Akeelah and the Bee  言葉の力と心の中から来るもの

c0084837_213283.jpgAkeelha and the Bee

 今回は映画の話ですが、ろみいさん椿さんの記事にトラバしつつ書いてみたいと思います。(映画をこれから見たくて、内容を知りたくないという人は、ここから先はお読みにならない方がいいかも・・・です。よろしく~♪)

 スターバックス・エンターテイメントの映画第一弾という、Akeelha and the Bee (アキーラ・アンド・ザ・ビー)のDVDをお友達に貸していただきました。(これは日本でも上映されているのかな??)

 この映画はアメリカで実際に行われている、ナショナル・スペリング・ビー(National Spelling Bee)という英語のつづりに関する大会を題材にしたものです。各地の予選大会を勝ち抜き、全国大会を目指す子供達(ちょうど中学生くらい)の様子を描いたもの。学習者向けの英語辞書になんて載ってもいないような難解な英単語のスペルを、間違いなくじゃんじゃんスペル・アウトできる子供達 が出てきます。アキーラというのはその中の一人、11歳の黒人の女の子の名前です。(映画では最年少という設定。)

 映画では、素晴らしい才能を持ちながらも、自分を取り巻く環境とのギャップに悩むアキーラが、それを乗り越え大きな大会で自分の力を発揮する・・・という物語が描かれています。スペリング・ビーのためにアキーラをコーチするドクター・ララビー(Dr. Larabee)は、特訓の最初に、アキーラに次の文章を音読させます。

 その文章が心に残ったので、今日はそれについてちょっと書いてみたいと思います。


Our deepest fear is that we are inadequate.
(能力がない、と思い込んでいるからこわくなる)
Our deepest fear is that we are powerful beyond measure.
(評価されるはずがない、と思い込んでいるからこわくなる)

We ask ourselves who am I to brilliant.
(自問自答する。私は輝ける?)
Gorgeous, talented, and fabulous?
(驚くべき、素晴らしい才能を発揮できる?)
Actually, who are you not to be?
(それより、”なりたくない姿”はなんなんだい?)

We born to make manifest.
(くっきりと現すために生まれてきた)
The glory of God, that is within us.
(栄光の神は私たちの”内”にいる)
That as we let our own light shine.
(自分自身が光り輝くのをとめないで)

We unconsciously give other people
permission to do the same.

(私たちは知らず知らずのうちに、
他人に対して、同じであることを求めている)



 ドクター・ララビーはアキーラにこれを読ませ質問します。「この文章を読んで何を感じる?この文章はどんなことを言っている?」アキーラは応えます。 

A: That I am not supposed to be afraid. (恐れるな)
Dr.L: Afraid of what? (何を恐れるなって?)
A: ... afraid of ... me? (私を・・・?)


 そしてドクター・ララビーはアキーラにこうも言わせます。大きな声で・・・。

A: I want to win. (勝ちたい)
Dr.L: Win waht? (何に勝ちたい)
A: I want to win the National Spelling Bee!!!
  (全国スペリング・ビー大会に勝ちたい!!!)
Dr.L: Good. (良し!)



 自分の向き合うべき物ごと、と、自分だけ、の関係。誰のためでなく自分だけ。本心を探ってみる。恐れや寂しさ、悩みなど・・・これらはきっと、すべて自分自身のマイナスの思い込みが作り出したもの?!だとしたら、きっと私はそれを克服できる。やり方は簡単。自分の心に聞いてみよう。本当にやりたいことはどれ?本当にやりたくないことはどれ?答えはきっと、いつでも自分自身の中にある。

 もしそれを見つけることができたなら、今度はそれを声に出して言ってみよう!言葉の力を理解すること、とドクター・ララビーは映画の中で言っています。それが思いを実現させる第一歩。声に出し、自分の本当の思いを自分自身が知ること・・・・・。


 さて、この映画、他にもグッとくるシーンや考えさせられるシーンがたくさん。アキーラと友達の関係。コミュニティの人々との関係。ライバルとの関係。持てる力を出し尽くして戦う(Do your best.)ことの大切さ。リスペクト(尊重すること)の意味とは・・・。

 アキーラが自分自身のためにがんばった結果、彼女の成功、は、結局はその陰で彼女を支えた人々、すべての人々の喜びとなって実を結びます。以下はアキーラのラストシーンのモノローグ;



You know that feelings
Where everything feels right
Where you don't have to worry about
Tomorrow and yesterday.

(この感じ分かる?
昨日のことも明日のことも心配する必要なんてない
すべては順調に感じられる)

But you feel safe,
And know you're doing the best you can?

(安心して、自分の力を出すことができるって知ってる?)


There's a word for that feeling
It's called LOVE
L-O-V-E

(この感じを言葉にするなら、LOVE、ラヴ)

And it's what I feel for all my family
(私が抱いている気持ち、家族のみんなに対して)

And all my coaches
In my neighborhood

(私をコーチしてくれた近所のみんなに対して)

Where I come from
(そこは私の来たところ)

Where I learned how to spell
(私がスペリングを学んだところ)



 Akeelha and the Bee とても心に残る映画でした。もし、見るチャンスがあったら、ぜひ皆さんも見てみてください♪素敵な映画のDVDを貸してくださり、どうもありがとうございます(^^) 

(*毎度のことですが、訳は私が勝手につけた意訳です。
このほうがいいよ~、というのがあったらぜひ教えて下さいね♪)


 
人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪

 
[PR]
by mori_y_sana | 2007-02-05 05:49 |  * 本・読書・映画
<< マフラー編みました 雪が降りました♪ >>