BAR SANA: チコリのグラタン

The Herb Quartely Winter 2006
c0084837_235585.gif
 2週間ほど前にハーブの雑誌を3冊買いました。どれもおもしろかったのですが、なかでもいちばん読みやすく、内容も充実していておもしろかったのが The Herb Quartely ハーブ・クォーテリー。(日本語にすると「季刊 ハーブ」みたいな感じかな?)

 その中にチコリの記事がありました。表紙の青い花がチコリの花。この雑誌によると、アメリカでは道端に咲く「雑草」と位置づけられているようです。野菜としてのチコリ、日本ではレストランでちょっぴり食べたことがあるくらいで、売ってるのを見たことがなく、自分で買ったことはなかったのですが、テネシーに着てからは時々野菜売り場で見かけます。何度かもーりーに買ってみたいと申し出ましたが、いつも返事は同じ・・・「食べたことないから嫌だなぁ・・・。」

 でもこの記事を読んで、チコリという野菜の出来るまでを話して聞かせたところ、初めてGOサインが♪やった~(^0^)で、やっと作ってみました、チコリのグラタン☆彡ほのかな甘みとほろ苦さが混ざり合い、とってもおいしかったです!なんともーりーも大絶賛!私よりさっさとペロっと、あっという間に自分の分を食べてしまいました(笑)。本人もびっくりしていたみたいです。

チコリ
大きさはちょっと大きめの日本のなすくらい?!
c0084837_211381.jpg


縦に4等分すると、なんだか小さな白菜みたい
生でサラダなどに入れて食べると、苦味がある味が楽しめます。でも今回は2分ほど熱湯で塩茹でしてから使いました。ゆでることで甘みが出てきます。
c0084837_2151546.jpg


 このお野菜、登場の経緯はなんと偶然の発見だったとか・・・。季節の終わったチコリの花や葉を根元まで刈り込んで、今度は日に当たらないように育てるのだそうです。すると・・・いつも道端で雑草と呼ばれている青い花をつけた植物とは別の、小さな白い野菜ができるのだとか!そしてこのチコリ、ヨーロッパではエンダイブとも呼ばれ、この二つは同じものだそうです。実際に私が買ったお店でも、値札やレシートに「チコリ/エンダイブ」と併記されていました。

 ついでにこのチコリ、さらに別な育て方をすると・・・紫キャベツのような色・形をしたラディッキオという野菜に変身します。これも偶然の発見だったそうですが、同じく野菜売り場ではチコリの近くに置いてありました。チコリもラディッキオもともにベルギー人によって発見されたのだそうです。おもしろいですよね!

 さて、わたしの作りたかったのはパンツェッタ貴久子さんのレシピでチコリのグラタン。ゆでて水気を切ったチコリの根元にベーコンを巻き、削ったグリュイエール・チーズをふってオーブンで焼きます。(本ではベーコンはパンチェッタや生ハム、チーズはフォンティーナチーズになっています。私はオプショナルな材料で作りました。)

チコリのグラタン
ちょっぴりベーコンが巻いてあるので、野菜料理といえども、立派なメインにもなりそうです♪
c0084837_2295617.jpg


一緒に食べたのはパエージャ味付けのピラフ
オムライスが食べたかったけど、卵も1個しかないし、ケチャップも残りわずか・・・。うーん。パンもいまいち食べたくないし・・・パスタもなぁ~・・・。そうだ!海老ピラフにしよ♪あ、味付けにサフランとパプリカ入れて・・・炊飯器でパエージャみたいなピラフ!大成功!!おいしかったです。
c0084837_2344166.jpg


パエージャに欠かせないスパイス、サフランとパプリカ
サフランは高価なスパイスですが、二人分なら1回に使う量はほんのちょっぴり。瓶の大きさ、反対の方がいいのではないかと思うくらい、サフランはちょっぴり、パプリカはたっぷり入っています(笑)
c0084837_2354396.jpg


ほうれん草と卵の炒め物
オムライスの代わりに出来上がったのは・・・これ。ほうれん草も残りのちょっぴりを使用。ごちそうさまでした~(^0^)
c0084837_2362223.jpg


