カテゴリ:観光( 6 )

ナッシュビルのブロードウェイ

 FRIST Center of the Visual Arts に行った帰りに、ナッシュビルのダウンタウンを車でひと走り。ここもやっぱり目抜き通りはブロードウェイと呼ばれています。駐車場もちらほら有りそうだし、今度は車をとめてゆっくり歩いてみたいな♪

お尻だけで失礼!馬車も走っています
c0084837_9522937.jpg


カラオケもあり♪
c0084837_9534053.jpg


こんな素敵なホテルもありますUnion Station Hetel
ちなみにFRIST Center は、このユニオン・ステーション・ホテルの隣です。
c0084837_957599.jpg


ナッシュビルはカントリー/ブルーグラスの街として有名
c0084837_9592614.jpg


ブロードウェイを I-65の入り口目指して走ります
強烈な日差し!サングラスをかけていてもまぶしいっ!!
c0084837_1012580.jpg


 ねぇ、もーりー、次は KOBE STEAK 食べに来たいなぁ~♪(笑)


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-11-29 10:07 | 観光 | Trackback | Comments(2)

FRIST Center of the Visual Arts

 本日3つ目の記事の更新です。
11月25日(土)、ナッシュビルの美術館へ行ってきました。

 先月末に、近所にお住まいののっとちゃんのブログで、ナッシュビルにFRIST Center of the Visual Arts という素敵な美術館があることを知りました。渡米後どこかにおもしろそうな美術館はないかな~と探していたのですが、キーワード検索で探せたのはテネシーのステイトミュージアムのみ・・・。帰国までには行きたいけれど、それ程そそられる企画展もなかったので、美術館に行こうという気持ちもすっかり忘れかけていたところでした。

 が・・・!11月の頭からその FRIST にて、Extra Ordinary というタイトルのアメリカ現代美術展があるというではありませんか!しかも引っ張ってくるのはNYCのホイットニー美術館の所蔵品!!やった~!!!数年前に訪れたホイットニー美術館、ドネーションで入れる日だったからか入れ替え中で、大御所の作品は見られずじまいだったのです。。。今回はウォーホルはもちろん、ロイ・リキテンシュタイン、ジャスパー・ジョーンズ、そしてマン・レイなどなど・・・まさかテネシーで見られるとは思わなかった(^0^)(マン・レイはちょっと意外な気がしたけれど、アメリカ生まれ・ヨーロッパ活動のシュールレアリストなんですね。なるほど~。)

 アメリカにいる間に、もーりーのまだ行ったことのないNYCへ行こうという話しもあったのですが、どうも距離や費用を考えると、日本からもっとリーズナブルなプランがあるような気がしてNYC行きは今回はやめ。でもいつか、一緒にメトロポリタンやグッゲンハイム、MOMA、ホイットニーなどの美術館めぐりをしたいな~と思っていました。うーん、なんてラッキー♪

 で、さっそく行ってきました(^^)

FRIST Center of the Visual Arts
駐車場側から見た入り口です。
c0084837_6261941.jpg

FRIST Center of the Visual Arts
919 Broadway,
Nashville, TN37203

入り口にはデデーンと大きなWayne Thiebaud のパイ・カウンターが・・・(笑)
ギフトショップにもWayne Thiebaud の2007年のカレンダーが売っていました。高速を降りてブロードウェイを走ると、目の前のFRISTセンターの壁の上方には、リキテンシュタインの静物画が見られます。(写真撮ればよかったな~)
c0084837_6265075.jpg


まずは併設のカフェで腹ごしらえ
オープンテラスで気持ちのいい空間はさすが美術館のカフェですね~♪メニューはスープやサンドイッチ、サラダなど。サンドイッチは温かいのと冷たいのとあり、半分でもオーダーできます。
c0084837_641298.jpg


私はイタリアングリルサンド
イタリアンサラミにチーズ、トマト、ブラックオリーブがたっぷり♪ハーフサイズでオーダー。
c0084837_6441086.jpg


もーりーはツナサンド
これもハーフサイズでオーダー。付け合せは両方ともカリカリのポテトチップス。
c0084837_6444512.jpg


展示品は写真にはおさめられませんでしたので、パンフレットだけでも・・・
右がエクストラ・オーディナリー展のパンフレット。表紙はTony Feher の Suture という作品の写真です。展示品は写真ではなく実物。こういうオブジェが現代アートのおもしろいところでしょうか・・・?! (左は同時開催のジュエリー展のもの)
c0084837_6463541.jpg


