カテゴリ:料理・お菓子作り( 28 )

ふくらむふくらむパウンドケーキ


おっ菓子づくりなんて、しないよ~。

 数年前カナダにワーキング・ホリデーに行っていた従姉妹のつーつーが、
「私はマフィン作りにはまって毎日焼いてたよ~。Sanaeちゃんもやりなよ~(^^)」 

と言っていた時に私が返した言葉…。

 うーん。早くも ミイラ取りがミイラになった かも?! なんとなーく家にある大量の粉を見るたびに、ケーキ作りをしているお友達を見るたびに、ウォルマートでパウンド型やマフィン型を見るたびに…
やってみようかな?

で、焼いてみました。メイプルシロップのパウンドケーキ♪
c0084837_722028.jpg

お菓子作りの本なんて持ってきていないので、とりあえずネット検索。参考にさせていただいたのはAnyrecipeさんのページパウンドケーキです。

 気に入ったのは、卵を必ずしも卵黄と卵白に分けなくてもかまいません という記述と、ベーキング・パウダーも入れても入れなくてもできますという記述。フレキシブルなのが、面倒くさがり屋の私にはありがたいポイント!(笑)でも、押さえる所はしっかり押さえてくださっていて、バターは電子レンジなどで溶かしてしまうと膨らみにくくなる、と書いてあったので、冷蔵庫から出して気長に1時間くらい放置し、柔らか~くなったところをクリーム状に練りました。ハンドミキサーはありませんので、すべてマイ・ハンドでございます。覚悟してやり始めましたが、小さな型1本分だったので、それ程大変ではなかったです。あっという間。

 卵は卵黄と卵白に分けるとバターに混ぜる時分離しにくいと書いてあったのですが、卵も冷蔵庫から出して室温になじませて置いたので、それ程激しく分離することもなく、スムーズにできました。

今回の材料はこんな感じです。
c0084837_7472042.jpg

 キング・アーサーのオール・パーパスの粉(これでパンもうどんも肉まんも作りました。)、ウォルマートのストアブランド Great Value のバター(パンにもつけて食べている有塩バターです。)、クローガーの卵、Spring Tree というメーカーのメープル・シロップと、Clabber Girl のベーキング・パウダーです。

*バターを包み1本全部(113g)使いたかったのと、甘みを抑えたかった(←本来あまり甘いものは食べないたち…)ので、材料(粉)や配分を少し変えて作りました。

 卵は昨夜、仕事帰りのもーりーに急に思いついて買ってきてもらったものです。私が日本でも茶色の殻の卵を買っていたのを思い出して、同じようなものを買ってきてくれました。本当は本人はグレードAAの卵を買いたくて、わざわざクローガーに行ったようなのですが(ウォルマートなら会社の目の前にある)…AAでなくったって、
このたまごは大当たりv(^0^)v

殻も分厚く、割った黄身もちゃんと濃い黄色をしていてふっくら♡ いかにも美味しそう~♪見ればパッケージにはAll Natural の文字!そして、たぶんこれが1番のポイントだと思うのですが、Cage Free、そう、おそらく放し飼いに近い状態で飼われているニワトリさんたちから生まれた卵ちゃんたちなのです!

 もっともっとよく見てみれば、Good Taste Award 2006 というのも受賞しているし…。Quality EB Approved ってのは何でしょう?どうやらEgg Land's Bestの略のようですね…。Egg Land's Bestって何?卵の殻の一つ一つに"EB"スタンプが押してありました。まぁ、何しろ、割ってみた感じが今まで食べていたアメリカの卵とは全く違ったことは確かです。次回からわが家はこの卵を買おう!(^0^)もーりー、美味しい卵を買ってきてくれてありがとう!

 Anyrecipe さんがアメリカ在住の方だったので、オーブンの温度も的確に華氏で示されていて良かったです。華氏325度で50分ほど…。も~う、ものすご~くいい匂い♡ Anyrecipe さん、レシピを公開してくださってどうもありがとうございます(^^)

切り口はこんな感じです。
c0084837_8173991.jpg

 どれどれと、焼きたてを味見してみた私…。えー!手作りケーキってこんなに美味しいの~?とびっくり仰天。まさに自分好みの甘さだったのと、焼きたてだったのとが合わさって、
ミイラ取りがミイラになってしまいました!(笑)

