Comparison of Blended Tea Leaves 紅茶比較

c0084837_841686.jpg近くのスーパーでもダージリンティが手に入ることが分かりました♪

 わりとよく紅茶を飲むのですが、テネシーに引っ越してきてからというもの、ダージリンティが見つけられずにいました。先日そのことを書いたところ、さっそく売っている場所を教えてくださった方が・・・♪マーフリースボロにはたくさんのスーパーマーケットがあるのですが、その中の1軒、Memorial Blvd.のKroger にダージリンティがありました(^^)わーい♪教えてくださった方、本当にどうもありがとうございました(^^)


家にある紅茶の葉を比べてみました
すべてトワイニングスの紅茶。左からアイリッシュ・ブレックファスト、プリンス・オブ・ウェールズ、そしてダージリン。日本に売っているダージリンティも紫色のパッケージだったと思うのですが、アメリカ版も同じ。分かりやすかったです。
c0084837_752521.jpg


アイリッシュ・ブレックファスト
細かいブレンド・リーフ。色は黒っぽいです。ストロング・テイスト=苦味の強いタイプのブレンド・ティです。パッケージには、甘いミルクティにして飲むのがおすすめ(best taken with milk and sweetend)と書いてあります。葉の産地などは書いてありません。セイロンティや、スパイシーなチャイの好きな方におすすめと書いてあります。
c0084837_7571422.jpg


プリンス・オブ・ウェールズ
中国産(Yannan Province and other southern regions of China)の茶葉を使ったブレンド・ティです。色はアイリッシュ・ブレックファストより細かくなく、茶色がかった感じに見えます。マイルドな味わいで、ミルクを入れても入れなくてもおいしく飲め(perfect with or without milk)、好みで甘くしても(can be sweetend to taste)と書いてあります。
c0084837_83620.jpg


ダージリン
インドのダージリンで春から初夏にかけて摘み取られたファースト・フラッシュとセカンド・フラッシュのブレンド・ティ。茶葉はあまり細かくなく、色も緑がかっています。お茶の色も薄め。香りがよく、優しい味わいなので、私は何も入れずストレートで飲むのが好みです。パッケージにも、そのままか(best drunk black or)、少量のミルクを加えて(with a touch of milk)飲むのがもっともおいしいと書いてあります。
c0084837_89331.jpg


 プリンス・オブ・ウェールズとダージリンのパッケージにはそれぞれ、アール・グレイ、緑茶、烏龍茶の好きな方におすすめと書いてあります。納得!

 たかがお茶、されどお茶。お茶にもそれぞれ違った味わいがあり、とてもおもしろいなぁと思いました♪ひとつのメーカーのティーバックでもこれだもの!緑茶に紅茶にハーブティに中国茶・・・一生かけても世界のお茶は飲みきれませんね?!(笑)


 
人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2007-01-28 08:45 |  * 食べ物
<< パン・ド・カンパーニュ マーティくんがやってきた! >>