 展示会場はこじんまりした大きさでしたが、休日のわりには人も少なく、ゆっくり見ることができました。久しぶりの美術館、とっても楽しかったです。展示を見終わった後、2階にあるArt Quest という体験コーナーですっかり遊んでしまいました。

1.Draw
まず、ミルクチョコレートのパッケージをデッサンします。(by SANA)
c0084837_785416.jpg


2.Simplify
それをシンプルにして・・・
c0084837_7102356.jpg


3.Exaggerate
デフォルメ?!
c0084837_7114113.jpg


もーりー、光と影の表現に挑戦
ボールを持った手の石膏をデッサン。いつも優しいタッチで描くのがもーりー流。
c0084837_716748.jpg


デッサンしているもーりーの後ろから私も挑戦!
「25」というのは入場券のしるしで、見学中に衣類などに貼っておくものです。
c0084837_7174810.jpg


鏡を見ながら自画像に挑戦
c0084837_729931.jpg


アップでどうぞ?!うふっ♡
c0084837_727591.jpg


外へ出るとダメ出しの飛行機雲が?!(笑)
c0084837_731153.jpg



 10代の終わりは美術学校に通っていたので、1日に30体くらいの人物画を毎日描いていました。(1ポーズ10分間というデッサンタイムの繰り返しです。ちょっと変わった美術学校だったかもしれません。)鉛筆を使って何かを描くのは久しぶりで楽しかったです。本当はリトグラフの体験がやってみたかったな~。。。また行っちゃう?!

 のっとちゃん、素敵なところを教えてくださってありがとうございまーす(^0^)


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-11-28 07:38 | 観光 | Trackback | Comments(10)

Nashville Zoo ナッシュビル動物園

 日曜日は曇り空でとても寒~かったのですが、天気予報を見たら雨は降りそうもないし・・・、予定通りナッシュビル動物園 へ行ってみることにしました。

Nashville Zoo at Grassmere
3777 Nolensville Pike
Nashville, TN 37211
(615) 833-1534

ナッシュビル動物園の入り口
c0084837_7101463.jpg

なぜかスペイン語のパンフレットをもらってしまったわたし達・・・(笑)
冬季の入園料、大人は8ドル(2006年10月現在)。気軽に行かれる値段かな?!
c0084837_712463.jpg

中はハロウィン仕様
Ghouls at Grassmere October 20 - 22 & 27 - 29 この期間は夜も開館しているそうです。詳しくはこちらを。
c0084837_7183724.jpg

カラフルな鳥達。
この鳥の好むジュースのようなものを1ドルで購入し、自分で肩などに乗せて飲ませている人もいました。子供のためにがんばるパパの姿が目立つ?!
c0084837_7142411.jpg

アフリカ象
ギフトショップには、この象さんたちが、お鼻で筆を持って描いた絵が売っていました。フットプリント(足跡)も!なかなか素敵でしたよ♪(額ナシで70ドルくらいです。)
c0084837_7161750.jpg

豚さんかな?! 声は犬みたいだった・・・???
c0084837_71781.jpg

キリンさん、近づいてきてくれました。 
c0084837_7232440.jpg

いたいた!ここにも!動きが笑えるミーアキャット(笑)
c0084837_7242214.jpg


 Unseen New World (だったかな?スペイン語のパンフレットによると、El Nuebo Mundo desconocido 知られざる新世界?!)という建物を発見!入ってみると中は暖か~い!熱帯(アマゾン)などに生息する、かえるやワニ、蛇、亀、蜘蛛などなどの展示が…。怖いもの見たさで進んでいくと…。どこにいるのかなかなか分からない(^^;; あ~、いたいた~!