 日本でなかなか食べられない野菜(一般的でないという意味で)、アメリカ暮らしで積極的に食べてみたいと思います。

人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-11-23 02:33 |  * BAR SANA(洋) | Comments(25)
Commented by chiblits at 2006-11-23 04:59 x
今日は大変なお勉強になりました。Endiveは時々サラダに入れます。でもSanaeさんの写真の物と大分違うんですよ。調べたらどうも私が買うのは上の葉っぱのところみたいです。私が買うのはいつも葉っぱが沢山ついていて、下の白菜のところがとても小さいの。Sanaeさんのには葉は付いていませんでしたか?
Commented by mori_y_sana at 2006-11-23 08:59
to chiblits さん、

私が買ったのはこのままの見かけでした。するとチコリとエンダイブ、名前が変わると見た目も変わるのかもしれません?!もうちょっとよく野菜売り場を観察してみます(笑)この雑誌、とてもおもしろかったです。

Sanae.
Commented by づみ at 2006-11-23 09:48 x
チコリってまだ食べたことないんです
おいしそうですね!
食べてみたいなー!
焼き加減もいい感じだわぁー!
ピラフもほうれん草の炒め物もいい感じ
Sanaeさんの食卓におよばれされたぃー
Commented by ろみい at 2006-11-23 09:52 x
チコリの存在は知っていたのですが、今まで食べたことがありませんでした。一瞬、中国にある"妹菜"とよく似てる~と思いましたが...きっと別物だと思います(ちゃんと調べよう...)でも、1つの野菜の事でこれだけのことが分かるなんておもしろいですね。奥が深くて勉強になりました。でも、Sanaeさんの写真のセンス、いつ見てもいいですね~
(^-^)
Commented by ゆうこ at 2006-11-23 12:43 x
チコリ。気になるけど未だ食べたことはなくて。でも、美味しそう~。うちの旦那も「食べたことないから嫌だ」派です。
カレーに茄子やカボチャなどを入れるとすごく嫌がるんですよ~。保守的なんですかね。

クリスマス旅行も楽しみですね。旅行記読んで旅した気分に「ひたりたいので、楽しみにしてますね。
ダリ美術館にいくんですか?いいなあ。それ、ぜひ詳しくリポートしてくださいね!
Commented by junjapon at 2006-11-23 17:13
Sanaeさん、無駄なくお料理上手です!さすが!  チコリの存在そ~なんですか~、知らなかったです。こちらでは、よくみる食材です。私もたまに買ってます。そして揚げ物のつけあわせに、おたふくソ-ス+マヨネ-ズとで食べてます。美味しい!   ところで本の表紙、可愛い!  Sanaeさん、来年には帰国されるんですか?旅行楽しんでいらして下さいね!
Commented by tsu。 at 2006-11-23 19:55 x
チコリはサラダにひっそり入ってるよね~。もりちゃんも知らないうちに
食べた事あるよきっと。グラタンはないなあ。熱々チーズとほろ苦さのハーモニー~。あ、よだれが、、、。って感じです。
Commented by ケンボー at 2006-11-23 20:36 x
チコリ・・・聞いた事ない野菜です~~。
私も食わず嫌い・・・というか好き嫌いが多いので(汗)
家で出すと言われたらモーリー殿と同じ事を言うかもしれません(笑)
ゆでる事で甘みが出るという事は・・・
我が家には水炊きの鍋に白菜の代わりに放り込むといいかも・・・。
というか・・・チコリって、こっちでは見かけませんよね。
Commented by M at 2006-11-23 20:36 x
ほんと、いつ見ても美味しそうだね。こちら、今お昼を過ぎたところなので、お腹すいてきました。

紫のラディッキオは、こちらでもサラダなんかに入っているのを食べたことがありますが、自分では買ったことないかな。ちょっとゆでたり、オーブンで熱を通したりすると、苦味が薄くなるのかな?ラディッキオやチコリ好きな人は、あの苦味がいいと言いますが、初心者の私は苦味をちょっと控えめにしたい感じ。(それなら無理に食べなくてもいい?笑)

