La Botiga de la Abuela おばあちゃんの知恵袋

 もう終わったはずの番外編 バルセロナの記事、復活です?!

 最近コメント欄で、アンダルシア在住のjunjapon さんと、妙な方向で盛り上がってしまった私…。これはコメント欄だけではもったいないので、記事にしちゃうことにします!
(え?ひょっとして18禁?!)
じゃーん!これが話題の…

La Botiga de la Abuela ラ・ボティガ・デ・ラ・アブエラ
スペインのおばあちゃんの知恵袋。これはハードカバー版の表紙。私が持っていたペーパーバック版とはちょいと表紙が違うけど、このロゴ入りのツボは同じ。え?なに?怪しげですって?(笑)
c0084837_325193.jpg


 バルセロナにいたときは、日中は本屋ばかり行っていました。都会だったので、ちょっと歩けば本屋はたくさん。このアブエラ本は、とある小さな本屋さんで見つけました。かなり長めの散歩コースの途中、レス・コルツからサンツ方面に歩いていたときに…。ペーパーバックで6ユーロくらいだったのかな?ウェブサイトもあったのですが、今見たらなくなっちゃったみたい?!探せませんでした。もともとはTV番組だったみたいです、これ。いまはもうやっていないのかな?


 内容はと言うと、副題 Cosas Buenas de Toda la Vida (コサス・ブエナス・デ・トダ・ラ・ビーダ) からのイメージ…。コサス・ブエナス・デ・トダ・ラ・ビーダ というのは、ま、日常生活に良いもの…みたいな意味ですが…。ブエナス・コサス♪う~ん、いい響きだなぁ!Good things グッド・シングス、いいこと♪という感じですね。

 要は、身の回りにあるもので、ちょっとした体調の悪さを調えたり、暮らしに安らぎをプラスするアイデアを取り入れたり…という感じの本かな。日本で言うと、風邪引いたときの葛湯とか…そんなメニューのスペイン版がたくさん載っている本です。ハーブやスパイス、蜂蜜などを使ったアイデアがたくさん。で、私はこの手の本が大好き♪

 ハーブの名前って、意外と今まで知っていたものとスペイン語って同じじゃないんですよね。考えてみたら当たりまえなのだけど…。これがけっこう大変でした。だからこの本は、ハーブの名前を覚えたりするのにも役立った様な気がします。(もう忘れちゃいましたが…)それにレシピ系の本だと、外国語でもなんとか読める。(気がする…)

 では、ちょっとだけハーブやスパイスの名前をスペイン語で見てみましょう♪

バジル Albahaca(アルバアカ) 
     *ちなみに似ていると思ってたイタリア語ではバジリコ(笑)
      全然ちがう~…。

ローズマリー romero(ロメロ)

カモミール manzanilla(マンサニージャ/マンサニリャ)

サフラン azafra'n(アサフラン) あんまり違いませんね。

胡椒 pimienta(ピミエンタ)
    *これがまたややこしいんだ!
      ピミエントになると唐辛子とかピーマンのこと。
      字にするとpimiento、a が o になっただけ!

ニンニク Ajo(アホ) ははは~。
(*スペイン語フォントがないので、サフランの’はちょっと実際とは違います。)

 そういや、バターや除光液やら、いろいろスペイン語で分からなくて困った言葉があったなぁ(笑)「えー!バターってスペインじゃバターじゃないんだ~」とか(笑)オレンジジュースとかはスモ・デ・ナランハなんちゅう、まったく別の言葉になってても、けっこう一目見て分かるからいいんです。(笑)パッケージですぐわかる。でも、バターって包みを見ても、チーズなんだか、バターなんだか、マーガリンなんだか分からない…! mantequilla マンテキージャと言うんですよ…。バターのバの字、面影もありゃしません。(笑)ちなみに除光液はQuitaesmalte キタエスマルテとか言うんですよ~(T T)リムーバーとか言っても通じません…。ボトル見ても分かりにくいし…。



 さ、さ、すっかり余談になってしまいました。で、何をそんなにこの本で盛り上がっているのか?こんな本に18禁のネタなんてあるのか??? あるんですよ~。後ろの方に。ま、正確に言うと、別に18禁でもなんでもないんですが。(笑)健康ネタですよ(^^)

 このアブエラ本、スパイスやハーブを使った、健やかに毎日を過ごすための様々なレシピがたくさん載っています。もちろん特に症状なんてなーんにも出ていなくたってハーブティーを飲んで全然かまわないし、毎日お料理に取り入れても全然かまわない。でも・・・・・



 なかにはレスキュー・レメディが必要で探している人もいることでしょう!



 今日取り上げるのは・・・・・



 そんな、男性にとっては深刻かも知れないお悩みの場合・・・・・



 ひょっとしたら奥さんにだって、恋人にだって・・・・・



 そう、インポテンツ! (あ~、言っちゃった。)



 La Botiga de la Abuela ラ・ボティガ・デ・ラ・アブエラ、スペインのおばあちゃまは、そんな男性の悩みを本当に身近なもので解決してくれちゃうのです!し・か・も・・・・・
このレシピは本当に効きすぎるくらいなので、
たくさん飲みすぎないよう気をつけてください。

(私の記憶にある文章…)

とまで書いてある!!気をつけるのは、この場合、誰???(笑) では、ここまで引っ張って、中身をご紹介しない手はありません。メモの用意はよろしいですか?皆さん。
 
これからの寒い季節、からだがぽかぽか温まるホットチョコレート(ココア)♡最近だんな様の元気がないわ~とお嘆きのあなた。そんな時はこのホットチョコレートに、ほんの少しのシナモンと、ほんの少しのナツメグをくわえてごらんなさい。あくまでもほんのほんのちょっぴりですよ!なにしろ、この魔法のホットチョコレート、時に効き過ぎるきらいがありますから・・・・・。
(手元に本書がありませんため、記憶の中の文章でーす!)

c0084837_4182497.jpg 
シナモン スペイン語だとcanela カネラ。シナモン嫌いのもーりーさん。このページを見るや否や、「これなら試してみたいな~♡」と言ったとか言わなかったとか(笑)。ちなみに今だ試してはいませんが・・・。
c0084837_4183449.jpg 
ナツメグ(スペイン語だと…あれ?私の辞書、載っていません。同じ???)ナツメグは、わが家ではひき肉料理の時のなくてはならないスパイスです。粉末のものを使っています。
(共にWikipediaより画像をお借りしています。)
 




*効果のほどは分かりません。
 お試しになった際の、一斉の責任は負いかねますのであしからず!
 
《おまけ》
風邪っぴきにはヴァン・ショー(ホット・ワイン)を…
飲み残しの赤ワイン 好みの量(小さなコップに1杯くらい)
シナモン 少々
クローブ 少々
ブラックペッパー 一粒
レモン汁 少々
蜂蜜 好みで

◎赤ワインを鍋に入れ、スパイス3種も加えて加熱する。温まったら耐熱のグラス(あるいはマグカップなど)に注ぎ、レモン汁と蜂蜜を加えて召し上がれ♪
アルコールは飛んでしまうので、お酒のダメな人でも大丈夫だと思います。体が温まり、グッスリと眠れますよ。鼻かぜなど、まだ薬を飲むほどではないな~という、ひき始めにおすすめです。安いワインでOK(^v^)☆


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪

 
[PR]
by mori_y_sana | 2006-10-20 05:06 |  * スペイン〈番外編〉
<< もーりー流英会話で、草加せんべ... 料理本と、料理にまつわるエッセ... >>