手作りのグリーティングカード

 本日2件目の更新です。

 11月も半ば、アメリカではグリーティングカード売り場などにクリスマスカードがたくさん目につくようになってきました。日本だったらそろそろ年賀状などの準備が気になる季節です。わが家は今年は年賀欠礼状を出さねばなりません。でもここから日本の印刷屋さんに頼むわけにもいかないし・・・。はて、どうしよう・・・?

 先月くらいからいろいろと案を出し合い考えた私達。結局は、パソコンを使って、自分達で作成しよう!ということになりました。出かけた先はいつも行く大型スーパーマーケットのWAL☆MART。ありました、ありました。まっさらなグリーティングカードを作るためのセット♪画材売り場にて発見!

 二つ折りにするとハガキ大になるカードと、真っ白な封筒が50枚くらいずつ入っているセットです。厚みもちょうどよく、これを半分に切れば官製ハガキのようになります。封筒は無地なので余っても大丈夫。文面はワードのテンプレートと、All about の冠婚葬祭のページを参考にアレンジ。宛名もワードのツールバーからハガキ印刷を使って、カンタンきれいにできました(^^)

用意したのはこんな感じのセットです
フリーのグリーティングカードを提供してくれるサイトを使えば、こんなにかわいいバースディカードなども出来てしまいます♪ちなみにこちらはキャノンのサイトを利用しました。
c0084837_1061570.jpg


 もーりーと流れ作業で印刷屋さんの真似事をすること1時間。アメリカの自宅にて、なんとか自作の年賀欠礼状が完成。アメリカから日本までの国際郵便は、ハガキの場合は1枚75セント(2006年11月現在)。郵便局でせっせと切手とエアメール用のシールを貼って、窓口の方に無事手渡すことが出来ました(^^)

 
OK. I will take care of you. (はい。こちらは承りました。)


 28枚のお手製ハガキをにっこり受け取ってくれた郵便局員さん。さぁ、無事日本に届きますよ~に♪


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-11-17 10:19 |  * 手芸・工作
<< 富澤の粉で手打ちうどん もーりー亭 トンテキ定食 >>