しました。勝ちの瞬間に、そのことさえも手放すこと。執着しないこと。自分の心だけ守って、立場などにはこだわらないこと…。手放すことによって、手放したものと同じか、あるいはそれ以上のものを手にすることができると、きっとその英語の先生は知っていたのだと思います。

 たとえ目の前で、ひとつ扉が閉じてしまったとしても、かならず別の新しいドアが、あなたのために開いています。さぁ、そのドアを探しましょう!ちょっと後ろを向くだけで、簡単にみつかるかもしれませんよ(^^)


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-09-20 14:20 |  * 本・読書・映画 | Trackback | Comments(10)

”しゃぶしゃぶ”肉を買いに行こう!

 今日からもーりーの第二次「超」多忙期間がスタート!土曜日は会社の人たちと、それに向けての決起BBQがありました。私は家でお留守番をしていましたが、大勢来るというので、いくつかお惣菜を作り、持って行ってもらいました。

 五目豆(ひじき)、きんぴらごぼう、きんぴらピーマン、インゲンの胡麻和え、トルティージャ・パタータス(ジャガイモ入りスペイン風オムレツ)

 オムレツが好評だったようでうれしいです(^^)すっかり空っぽになった我が家の冷蔵庫。10月末までの約1ヶ月、もーりーに買い物などは頼めなくなるので、日曜日はいつもよりちょっと多めに買出しです。(と言っても、二人なので少ないですが…。)

 ナッシュビル方面にあるK&Sへ、薄切り肉を買いにGO☆

メキシコ、アジア、アラブのものなどがいろいろ置いてあるマーケット
c0084837_1215756.jpg

野菜売り場は香草の匂い…。初めて見るものもたくさん。
サボテンなども売っています。私達は新鮮なもやしを買いました♪
c0084837_124219.jpg

この看板が目印!LIVE SEAFOODって・・・おもしろいですね(笑)
c0084837_1245722.jpg

K&S World Market
4225 Nolensville Pike
Nashville, TN 37211

 先々週、こちらに来て仲良くなった方に、アルファベーカリーというアンパンやカレーパンを売っているパン屋さん に連れて行っていただきました。その帰りにK&Sへ寄り、「しゃぶしゃぶと言うと薄切りのお肉を買うことができるよ♪ 」と教えていただきました!(リクエストして、欲しい量を切ってもらっていました。)

 K&Sへは、引っ越してきたばかりの時に一度来たきり…。でも、教わったとおりにお肉を買ってみようと、再び訪れたのでありました。欲しいのは豚の薄切り~。

私: I would like to buy PORK-Syabu Syabu.
   Can you make it today?
   (豚の”しゃぶしゃぶ”肉が買いたいのですが…。今日もできますかね~?←リクエストに応じて切ってくれると思って聞いている…。)

肉屋: Beef Syabu-syabu? (牛のしゃぶしゃぶ?)

私: No, PORK syabu-syabu, I want. (違う違う、豚。)

肉屋: Ah! Pork 何とか! Here is it! (あ~、豚ね!ここにあるよ。)

私: (指差された方を見て…)
   No, not a pork-CHOP. PORK SYABU-SYABU.
   Can not you make it today?
   (違う違う、ポークチョップじゃなくて、しゃぶしゃぶ。
       今日はできませんかね~?←しつこい)

肉屋: Hey, ○○! (他の店員を呼んで…)ペラペラペラペラ!
  
私: ん?あっちにあるの?あ~!あった、あった。もうできてるんだ~。
Thank you!(^^)
 とっても混んでいた日曜日。豚の薄切りも、牛の薄切りも、すっかり出来上がったのが並んでおりました。無事待たずに両方ゲット!よかったよかった(^^)教えてくださったNさん、ありがとうございました♪


 では、お肉の写真の代わりに…


先々週、アルファベーカリーで食べたパン。
ハム&チーズのパンと、生クリームたっぷりのパン♡たまにはこういうのも、食べます。
とっても美味しかったです♪連れて行ってくださって、ありがとうございます(^^)
c0084837_264783.jpg



 次はちょっと汚いかもしれない?…画像を…。

 本当はきれいにするためのものなんだけど~。

 ・・・・・

 6月末から一度も洗車をしていないもーりーの車…。そろそろ洗ってあげようかね、、、。色的には汚れが目立たない車だけどね。

(スペインの時は、真っ赤な車だったのにホコリだらけで乗っていました^^; ヘタにきれいにすると盗まれるからと言っていたけど・・・。本当みたいで、同じ会社の人、みんな汚れたまま乗ってました…。ははは~。)



洗車の様子など。
3ヶ月分の汚れを落とそう!としたのですが…。
c0084837_21121.jpg
汚しているのかと疑いたくなる洗剤の色
フロントガラスです、これ。洗い落としたら、ピッカピカになりました(^0^)
c0084837_2152100.jpg



最後に「お口直し」にこのお花。
Mixed Annuals 一年生の植物の寄せ植えです。Home Depot で12ドル♪
なかなかきれいでしょ?!
c0084837_2153939.jpg

 この日ゴルフセットを買いたかったもーりー。私にも何か・・・と思ったのでしょうか?いつもはお小遣いだしアイテムのお花ちゃん、今日は買ってくれました(^0^)わーい☆もーりー、ありがとう!(ゴルフセットもいいのがあったみたいです。)


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-09-19 02:22 |  * 日本・アジア食材店 | Trackback | Comments(16)