 さて、このパウンドケーキ。Sweet Teeth スウィート・ティース(甘いものに目がない人のこと)をお持ちの方々には、ちょいとどころかずいぶんと物足りないかもしれません。が、まわりがなぜかサクッとしていて、スコーンなどのようなほのか~な甘みがあるケーキに仕上がりました。

 バターを練り、お砂糖を加えながら思い出していたのは母のこと。叔母のこと。従姉妹のこと。私はお料理やお菓子作りを習ったことは一度もないのだけれど、実は私の母や近くに住む叔母は、私や従姉妹が子供の頃に毎日のようにお菓子やらパンやらを焼いてくれたものでした。(子供のためと言うより、友の会に入っていたから?!)家にはお菓子の道具やパンの道具がたーっくさん。いつも台所で一緒になってながめたり遊ばせてもらったり。バターにお砂糖を混ぜたところでこっそりなめちゃったり(おいし~♡)、パンの生地はまるで粘土遊びのようでした。(3歳くらいの時に自分が作ったパンの形は今でも思い出すことができます。大きな頭のお人形のようなパン…。)

 いま考えると、私の「レシピどおりでなくても適当にやってなんとかなるさ」という発想は、この子供時代の観察の賜物と言えるような気がします。私は遊びながらじーっと母や叔母のやっていることを見つめていたのかもしれません。お料理しながら、「あ~、たしかこうやってたな、あーやってたな」と、ものすごーく遠い記憶を引っ張り出してきているように思います。(まったくお手伝いというものをしたことのないバカ娘でしたが…)お母さん、叔母さん、美味しいものをいろいろ作って食べさせてくれてありがとう(^0^)

 それからもうひとつ。できあがったパウンドケーキをオーブンから取り出してみたときの感動!そして昔読んだ大川雅子さんの本、 「ケーキ工房のお菓子」を思い出しました。

 自由が丘のアメリカン・カントリー・アンティークのお店デポー39にケーキを卸していらした大川さん。当時イギリスのアンティーク家具を扱う会社で働いていた私は、ちょっと雰囲気の違うデポー39が大好きで、併設されているティールームで私にしては珍しく、ケーキを食べるのを楽しみにしていました。(後からオーナーの天沼さんのアンティークの本で、ケーキを焼いている方が大川雅子さんだと知りました。ひょっとしたら大川さんはその時はすでに別のことをなさっていたかもしれません。)

 デポー39に憧れて手にした大川さんのケーキの本には、アメリカの焼き菓子についての話がたくさん書かれていたように記憶しています。その当時は自分がまさかアメリカでケーキを焼くことがあるなんて想像もしていなかったわけですが。(この頃、海外に旅行ですら行かれるとは思ってもみなかった…というのは今はちょっぴり不思議ですが…) そのことに気づいてなんだかびっくり。憧れのアメリカの材料で作ったケーキは、とっても美味しい素朴な味わいです(^^)


 さて、大騒ぎして作ったパウンドケーキ。実は午後にもうひとつ、ピーナッツをミルで引いたものを混ぜ込んで焼いてみました。今度はメープルシロップの代わりにブラウン・シュガーをレシピの半量の50g加えました。見た目はあまり違わないのですが、香ばしい匂いとちょっぴりコクのある味わいのケーキになりました。やっぱりまわりはちょっとサクッとします。(粉のせいかな?)

ピーナッツとブラウンシュガーのパウンドケーキ(見た目おなじですね^^;)
c0084837_850561.jpg


 最後は、もーりー亭のそば定食

昨夜、日本からはるばる届いたおそば。
付け合せはワカメ納豆(納豆見えませんね・・・)と、牛肉と牛蒡のしくれ煮。
c0084837_8525179.jpg

 とっても美味しかったです!ご馳走様でした!託けてくださったAさん、そして、はるばる持ってきてくださったT氏、どうもありがとうございます(^0^)

 明日はMixi で知り合ったマーフリースボロのお友達、Tiny_shima_shimaちゃんが遊びに来てくれま~す(^^)そのためのケーキ。食べずにとっておかなくちゃ☆


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪

 
[PR]
by mori_y_sana | 2006-08-24 09:06 | 料理・お菓子作り | Trackback | Comments(16)

飲茶に挑戦!