ガラガラ蛇
c0084837_736286.jpg

ワニ ワニって目がかわいいんだよね・・・
c0084837_7373770.jpg

ワニガメ?! 
左下に顔があるんですが…岩と顔の境目がわかりにくいですね…(^^;
c0084837_741010.jpg


 もっといろいろ、深海のナマズやら、夜行性の蛙やらいたんだけど、何しろ暗かったので撮影は断念…。でも、なかなかおもしろかったです。

ホワイトタイガー 寅年、トラ好きのもーりー興奮?!
c0084837_7433742.jpg

こんな素敵な竹林もあります
c0084837_7445247.jpg

豹、なのかな?!
高い木の上には、ねこ科の動物らしく、顔を手で洗っている(?)一匹も…。かわいい。
c0084837_7452124.jpg

アライグマ?!レッサーパンダ?!
むくむくしていてかわいい奴ら。抱っこしてみた~い。(ちょっと重そうだけど…。)
c0084837_748841.jpg

この子は何ざる?めがねざるかな?
c0084837_7491277.jpg

これもわからん…。 やたら尻尾が長い。尾長ざる?(そんなんいる??)
c0084837_7504832.jpg

滝の向こうに見えますか?豹のような・・・
どこに何がいるんだろう???と思っていると、係りの女性がLook at behind the water! (滝の後ろを見てごらんなさい!)と声をかけてくれました(^^)
c0084837_7531660.jpg


 寒い日でしたが、久しぶりの動物園とっても楽しかったです♪帰りに動物園の近くの、Fazoli's ファツォーリズ(?)というイタリアンのファーストフードでお昼ご飯を食べました。

セットのサラダ クルトンは自分でのせます。
かなり攻撃的な酸っぱさのイタリアンドレッシング(T T)お願いもっと優しくして~!
c0084837_8103437.jpg

もーりーの食べた”焼ピザスパゲッティ”なる食べ物
パンは追加を何度も持ってきてくれます。そんなに食べ切れませんが・・・(笑)
c0084837_8132091.jpg

私はトマトソースのスパゲッティ
c0084837_8135953.jpg


 夜は、前日に仕込んでおいたタンドリーチキンを焼いて食べました。先日chiblits さんのサイトAnyrecipe 英語版 に出ていた タンドリーチキン を見て、どうしても食べたくなってしまった私。さっそく土曜日に手羽元を仕入れ、プレーンヨーグルトと砕いて粉状にしたジャワカレーのルーを合わせたものに漬けること一晩。かなり手抜きでしたが、ほんのりカレー味のチキングリルができあがりました~。本格的に作りたい方は、ぜひchiblits さんのレシピを参考になさってくださ~い。(次回は私も”本格派”でやってみたいと思います。^^;)

 タンドリーチキン、イトコのつーつーが、BBQやるときに必ず作ってきてくれるんだよね~。いつもけっこうしっかり味がついていたけど、作り方今度聞いてみよう。

タンドリーチキン
c0084837_8251947.jpg


付け合せには再びレンズ豆
今度はアスパラガスとほうれんそうと共に。
c0084837_820770.jpg


 なかなか有意義な週末でございました(^0^)


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-10-25 08:35 | 観光 | Trackback(1) | Comments(11)

SEE ROCK CITY! (2)  世界一のケーブルカー

 三つのアトラクション(というか見学+ケーブルカー・ライド)のセットになったチケットを買っていた私たち。ルックアウト・マウンテンを見た後は、Ruby Falls ルビー・フォールズという洞窟内の滝を見に行きました。ホテルのフロントのような入り口を入ると、すでにちょっとした行列…。ふと見上げるとこんなような注意書きが…

見学には1時間かかります。トイレはありません。
見学前にトイレは済ませましょう!

 ふーん。いつもだったら不安になる私…。でもこのときはなぜかトイレに行きませんでした。(結局、平気だったけど…もし行きたくなっていたらと考えるとゾッとします^^;;)

 「ルビー・フォールズを見るのに1時間もかかるんだね~。」とのん気なことを言っていられるのも今のうち。この洞窟内の滝、閉所恐怖症の暗所恐怖症、そしてトイレの近い人にはちょっとおすすめできません(^^;;あと、気が短い人も…。

 エレベーターで地下390メートルへ降りてからツアーはスタート。妙にテンションの高いエレベーターボーイの案内で、我らが案内人ジョンが紹介されました。洞窟内は狭かったりでこぼこがいっぱいあったりで危険なため、このような案内人について見学します。

