ゴッドファーザーが大好き

 テレビをつけると、毎日何かしらの映画をやっています。昨夜も、あまりTVを見ない私にしてはめずらしく、何気にTVをつけると見覚えのあるシーンが・・・。こ、これは、ゴッドファーザーではありませんか!

 フランシス・F・コッポラの代表作、ゴッドファーザーが大好きです。マフィア映画が好きなのかと聞かれると困るんだけど、でもこのゴッドファーザーはとても好き。久しぶりだったので、ご飯のしたくもそっちのけで、ソファーも整え見入ってしまいました。うーん、最初から見たかった!でもまだコトは始まったばかり♪

 9時過ぎにもーりーからそろそろ帰るコール。(今帰るコールではない。)


TVでゴッドファーザーやってるよ~。見たいから何か見ながら食べられるもの買ってきてよ~。
 

 「えー!もう9時過ぎているしー・・・。じゃ、また後で電話するよ。」ともーりー。うーん、しまった。いつものような快いお返事じゃぁないわ・・・これはマズイ・・・。んなら、CMの間にご飯の支度しなきゃ!!幸いTVの映画、間のCMがえらく長いのです。冷蔵庫や冷凍庫の中をのぞき、今夜のご飯は天丼に決定!付け合せは冷奴とお吸い物♪さっそくご飯をセットして、天丼のタレを火にかけて、やかんにもお湯を沸かし・・・、お豆腐切って・・・。

 9時半ごろもう一度もーりーから帰るコール。


天丼作ったから、何も買って来なくていいよ~。まだ始まったばかりだから、早く帰っておいでよ~。
(映画に夢中だったので、天丼の写真はありまっせ~ん!)


 ゴッドファーザー、何がそんなにいいかって?!わたしにとってはこの映画、英会話を始めたばかりの頃、大変お世話になった映画なのです。イタリア語をまず始めて、それから英会話と興味が移っていった私。NYが大好きで、イタリアも大好きという私。そんな私にとって、ゴッドファーザーは英語とイタリア語がいっぺんに楽しめ、物語の舞台はNYとシチリア。なんともツボな設定。なんと言っても一番好きなシーンは、パートⅡのロバート・デ・ニーロが演じる若かりし日のヴィト・コルレオーネの一連の場面。イタリア語をしゃべるデ・ニーロのかっこいいことと言ったら!(役柄上、かなりギラギラしてますが・・・。)

 さて、ゴッドファーザー、台詞は意外にシンプル。映画で英語を学ぶのってとっても有効だって、この映画で実感。その頃は日本語字幕つきのビデオを見ていましたが、ちょっとした台詞の聞き取れた時のうれしさったら忘れられません。

 そんなこんなで5~6年ぶりに見たゴッドファーザー。昨夜TVで放送していたのは1作目。う~ん、ドキドキする場面はいつも同じ。ドンパチやっている場面より見るのが辛いのは、コニー(ヴィトの長女)がだんなカルロにぶたれたりするシーン。女性が暴力振るわれているシーンは、どうも身にしみるのか見ていることができません・・・。同じくシチリアが舞台の映画、ジュゼッペ・トルナトーレのマレーナを劇場(なんと名画座!)で見たときは、描写のリアルさに貧血を起こしてしまったほどです ^^; 持ち直しましたが・・・。

 さて、話はゴッドファーザーに戻ります。

 もーりーは初めて見るらしく、最初の1時間ばかりを見逃しているので、そこまでの場面や人間を解説♪長男は血の気が多くプレイボーイ。次男はダメ男。三男(アル・パチーノ)は理性的。父(マーロン・ブランド)は三男にはマフィアのボスを継がせたくない・・・そして最初は本人も別の人生を歩みたい・・・。次男と一緒にいるときに父は銃撃されちゃった・・・などなどなど。そんなんしていると・・・続きも言いたくなって困っちゃう!(笑)←たちが悪い(^^;

 今回はもちろん日本語字幕はなし。イタリア語の台詞、時々英語字幕が付いていたけど、何もない時も多く・・・おーい、英語字幕くらい全部つけてよ~(^0^; いろんな台詞で「へぇ~、こんな風に言うんだ~」と思いながら相変わらず今回も見ていたけど、おもしろいな~と思ったのは↓こんなのです↓

 父ヴィト・コルレオーネが銃撃され、一命をとりとめ入院中。でも三男マイケルが夜病院を訪れると人っ子ひとりいません。再び父が狙われると怪しむマイケル。慌てて父の病室へ・・・。そこへ看護婦さん登場。マイケルは父を別の部屋に移すのを手伝えと言います。でも看護婦さんは「とんでもない!」と言って手伝おうとしません。その時のマイケルの台詞。


Do you know my father?


 「オレの親父が誰だか知らないってわけじゃないんだろ?」とかなんとかそんな感じですかね~。その後に、「奴らが親父を殺しに来る。」(They will try to kill him. だったかな?)と続きます。

 もうひとつ。敵対ファミリーのソロッツォが、ブロンクスのレストランで射殺された直後のコルレオーネ家での会話。新聞では射殺事件は薬中者の犯行とされていました。お抱え弁護士のトムに、ヴィト(父)がマイケルはどこだ(Where is Michael?)と尋ねます。その問にトムは・・・


It was Michael who kill sollozzo.


「ソロッッツォを殺ったのは(他の誰でもなく、)マイケルだ。」(←私が勝手に訳しています、念のため。)関係代名詞のwhoがすんなりわかった瞬間♪(笑)なるほど~。そんな台詞で、身を隠していることも、事件の裏側も全部表現してしまうとは!

 ゴッドファーザーがおもしろいな~と思うのは、その伏線の張り方と登場人物の関係(描写)。裏と表の描写。そしてシリーズで見たときのつながりもおもしろいです。血縁関係。パートⅠの洗礼シーンのクライマックスと、パートⅢのオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」のシーンのクライマックスの対比・・・とか。わー、もうⅡもⅢもまた見たくなってしまった!日本に帰ったらさっそくDVDを手に入れよう!


〈おまけ〉
1枚も写真なしだとつまらないかな~と、火曜の晩に食べたビーフンです(笑)
豚挽き肉、海老、キャベツ、長ネギ、にんじん、きくらげ、干ししいたけ・・・。
c0084837_7434930.jpg


 ゴッドファーザーと英会話やイタリア語に夢中だったのとちょうど同じ頃、渋谷の青龍門という台湾料理屋で、ランチにしょっちゅうビーフンや焼きそばを食べていました。ビーフンも焼きそばも麺が違うだけで具も味付けも同じ。どちらか一皿に大きなシュウマイ2個とスープが付いてランチ600円くらいでした。安かったな~。途中でメニューが変わってしまってからは行かなくなっちゃった。夜も同じ店で飲んでいました(笑)。その店のビーフンを思い出しつつ再現したつもり。懐かしくとってもおいしかったです。

 でも、ビーフンって、たくさん食べてもすぐにおなかが減るんですね(^^;

追記:今、青龍門のサイトを見たら、渋谷本店は昨年末で閉店したとのこと・・・。ありゃ、びっくり。でも、店内の写真はすでに私が行っていた頃とぜんぜん違います。当時は渋谷に二店舗あったんですよね~。



人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪

 
[PR]
by mori_y_sana | 2007-01-12 07:51 |  * 本・読書・映画
<< ベーキングソーダでお掃除 オレンジ・マフィン >>