 生まれて初めて、肉まんを手作りしてみました~(^0^)

肉まん(ちょっとひしゃげてますが・・・)
c0084837_1022482.jpg

 お友達が持っていた渡辺有子さんのアジアの調味料でいつものご飯 という本の豆豉あんの焼き包子というレシピが基本の作り方。これをアレンジして作ってみました。

 アレンジ内容は結局、ある材料で作る!ということです。レシピは8個分でしたが、お肉が少し多くあったので、12個分に生地を増やして作りました。入れた具は、豚挽き肉、甜面醤、干ししいたけ、海老、ニンニク、生姜、青葱、きくらげ、ごま、胡椒、ナツメグ。

 本ではフライパンで少し焼いて、そこにお水をいれてふかすという方法でしたが、フライパンに合うふたがなかったので、少し焼いた後、蒸し器を2つ使って12個いっぺんに蒸しあげました。日本から持ってきた万能蒸し器と、こっちで買った炊飯器についていたスチーマーを利用。

 「炊飯器にざるをセットして、ごはんを炊きながら野菜などを蒸す」という技は魚柄流2段活用調理法なのですが、なんとアメリカのライスクッカー(炊飯器)は最初っからそういう造りになっていました。スチーマーを外して使えばただの炊飯器。両方一緒にも使えるし、下の段にお水だけ入れてスチーマーをセットすればただの蒸し器としても使えます。賢い!便利!ただし、炊飯用のタイマーは付いていません。

お気に入りのRIVALの赤い炊飯器(3合炊き)。スチーマーをセットしたところ。
c0084837_1003022.jpg

 これでこの炊飯器、たしか$20.00くらいだったはず。保温は一応ついてます。というか、コンセントをさすといきなり保温になります。ONとかOFFとかないの(^^;; だからしょっちゅう、炊いてるつもりで保温になってた…という失敗が(TT)ちょっと注意が必要なRIVALちゃんです。

 さて、初めて作った肉まん。ちょっぴりお醤油とお酢をつけて食べたら美味しかったです(^^)

底にもごまがついています
c0084837_1025549.jpg


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-08-22 09:58 | 料理・お菓子作り | Trackback | Comments(8)

魚柄流「手抜きうどん」と、室井滋の「のど自慢」

 昨夜は久しぶりに麺打ちをしました~。

 やり方は魚柄仁之助流。興味のある方は仁ちゃんの本を読んでみてください。どれに載ってたかは忘れちゃったけど、「手抜きうどん」ネタ、けっこう何度も出てきていたと思うので、テキトーに彼の本を手に取ったらみつかるかもしれません?!(最初の方の本だったと思います。「うおつか流台所リストラ術~ひとりひと月9000円」とか、「1人前100円なんで美味いの?」辺りだったかな~???)

 1~2人分なら、打ち始めて30分で「いっただきまーす!」の簡単麺打ちでございます。楽しいし、うまくいくと、びっくりするくらい美味しいです。

で、出来上がったのが、これ。魚柄流手抜きうどん、私版 冷やし納豆うどん。
c0084837_1402920.jpg

 あー!今気づいた。なーんか忘れているよなぁ・・・と思っていたら!ワカメ入れるの忘れちゃった~。くーっ。残念!次回は忘れないぞ(><)

 今回の冷やし納豆うどんは、引き割りにたたいた納豆、しそ、オクラ、ごま、大根おろし、そして自分で出汁をとった麺つゆです。かなりコシが強く仕上がってしまったのですが、まぁ、美味しかったです。コシの強さは粉のせいなのかな~。

 渡米後の麺打ち、前回までは King ArthurOrganic を使っていました。コシの強さもちょうど良買ったのですが、今回は同じく King Arthur All Purpose を使いました。ちょっとコシが強すぎの感アリ。冷やしと温かいおうどんでの違いもあるのかな?冷水で締めすぎてしまったのでしょうか?細かいことを考えると、ちょっと課題が残る仕上がりでした。

 
 さて、夕食後はPCの前にもーりーと二人してスタンバイ!Yahooで無料配信されている映画を楽しみました~(^^)室井滋のでている「のど自慢」。おもしろかったで~す☆

 もーりーは「やっぱり猫が好き」の大ファン!DVDを全部持っています。私はまだ全部見てはいないけど、でも、恩田三姉妹はだーい好き♪渡米前もブックオフへ、持っていく本の買出しに行ったところ、もーりーの選んだ本は半分が室井滋本。今も毎晩読んでいます。(本当は「やっぱり猫が好き」のキミちゃん、小林聡美さんが理想の女性なのだそうですが…。)


 いや~。ここがアメリカだってこと、すっかり忘れた金曜の夜でした。(笑)
とっても楽しかったです(^^)


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪

 
[PR]
by mori_y_sana | 2006-08-20 02:02 | 料理・お菓子作り | Trackback | Comments(14)

たしかその名は、『食べればコロッケ』?!