 …が、このツアーが曲者。ほとんど洞窟内は、人がやっと一人通れるくらいの細~い通路…。途中数箇所の少しだけ広い空間を利用して、往路を進む人たちと復路を進む人たちがすれ違う仕組みになっています。そしてすれ違う時は帰る人が優先…。よって、滝を見るまでに何度ストップしたことか…(><)それはまるで、某有名遊園地でファストパスをとり損ない、延々何十分も列に並んで待つような感じです。

 また、暗く狭い洞窟内は妙なプレートが沢山。鍾乳洞のいろいろな形にタイトルをつけて展示してあるというB級ぶりです(^^;;例えば…象の足、ロバ、タバコの葉、ベーコンとポテト(笑)、ステーキとポテト(笑)などなど…。ナイアガラの滝というのはまともな方だったな…。普通は鍾乳洞や鉱物についての説明とかありそうなもんなのに~;;

そのしょーもない展示(?)スタイルをちょこっとだけ…見ます?
c0084837_7542363.jpg

 で、なんだかくたびれた~感の漂う中、やっとルビー・フォールズに到着。ガイドブックやパンフレットの写真で、なんとなくルビー色に輝く滝の写真を見ていたのですが、別に天然でルビー色をしてるとかそんなんでは全然なく、ルビーと言うのは、発掘者の奥さんの名前だということでした(ーー)なーんだ。しかも効果音やらライトアップやらの映画ばりの大演出…。かなり興ざめの瞬間…。「自然に手を加えちゃいかんのですよ~」の代表のようなルビー・フォールズ見学でした。(笑)

ルビー・フォールズのサイトからお借りした写真
c0084837_813741.jpg
実際に撮った写真(^^;; 見えん、って。
c0084837_831747.jpg



 んなわけで、そうとううんざりして出てきた私たち。一番乗りたかったインクラインに間に合わなかったら大変!と、急いでケーブルカーの駅に向かいました。(笑)結局ルビー・フォールズの見学にかかった時間は1時間40分でした。トホホ…。

 気を取り直して、今回の最大の目玉、Incline Railway インクライン・レイルウェイへ♪ このケーブルカー、世界でもっとも急勾配の登山鉄道のひとつと言われているらしく…。ゆっくり進むけれども、下を見るとそれはまるでジェットコースター並み(T T)こわい~。チャタヌーガの街をゆっくりながめる余裕はあるかな???

ケーブルカーの上の駅から乗りました。
持っていたチケットを係りの人に渡すと、この機会にあらためて通し、正式の往復切符を渡してくれます。
c0084837_865886.jpg

ここで買っても良いみたい。
c0084837_882365.jpg

いよいよ出発。
こんな急斜面を下っていくのです…。ひぇ~。
c0084837_838278.jpg

ちょっとだけチャタヌーガの街並みを見る余裕が?!
c0084837_820013.jpg

だんだんゆるくなってきて…
c0084837_8205494.jpg

もう一台とすれ違います。 下の駅まであと少し。
c0084837_8215341.jpg

到着~(^^)
c0084837_8233489.jpg


 なかなかスリリングな登山電車でございました。さてと、復路はあと30分後くらいかな?向こうのカフェでコーヒーでも飲みましょうかね。…と道を渡ったところにあるピザハウス。コーヒーなんて置いてなくて、あるのはピザかアイスクリームかソフトドリンク。やや涼しい中、アイス大好きのHGさんはヴァニラアイスのホット・ファッジ・サンデー、私はクッキー&クリームのアイスクリーム、もーりーはコーラで休憩しました。写真を撮り忘れちゃったけど、とても美味しいアイスクリームで、珍しく3段重ねだったにも関らず、完食いたしました(^0^)甘さ控えめ、ばんざーい♪

最後に記念撮影
この後、最終便で再び急斜面を登っていきました。
c0084837_8301535.jpg



 帰りはまん丸お月様がぽっかり(^^)中秋の名月だったんですね~。


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-10-10 08:41 | 観光 | Trackback | Comments(14)