一般的に、男性の方が、試したことのない味・食に保守的なのかな? テレビや雑誌で色々な料理を紹介しているような人は別にして。
イタリアでも、女性は日本食や素材にも興味深々だけど、男性の方が及び腰。食べて口に合わなかったからというよりは、知らないものに手をつけるのはためらわれる人が多いみたい。と言っても、お寿司とか海苔なんだけどね。

イタリア人女性何人かに、この意見を言ったら、強く賛同してくれました(笑) 特にイタリア人は伝統的な味に誇りを持っているからかもしれないけど、それでも、女性は食に関して好奇心旺盛かな。日本食好きな女性には、「わさび」好きも多いです。
Commented by こーでねーと at 2006-11-23 20:42 x
何度か食べたことありますが、ほろ苦かったようなー。
日本ではポピュラーな食材じゃないからな~。
でも物凄くおいしそうですねー。食べてみたいな~。
Commented by mori_y_sana at 2006-11-24 05:30
to づみさん、

わたしもチコリを意識的に食べたのは初めてでしたがおいしかったです!どこかで見かけたらぜひ作ってみてください(^^)私もづみさんの食卓(&社食)にお邪魔したいでーす♪

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-11-24 05:33
to ろみいさん、

妹菜・・・どんな野菜なのでしょう。(字の読み方さえわかりません^^;)本当、この記事はびっくりしたしおもしろかったです。同じ植物で栽培方法が違うとこんなに別の野菜になるなんて!

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-11-24 05:36
to ゆうこさん、

これを読んだもーりーが、「嫌だ」とまでは言っていないと抗議を。「食べたことないからなぁ・・・」とまでしか言っていないと言っていました(笑)。ダリ美術館、開いていたら行きたいと思っています(^^)

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-11-24 05:42
to junjapon さん、

チコリにオタフクソースとマヨネーズ!チコリ自体はどうやって調理するんですか?チコリも揚げるんですか??それとも生で?!すごく興味あります!!食べ方をぜひ教えてくださ~い(^0^)テネシー暮らしは来年の2月末までです。もともと8ヶ月の期間限定ライフです♪

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-11-24 05:49
to tsu-tsu、

ビストロ・パリジャンのサラダに入っていたような気がするので、もーりーも知らずに食べてるかもね~。今度どっかで売っているのを見かけたら、グラタンにして食べてみてくださ~い(^^)ゆでると苦味はほとんどなくなります。おいしいよ♪

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-11-24 05:52
to ケンボーさん、

ふふふ、好き嫌い多いんですね?!1個知っています。。。きゅうり!(笑)チコリ、鍋に入れたらそれこそ白菜の小さいのみたいですよ、きっと。でも・・・白菜を入れたほうが経済的です?!水炊き鍋、いいですね~。

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-11-24 05:59
to M ちゃん、

そうそう、ラディッキオの記述でいくつものイタリア語名が載っていたよ!イタリアでよく食べられている野菜なんだね~。今度値段と相談して1回くらい買ってい見ようかな~。チコリはゆでて焼いてしまうとほとんど苦味がなくなりますよ。代わりに甘みが増すみたいです。加熱して食べるのをまずは試してみてはいかがでしょう?

そっか~、イタリア人は女性はけっこう何でも食べるんだね!?でも男性がイタリア料理オンリーだったら、やっぱり家で他のものをあまり作らなくはなるよね~・・・。

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-11-24 06:00
to こーでねーとさん、

ね~、日本ではメインで使われるのって私も見たことありません。サラダの中で見たこと&食べたことがあるくらい・・・。もし野菜売り場で見かけたら、作り方は簡単なので、ぜひ試してみてください(^^)