 最近ようやくもーりーの出社時刻がゆっくりになってきたので、毎日きちんと朝ごはんを食べるようになりました。が、なのに今日はお昼前からおなかぺこぺこ状態…。自分の分だけごはん作るのって面倒なんだよな~…と思いつつ、ふと思い浮かんだあの一品。

 ずいぶん前に従姉妹の家で読んだ平野レミさんの料理本。おもしろい料理がいっぱい出ていて、ゲラゲラ笑いながら見ていた中にあったあの一皿。たしかその名は…

食べればコロッケ!

 さっそく作り方を思い出しながらやってみました~(^^)

ジャーン!食べればコロッケできあがり~♪
c0084837_219231.jpg


 冷凍してあるひき肉を一人分だけ解凍するのは面倒なので、今日はベーコンを細かく刻んで代用です。みじん切りの玉ねぎと一緒に炒めて、ふかしたジャガイモにあえるだけ。刻んだキャベツをお皿にしいて、ベーコン、玉ねぎとあえたジャガイモをのせ、上から、少量のオイルでカラッと炒め焼きしたパン粉をのせて出来上がりです。(笑)あとはソースをかけて食べるだけ!

 揚げてない分さっぱりとしています。パサパサと感じるようならば、玉ねぎやお肉を炒める時に、気持ち油を多めにしてもいいかもしれません。ジャガイモとあえればしっとりとします。たぶんこれ、読んでおもしろがっただけで、実際に作るのは今回が初めてだったような…。我ながら、よくもまぁ、こんなレシピを覚えていたものです。(笑)でもとっても美味しかった!簡単だったし。作ってても楽しかったです。うまくいったから、今度もーりーにも作って食べさせてあげなければ、ね☆

 平野レミさんの本には、他に「ペテン・ダック」というのも載っていたと記憶しています。紅茶と中華なべでやる燻製もどきも。燻製もどきは、その場でトライした記憶があります。ゲラゲラ笑っていた私に叔母が、「材料あるけど、今からやる?」と言ってくれました。燻製にしたかったチーズ、網の下に溶けて流れ、紅茶の燻製チップをチーズ閉じにしてしまい、ここでもゲラゲラ笑いました。

 今日の「食べればコロッケ」、本当に短時間でできました。だってアメリカの電子レンジ、オートメニューにベイクド・ポテトのキーがあるんです。3分くらいで、大きなジャガイモがあっという間に中までホクホク♪びっくりしました。(日本の電子レンジの方が、いろんな機能がきっとあるんだろうけど…。)

ベイクド・ポテトのオート・メニュー・キー
c0084837_2392617.jpg

 H.P.Apartment の備品の電子レンジ、30秒でだいたいなんでも熱々になります。ちなみにジャガイモのパッケージに書かれていたベイクド・ポテトの加熱時間は7分。それでやっていたら…どろどろorガチガチだったかもしれませんね~。セーフ!


 最後は昨夜の失敗料理。(笑)ハンバーグのホイル包み焼にしようと思ったら・・・。ホイルを開けてみるとなんだか白~い…。ロールキャベツの中身か餃子の中身かってくらい…。で、包みを開けたまま、チーズをのっけて再度オーブンで加熱。見事にチーズだけ真っ黒になりましたとさ(TT )

 味はまぁまぁだったけど、なんとも見かけがよろしくないし、大好きなマッシュルームがこんなに小さくなっちゃった!だいたいチーズをのせちゃった時点で、せっかくいれたごぼうの味がどっかにふっ飛んでいっちゃった。(笑)その上、とろけるチーズの存在をすっかり忘れていた私…。スライスチーズじゃ焦げるよぉ!!

 ところで、ホイル包みハンバーグって、やっぱり最初に焼くのかな?普通に??

 失敗は成功の元!今晩何を作ろうかなぁ~。それではみなさん、良い週末をお過ごしくださいませ~(^^)


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-08-19 03:00 | 料理・お菓子作り | Trackback | Comments(10)

なすとトマトのパスタ alla Tennessee?!