SEE ROCK CITY! (1)  行楽の秋、ロックシティへ

 九州からミシシッピーへ出張に来ているもーりーの先輩HGさんが、出張内出張でテネシーへやってきました。会えるのを楽しみにしていたもーりーは大喜び♪週末は3人で、テネシーとジョージアの州境、チャタヌーガへ行ってきました。目当てはRock City ロックシティという自然公園。(住所はジョージア州になっていますが、テネシー州チャタヌーガのダウンタウンより車で10分程度のところです。)

HGさんの借りている車、Pathfinder に乗ってチャタヌーガへGO☆
「僕もこの車が借りたいなぁ。」もーりー談
c0084837_422961.jpg

 10時ごろマーフリースボロを出発。I-24を南東方向へ。ちょうどお昼前に到着しました。チケット売り場で見たいアトラクションを選びチケットを購入します。(予めセット価格のチケットが何種類も用意されています。)

 わたし達は、7つの州が一望できると言うルックアウト・マウンテン と、洞窟の中にある滝ルビー・フォールズ、そして世界最高の急勾配ケーブルカーのひとつと言われる インクライン・レイルウェイの3つを選びました。一人39ドル。(2006年10月現在)

チケット売り場
c0084837_5532754.jpg
屋根の風見鶏がかわいい(^^)
c0084837_5534695.jpg


入り口にはこんなディスプレーが…
c0084837_4251933.jpg

 ロックシティはナショナルパークではなく、プライベートパーク。つまり公立ではなく私立。その昔、集客に苦労したオーナーが、チャタヌーガへの沿道にある農家へ「”SEE ROCK CITY (ロックシティを見よ!)”と納屋の屋根に書かせてくれたら、ペンキをタダで塗ってあげる。」と持ちかけ宣伝活動したのだとか…。お土産売り場にも、その納屋をモチーフにした小物が沢山売っていました。

途中の山道にはこんな鳥小屋も。
c0084837_4303483.jpg


BIG ROCK GRILLで登山(?)前の腹ごしらえ。
c0084837_4224122.jpg

チーズバーガーのセット。 美味しかったです(^^)
他には、ハンバーガーが数種類とフライドチキンなど…がありました。
c0084837_4243134.jpg

お土産屋さんを通って、山道へ出られるようになっています。
c0084837_4333388.jpg


 Rock City ロックシティとはよく言ったもの…岩と岩の間の細ーい道を登っていきます。登山とは言ってもハイキング感覚。通路も用意されており、順路どおりに進めば、あっという間に頂上に到着です。

こーんな細い岩の間を縫って行きます。
c0084837_594673.jpg

通れるかな?
c0084837_440130.jpg

岩のトンネルの上を見上げると…
c0084837_4404059.jpg

なになに?スイング・ア・ロング・ブリッジ?!きゃー!つり橋?!
c0084837_4412360.jpg

なーんてことなかった。(笑い、引きつってる???)
c0084837_442567.jpg

余裕の人たち
c0084837_4435482.jpg

でも実はこんな感じ… (たいしたことない?)
c0084837_4552551.jpg

「熊がいるよ~」「え?どこ?ヤギじゃないの?」
「あ、Bear ベアじゃなくてDeer ディアだ…。」
「え?Deer?鹿??ヤギじゃないの?」
c0084837_5341342.jpg
The White Fallow Deer
白いけど鹿だそうです。
c0084837_5343146.jpg


ジャーン!ルックアウト・マウンテンの頂上へ到着~v(^0^)v
こんな風に笑って立っているところは…
c0084837_4525158.jpg

実はこの先端!
c0084837_4555151.jpg

さっそく七つの海…じゃなかった、七つの州を見てみよう!
c0084837_45739100.jpg

ノース・キャロライナ
c0084837_52622.jpg
ヴァージニア
c0084837_525057.jpg

ケンタッキー
c0084837_533191.jpg
テネシー
c0084837_535721.jpg

サウス・キャロライナ
c0084837_543867.jpg
ジョージア
c0084837_55992.jpg

アラバマ
c0084837_554479.jpg

↓墓石ではありません(笑)この上には国旗と各州の旗が…。
c0084837_5251525.jpg


 ルックアウト・マウンテンの頂上の岩場には、実は大きな滝があるんです。ではその滝の見えるObservation Point オブザヴェーション・ポイント(展望台?)を目指してレッツ・ゴー!