Sanae.
Commented by junjapon at 2006-11-24 15:56
おはようございます! Sanaeさん実は、チこり生で食べてます。ごめんなさい、期待させといて・・・揚げ物(豚肉を揚げて、串かつのような。でも串がないという状態)はオタフクソ-ス+マヨネ-ズで食べその時一緒にチこりも!もし、セニョ-ラから他の食べ方聞いたらお伝えしますね。  USA生活、期間があったんですか~。残りの生活も楽しんでくださいね。
Commented by アン at 2006-11-24 20:39 x
チコリ食べた事ないです。よくお料理の本にエンダイブって載っているのですが、
何なのかサッパリ分からずにいたのがこれで解決!ありがとうございました。
昨夜は我が家もグラタンでしたが、肝心のチーズが切れていて・・・凹でした。
Commented by M at 2006-11-24 23:25 x
ゆでると甘みが増すんだ~! それなら、早速今日の買いもので、購入してみるか? 
ちょっと種類違うけど、Finocchio(フィノッキオ)って知ってる?日本語ではウイキョウと言われるのかな。セリ科の野菜らしいけど、生の場合、硬さとか似てるかも。サラダに生で入っていると、ちょっとセロリみたいで、セロリを好んでは食さない私は、自らはあまり購入しないんだけど、イタリアではよく食べられているの。生でオリーブオイルなどかけてバリバリ食べるのが好きな人も多いみたいだけど、私はあまり生のは好みではないです。
でも、ゆでてやわらかくなったものを、ベシャメルソース(ホワイトソース?)で和えたり、小麦粉・卵・パン粉をつけてあげたもの/グリルしたものは、セロリ風の味もなくなってけっこういいかも。
もちろん、セロリ系が好きな人には、生もおすすめです。

Commented by at 2006-11-24 23:33 x
つづき

イタリア人女性で、お寿司ファンの人は、家で作るみたいよ。お刺身なんて、あまり手に入らなそうなのに。(もっと大きい都市で、日本食レストランでテイクアウトできるところは、別だろうけど。)
太巻きはまだしも、サーモンのマリネになって売っているもので作ってみたけど、魚の切り方もシャリの握り方も難しいし、やっぱりお寿司は職人技だよね、と思いました。

緑茶も、女性はけっこう好きだけど、男性はパスという人が多いです。「砂糖入れていい?」って聞かれるし。特に、冷緑茶は温かいのより、口に合わないみたい。
こちらでも、グリーンティーのティーバックとか、葉だけものも売っているけど、輸入しているようなものでないと、日本の緑茶とは全く違った味。風味がないのかな。間違って、砂糖入りのを買ったような記憶も。。。初めに飲んだきり、触ってもいないけど、まだ棚にあるのかな?
Commented by mori_y_sana at 2006-11-26 01:18
to junjapon さん、

あ~!なるほどなるほど!(笑)揚げ物をオタフクソース&マヨネーズで食べて、生のチコリを付け合せにするんですね!甘めのソースにチコリの苦味が合いそうですね♪今度真似してみます(^^)教えてくださってありがとうございます!

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-11-26 01:21
アンさん、

お料理の本にエンダイブ載っているんですね~。でもどうやらchiblits さんの食べているエンダイブと、わたしの買ってきたチコリ、すこし見た目が違うようです・・・。私の読んだ雑誌、全部挿絵がイラストで写真がありません。まったく同じものかな~(^^;;自身がなくなってきました。”元”は間違いなく同じようですが(笑)グラタンのチーズ、残念でしたね!

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-11-26 01:28
to Mちゃん、

フィノッキオ、知らな~い!未知数な野菜が世界にはたくさんあるね~(笑)私もいろんな方のコメントを読んでいて、チコリは揚げ物(フライ)にするとおいしいんじゃないかな~と思い始めました。今度やってみよう!

フランスにいるお料理研究家の方が、ちらし寿司はライスサラダと考えるとフランス人にも受け入れられやすいと言っていたよ。あと私も酢〆の鰯で型押しのお寿司をスペインで作ったことがあります。あ~、おすし食べたいっ!(笑)いつもイタリア情報をありがとう!

Sanae.
<< もーりー亭 にんじんの葉のかき揚げ丼 フロリダ旅行 準備編 >>