 いつもコメントをくださるgrapefruits73さんの素敵なブログ、home sweet homeより、 ☆ イタ~リアンはお好き? ☆に初のトラックバックです。

 美味しそうなナスとベーコンのトマトソースパスタの写真につられ、土曜の夜、わが家でも急遽パスタでディナーとあいなりました(^^)わが家のパスタ、作り始めて30分で、

いっただきま~す!

の簡単バージョンです。それにしても…夜10時近くの夕食…あまりの空腹に(?)盛り付け方が雑だったわん(^^;;(←言い訳)grapefruits73さんを見習わなくっちゃ。(汗)ちなみに、これはもーりー用の大盛りです。(笑)

なすとトマトのパスタ alla Tennessee?!
c0084837_0104565.jpg

↓作る様子はこんな感じ…
c0084837_0151214.jpg


作り方はこんな感じ…

1.フライパン(でなくともOK)に大さじ4杯くらいのオリーブオイルと芽をとりたたいてつぶしたニンニク一片を入れ弱火にかける。(火は後からつけます。)同時に大鍋にたっぷりの湯を沸かします。

2.ニンニクがふつふつと言い始めたらなすの薄切りを入れます。以後ずっと中~弱火。(ここですかさず、ニンニクの半分を取り出し、隣の口火で熱しておいたオリーブオイル入りの小さいフライパンの中へ移します。ここでもう一品!マッシュルームとほうれん草のソテーを作りましょう!ほか何でもOK!)

3.なすに油が回ったらハム・ベーコンなどを加えます。あればこのタイミングで白ワインを少々。

4.ハムやベーコンの油が出たところでトマトの水煮缶を加えます。今回はダイス・カットしてあるものを使用。量は好みですが、2人分なら1/2缶くらいで良いと思います。

5.手持ちの好きなハーブとあらびきの黒胡椒を加え、ふたをしてしばし煮詰めます。今回はローリエ、オレガノ、ローズマリーのドライハーブを使用。

6.トマト・ソースが煮詰まってきたら、塩で味を調えて弱火にし、パスタをゆで始めます。パスタのゆで汁のほうにも塩をしっかりと!

7.茹で上がるな~という直前にトマトソースの火を消し、茹で上がったパスタは直接フライパンのなかへ。ソースをからめて皿に盛り、ハイ、


いっただきま~す!

(この間1分弱!?) 

7.に突入したら、テーブルのセッティングはすでに終わり、もーりーには席につき、飲み物をついで待っていてもらいます。けっこう忙しい。(笑)好みで粉チーズをどうぞ♪

今回飲んだのはこんなアメリカの白ワイン。コルクの代わりにコルクに似せたゴム栓だったのがガッカリ(- -)安かったしね…。辛口でしっかりした味のワインでしたが、やや年数も経ちすぎな感アリ、でした。フレッシュなうちに飲みたかったです。飲み頃を過ぎてしまったので安かったんですね…きっと。ま、飲めましたが、残りは料理酒行き~決定~!
c0084837_0374431.jpg


使ったパスタはこんなのです。思ったより細かった。味はイタリアものだけあり、とても美味しかったです。(よく見たらSpaghettini スパゲッティーニと書いてありますね。どうりで細いわけです。)BI-LOというスーパーで購入。美味しかったのでまた買いたいけど、細さが他のもあったかしらん?
c0084837_0445861.jpg

週に1度地域情報誌とともに入ってくるスーパーの広告。意外と近くないところのも入ってきます。車社会だからかしらん?Publixというスーパーも行ってみたいなぁ。
c0084837_0475231.jpg


 さて、わが家の休日の食卓、いかがでしたでしょうか~。この日は結局ワインは半分も飲まなかったので、無事片付けもきちんと済ませることができました。(笑)(<いったいいつもはどうなってんの?!)ワイン飲んじゃうと、片付けは次の日って時も日本のときはありました~。暴露(^^;; 何しろO型夫婦なので…。でも、イトコが遊びに来ていると、我慢できん!と言ってやってくれる日も多かったです。感謝、感謝。飲まない彼女はAB型。その代わり、何を忘れても必ずデザートは食べる人です。あ~、また一緒にごはん食べたいね~。

 夕飯が10時を過ぎてしまう理由は明白!起きるのが遅いから…。休日はお昼近くに起きて朝(?)ごはん。夕方4時ごろ昼(?)ごはん。しかも出かけていればこんなものを食べてしまいます。日が暮れるのも遅いから、4時が本当にランチタイムに思えてしまう…。

アメリカのマクドナルド。飲み物に氷を入れるとまずくなるのでご用心?!ドリンクはセルフサービスのところが多いようです。ハンバーガーは日本と同じ味に私は感じます。
c0084837_057323.jpg


 ひとくちになすとトマトのパスタといっても10人いれば10通り?!今度はgrapefruitsさんのトマトソースの冷凍ストックを、真似して作ってみようかな~。


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-08-15 01:03 | 料理・お菓子作り | Trackback(1) | Comments(5)

♪ウ~ゥ!ガンボ!