 少し山道を下っていくと音楽が・・・。♪♪♪~♪

10月の週末はドイツビールとダンス、バンド演奏のイベントがありました。
c0084837_535598.jpg
楽しい演奏の音が山道に聞こえてきます。
c0084837_5353288.jpg

Mrs.Mayor メイヤー夫人
HGさん「あの人男だよね?」
もーりー「間違いないですね、男です。」
私「え~?あ、本当だ!Can I take your picture? (写真撮らせてください!)」(笑)
c0084837_5175246.jpg


展望台(?)から見たルックアウト・マウンテンの滝
c0084837_5185098.jpg


1000トンの岩を…
c0084837_5294586.jpg
たった2つの小さい岩が支えています。
地震国では考えられないけど、補強は一切なし!
c0084837_5304791.jpg



 そして…岩山の中にあるフェアリーランドを抜けると…、ルックアウト・マウンテンのツアーは終了。出口もまた、入り口だったはずのお土産家さんへ戻ってくる仕組みになっています。

フェアリーランド
地下に妖精や小人の人形達が物語のように飾ってあります…。
「わざわざ自然の中にこんなん作らんでもなぁ…(^^;」という声も。たしかに(笑)
c0084837_5413414.jpg


ルックアウト・マウンテンの入り口(?)で最後にパチリ☆
実際にはこれを車で左にさらに進むとルックアウト・マウンテンへ。歩いて右へ行くとルビー・フォールズです。
c0084837_5433255.jpg



 お次はルビー・フォールズと、今回の目玉、世界最高傾斜を誇るケーブルカーに乗りましょう!


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-10-10 05:46 | 観光 | Trackback | Comments(6)

Tims Ford State Park ティムズ・フォード州立公園

 土曜日はあてもなくドライブに行ってきました~(^0^)まだ行っていない南方面へGO☆

着いた所は、Tims Ford State Park という州立公園の湖
c0084837_0245587.gif
 
 I-24には乗らず、下の道ルート41を南下。Coffee County コーヒー・カウンティのマンチェスターという町を抜けて、今度はルート55をやや西側へ走りました。どうやらもーりーは最初っから、湖を目指していたみたい…。

 ちなみにここマーフリースボロは、スマーナやラヴァーンという町と一緒に、Ratherford County ラザフォード・カウンティと呼ばれている地域です。(市、町の区別がよく分からないので、ここでは便宜的にすべて町と表記しました。あしからず…)カウンティと言うのは、辞書で引くと「郡」と出てきます。カテゴリの大きい順に、州→カウンティ→町、なのかな…?

久しぶりにこーんな山道も走ったよ。箱根みたい…。
空が青いのではなく、この場合、これは車のフロントガラスです(^^; でも天気は抜群♪
c0084837_133118.jpg

Tims Ford State Park のビジターセンターの前にて…
ワイルド・フラワー図(笑)。本屋さんでも、テネシー州のワイルド・フラワーズの図鑑などが売っているのを見かけます。
c0084837_0341479.jpg

ビジターセンターはこんな感じ
c0084837_0431587.jpg

 10,700エーカーもあるという大きな湖、ティムズ・フォード・レイクをぐるりと囲んだ州立公園。この公園では、ボートに乗ったり、釣りを楽しんだりはもちろん、サイクリングやハイキング、キャンプ、ゴルフなどなど、様々な遊びが楽しめるようになっているみたいです。

ちょっとこの雲、富士山みたいに見えませんか~?「見えねぇよ!」(もーりー)
c0084837_0455525.jpg

 「楽しめるようになっているみたいです・・・」と言うのは、今回は無計画なドライブの果てにたどり着いたため(^^;; 計画的に来れば、いろいろ楽しめるところだったんだなぁと…。とくに目指すものもなく、貸しボートの船着場までやってきました。

海のような、湖!気持ちいい♪
c0084837_1263840.jpg

ものすご~く大きい!と思うけど、ここはきっとほんの一部分…。
c0084837_1282762.jpg

まだ夏?ってくらい暑かったので、おおきなアイスクリームを二つペロリ!
c0084837_0471347.jpg
というのは、う・そ!1個はもーりーの。ヴァニラと、Moose Crackers というアイス。ムース・クラッカーズ はクッキー&クリームのようなベースに、ナッツやチョコレートが入っていました。おいしい♡