 テネシー州というアメリカ南部に住んでいるので、せっかくだから南部料理を作ってみようではあ~りませんか!

 昨日ゲットしたオクラちゃん!南部と言えばニューオーリンズ!(テネシーじゃないけど。)そうとなったら…

♪ウ~ゥ!ガンボ!


ケイジャン料理のガンボに挑戦でーす!

 たしか見た目はミネストローネとかラタトゥイユとかそんな感じだったけど…味の決め手は一体なんだろ??? 日本から持ってきたアメリカのベジタリアン料理本2冊をひっくり返すもののガンボのガの字も出てきません。あれ?

 しからば、地球の歩き方「アメリカ南部」でどうだ!あったあったありました。しかも作り方までご丁寧に出てました。役に立つね、グローブ・トロッターったら☆(地球の歩き方は海外ではGlobe-Trotter で名が通っているようです。)

ベジタリアン料理の本と、地球の歩き方 アメリカ南部
c0084837_8201539.jpg

 わが家にある「地球の歩き方 アメリカ南部」は、2004年にミシシッピーから帰国したばかりのもーりーに出会った私が、憧れの地であるニューオーリンズやらメンフィスやらに行ったことがあるなんておもしろい人だな~と質問攻めにした後、興味本位でなんとなく買ったガイドブックです。まさかその後自分がその近くで暮すとは、当時はまったく考えもしませんでしたし、中身も実は未だに全然読んでないけれど…。でも、今日やっと、ガンボの作り方で役に立つグローブ・トロッター!2年越しでしたね!(笑)

地球の歩き方に出ていた『シーフードガンボの作り方』
c0084837_822573.jpg

同じく、出来上がり写真
c0084837_8224466.jpg


 んで、作ってみたガンボ。海老などのシーフードやらソーセージやら、好きなものを入れると書いてあります。野菜だけじゃないみたい。全然ヴェジタリアン料理じゃなかったのね~。知らなかった。味の決め手はどうやら唐辛子。Hot'n'Spicy ということらしい。♪Red Hot Boogie~ 書かれている材料はあったりなかったりだったので、基本を押さえつつ、あるもので適当に作りました。

↓以下要約(というか私版アレンジ?)↓

1.カップ4/1の小麦粉をバター20gくらいでとろとろになるまで弱火で炒めてルーを作ります。2.その中にニンニク・玉ねぎ・リーク・ピーマンのみじん切りを入れます。3.別の鍋にバターを少量熱し、スライスしたオクラを炒めて2.に加えます。4.冷凍海老・3カップ位の水、固形のチキンスープの素、トマトの水煮を加えます。5.ローリエ・オレガノ・ローズマリー・唐辛子(種はとる)・あらびき胡椒を加えます。6.灰汁をすくいながら弱火でひたすら煮込みます。7.塩で味を調えて、アルファベットのマカロニを加え、マカロニが煮えたら出来上がり♪ (バターライスを炊いて、上にかけて食べる予定です!)


出来上がったのが、これ。わが家の♪ウ~ゥ!ガンボ!
c0084837_8302525.jpg


 お味はいかに…?

 ヤ・・・ヤッバ~イ(@@) 辛すぎるよ~

私は食べれるけど…。すごく美味しいけど…。大成功!だ・け・どっ(><) ひぇ~。もーりーのごはんどうしよ…。

結局辛いまま二人とも食べました~(^^)
c0084837_1182325.jpg



人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪


 《こぼれ話…憧れの地アメリカ南部…》

 その理由は… その昔、10代の終わりから20代の半ばまで某レコード屋で働いていた私、Jazzやリズム&ブルースなんかが大好きな少女(?)だったのでした~。ルイジアナ、ニューオリンズと言えば、ザディゴなんかもおもしろいな~と聞いていたけど、なんと言ってもプロフェッサー・ロングヘアーが大好きでした。なんかトボけた味がいいんですよね~。おかまのリトル・リチャードや四角いギターのボ・ディドリーもね♪Dr.Johnなどは、ステージを見る機会にも恵まれ…。おやじさん、そういや日本でも2ステージやってたからすごいよね~。

 もーりーのミシシッピーでの写真の中に、ライブハウスで洗濯板をかき鳴らしている写真を見つけたときは、そりゃ~もう、たまげましたよ。知っててやってんのかと思った。なんだか分からぬまま、ステージに上がらされてしまったみたい。う、うらやまし~!ボ・ガンボスのファンかと思いましたよ、てっきり。(笑)<いや、僕はMOD'Sファン。(もーりー談)

ニューオーリンズで踊る洗濯板男、もーりー。(3年前なのに今よりふけてる?)
c0084837_1195986.jpg

[PR]
by mori_y_sana | 2006-08-10 08:54 | 料理・お菓子作り | Trackback(1) | Comments(8)

おいしいもの3連発~!!!

 今日は朝から美味しいもの三昧。幸せな1日でした~(^^)

1.TAMAさんの合衆国の片隅で経由で、いづみ工房 さんというブログへ行ってきました。そこで紫蘇サンドなるものを発見!朝食時だったので、さっそく試してみることに…。いづみ工房さんのオリジナルは紫蘇、ハム、トマト、マヨネーズをトーストに乗せるというものだったのですが、私は生のトマトが苦手で買い置きがないので、冷蔵庫の中にあったもので適当にアレンジいたしました。

 見つかった具は、紫蘇、スライスチーズ、ハム、きゅうり、マヨネーズ。パンは冷凍してあったバゲット2切れ。

いづみ工房さんの紫蘇サンドを参考に…
c0084837_1374180.jpg


 ものすごーく美味しかったです!紫蘇の香りがさわやかで。。。バゲットでやるとスペインのオープンサンド、ピンチョのようになりました。これはイケます。きっとトマトが好きな方なら、「いづみ工房」さんのオリジナルがおいしいですよね!ドライトマトなら食べられるから、手に入ったらやってみようかな…。シソといえばバジルもシソの仲間だし、トマトとの相性はいいですよね。モッツァレラチーズなんかのせたら、和風ブルスケッタになりますね~。マヨネーズの代わりにオリーブオイルたらしても美味しいのかも…。「いづみ工房」さん、美味しいものを教えてくださってありがとうございます♪


2.お昼は I さんのお宅へごはんをいただきに行きました。純和食!感激!! カメラを持っていくんだったーーー。失敗。妊婦さんなのに、日本からはるばるダンナ様のために、2キロのお米を2袋も持ってきたツワモノ。いつも I さんにはビックリさせられます。(笑)

ごちそうになったのは、トン汁、ゆかりのおむすび2ヶ、きんぴらごぼう、肉じゃが、温野菜、ほうじ茶、アメリカンチェリー。トン汁、超~美味しかった~♡ I さんのトン汁に入っていた大根!うちのと違って柔らか~いこと!K&S World Market (旧Tennessee Days 参照)で大根やえのきを仕入れたとのこと。うー、今度買いに行こう。


3.わが家の夜ごはん。

ひよこ豆のキーマカレー(キーマダルもどき)&ナン☆
c0084837_1327368.jpg

 今日もル・クルーゼのリュで保温調理。 I さんのおうちに行く前に夕飯の支度。朝の10時から…(^^; 繊維ばりばりの大根の煮物も、みじん切りにして入れました。

 独身時代に、外国人と一緒に働いてみたいという動機で、少しの間だけバングラディッシュの方のやっているカレー屋さんでアルバイトをしたことがあります。しかも会社の休みの日の夜…。そこでは調理は一切しなかったのですが、ルーを煮込むときいろいろな野菜と一緒に、大根を丸ごと1本入れていたのを思い出しました。その真似事。

 ナンも適当に思い出しつつ…。小麦粉に少しのオリーブオイルと砂糖、プレーンヨーグルトを混ぜて…。ヨーグルト、入れすぎてしまってゆるゆる・・・。粉を足すこと数回。足りなくなってWhole Wheatの粉まで足して…。やっと落ち着きました。焼くまでは枚数分に切って丸めて、ラップをして冷蔵庫の中へ。

 夜食べる直前に、よく見るナンの形に伸ばしてオーブンへ。ここだと華氏450度で5分くらい。日本なら摂氏200度で8分くらいかな?(大きさによりますね・・・。)焦げぬよう、様子を見ながら焼きます。焼けたらバターを薄く塗って、バターナンの出来上がり!なかなかの仕上がり☆

 ナンをちぎってはカレーにつけ、手で食べました>^_^<美味しかったでーす!