 ジャジャーン☆もーりー、やってくれました。
I "am" Vanilla. (僕、ヴァニラ~。)
↑でもこれって、やっぱり日本語で文字にすると、なんら変なところはないんだよね…。そしてそのとおり(?)、お兄さんもおばさんも変な顔ひとつせず、すんなりヴァニラアイスクリームを出してくれました。別に何だっていいんだね、きっと…。ヴァニラだって分かれば…。"am"なんて、はっきり聞こえちゃいないのかも♪

 むしろ私の方が人のこと、言えない…。お店のおばさんにハテナをいっぱい飛ばさせてしまいました(^^;; ムース・クラッカーズって何でできてるの?って聞きたかったのに、アイスを2個受け取った後にタイミング悪いヘンな質問をしてしまいました(T T)。
Is this Vanila and Chocolate?
(これ、ヴァニラとチョコレートですか?)

Did you orderd Vanilla and Chocolate???
(あなた、ヴァニラとチョコレートを注文したの???)
いえいえ、違います。いいんです、ムース・クラッカーズで…。私が聞きたかったのは、材料のことでして…。って、今こうして自分で文字にしてみると、質問の変さ加減がよく分かる…(^^;; 発音がワリィんかい?と、2回も言い直したけど、余計ハテナが…(汗)発音じゃなくって、そもそもトンチンカンな質問でございました。
 
What is this(Moose Crackers) made from?
(これ- ムース・クラッカーズ - って何でできてるの?)
って聞かなきゃいけなかったのでした…ね。おばさん、混乱させてごめんね~。言い直すのも止めてしまって、すみませ~んと、そそくさと外に出てしまった私。こっちの方が始末が悪かったです。

アイスクリームの種類はたくさん♪
c0084837_1272315.jpg

貸しボートもありました。
c0084837_1321653.jpg

湖の付近を歩いたりはできないみたい。浜(?)のようなところは見当たりませんでした。
c0084837_2254978.jpg



 ここでまたまたトイレネタ



トイレに貼ってあった注意(?)書き
c0084837_1391368.jpg

IF DOORS ARE LOCKED, BATHROOM IS IN USE.
(もしドアに鍵がかかっていたら、トイレは使用中です。)
「あはは~(笑)。なんでわざわざこんなこと書くんだろう?」…と、思うでしょう?日本だったら。

 これは、裏を返せば、『いつでも自由に使っていいよ』みたいな感じで、アメリカに限らず、外国へ行くと、トイレは必ずしも自由に使っていいところばかりではないのです。自由に・・・と言うとちょっと本当は語弊があるのですが…。

 安全のための処置だと思うのですがあらかじめトイレに施錠してあり、使いたい人はお店の人に申し出て鍵をもらってから使う…というところもけっこうたくさんあるのです。だからここの場合は、お店に鍵をもらいに来なくてもいいよと言う意味。もし鍵がかかっていたら、それは誰かが使っているのですよと…。

 逆にあらかじめ施錠してあるところがあるのを知らないと、実は誰も入っていないのに、鍵がかかっているからと、延々待っちゃったりとかね…。早く入りたいのにィ。(笑)ややこしいですね、ちょっと(^^;;

 そういえば今回の渡米では、まだ鍵をもらうタイプのお手洗いに出くわしていませんね…。都会だけのなのかな~、そういうのって。

 NYのとあるスターバックスでも鍵をもらって入ったし、ヴェネチアでトイレに入りたくて立ち寄ったマクドナルドでは、買い物をしたレシートにトイレを使うための暗証番号が印字してあって、それを入力しないと鍵が開かないシステムでした。しかも男女別の番号。また、同じくヴェネチア(ヴェニス)のサンタルチア駅では、入り口に受付があって(!)、4~5人のおばちゃんにチップを払わないとトイレに入ることができませんでした。ちなみにそこには、シャワールームもありました。今はどうなのかな~。

 おもしろいですね、こういう違いってのも…。以上、トイレところ変われば☆☆☆でした♪

あんなに晴れて暑かったのに…。
家の近くに来たら大雨…。道路が湖のようになってしまいましたとさ~(@@)
c0084837_203287.jpg



人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-09-26 02:19 | 観光 | Trackback | Comments(12)