 最後は製作話し。昨日ウォルマートで布をハーフヤード買ってきました♪日本から暇つぶしに裁縫道具とTOYOTAの安いミシンを送っておいたのです(^^)v

↓何を作るつもりかはまだ内緒。出来たら写真を見てくださいねー。
c0084837_13451334.jpg


PS:
マーフリースボロ市内のStone River Mall に、数種類ですがエッセンシャルオイルを扱っているお店を発見!Bath&Body Works ではありません。(お店の人に聞いたら "anymore" と言っていたので、以前は扱っていたのかもしれませんね…) Scents Of Creation という香りのグッズを売っているお店です。ちょっとヒッピーの香り??? ティートリーとベルガモットを買いました。やったー♪


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-08-03 13:53 | 料理・お菓子作り | Trackback | Comments(16)

保温調理:蒸し鶏の照り煮

 ここ数日イベント盛りだくさんだったので、今日はな~んもない暇な日…。というか、暇、ではないよ~。本当は遊びほうけている場合じゃないのだー(^_^;)毎日毎日…。家の中はどうなってんの?!

 さて、本日久しぶりに料理をしました。といっても、実際には私はほとんど何もしていないのですが!調理したのはエクセレントなお鍋、我ル・クルーゼのリュ。そして万能蒸し器くん。

 買って冷凍しっぱなしだった鳥の手羽元5本を朝のうちから解凍(ただ冷凍庫から出してほっぽっとくだけ。)し、解凍できたころ万能蒸し器くんを使ってお酒とお水で蒸し上げます。15分くらい?鳥の余分な油や灰汁はみーんな多分おちているはず。

 蒸し上がったら、刻んだにんにく、しょうがの入った醤油だれ(酒・みりん・ごま油)と一緒にリュの中へ。ついでに煮ておいて食べそびれている大根も、昆布・煮汁もろともリュの中へ。最後にリークの青い部分をテキトーに切って(10センチくらい?)覆うようにかぶせ、ふたをして弱火で煮ます。沸騰するまで。

 沸騰して5~10分したら火から上げ、ふたをしたまま鍋ごとタオル2~3枚で包んで保温調理。ハイ、これで夜になってもーりーが帰ってきたら温めなおして食べるだけ♪

蒸し鶏の照り煮
アメリカの大根ってものすごい繊維質…ちょっと歯が立たないかも~(TT) 煮てもあんまり美味しくなかったです…。手羽元はと~ろとろ!でおいしかった♪
c0084837_1329842.jpg


↓ヤムウンセン(タイの春雨サラダ)もどき。海老や長ねぎ、さらし玉ねぎ、シソを入れて。本当は辛いサラダだけど、もーりーは辛いのが苦手なので唐辛子は飾り程度に…。
c0084837_1332265.jpg


↓残った煮汁は瓶に入れて保存。次はこれで何を作ろう?焼とうもろこしのタレにでもしようかな~?煮汁の2次利用も楽しいよん♪複雑な味になります。
c0084837_13374668.jpg


↓肉じゃがの煮汁の2次利用でひじきを煮ました。(もうだいぶ前)
これで最後の食べ切り。おいしかった~。
c0084837_1340129.jpg


 保温調理、煮汁の2次利用、ともに基本は魚柄アイデアです。(やり方は私流のテキトーです。)仁ちゃん、アメリカでもしっかり有効だよ~(^^)v 良いアイデアをありがとう!

 昨夜はタイ・ラオス人のサムさんの豪邸(13エーカーもある)を訪ねた私達。なんとなくタイ風のサラダが食べたくなってヤムウンセンもどきを作ってみました。暑い日になかなか良かったです。パクチーの代わりにシソ。唐辛子の代わりにポン酢醤油で。

 今夜はもーりーが早く帰ってきたので、夕方はウォルマートへ遊びに(?)行って来ました。ご飯の支度済んでいると安心ね♪こんな時便利なのが保温調理の魅力です。


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-08-02 13:47 | 料理・お菓子作り | Trackback | Comments(8)