えいごの絵本を読んでみよう♪(1)

 先週末、友人のMさんに英語の絵本やカセットテープをたくさん貸していただきました。今週はさっそくいろいろ読んでいて、なんだかとっても楽しいので、少しずつここに紹介してみます(^^)きっと知っている人も多いと思いますよ~。

Frog and Toad Series by Arnold Lobel
アーノルド・ローベル作のフロッグ・アンド・トードのシリーズを2冊。
c0084837_905953.jpg

 このシリーズ、日本でも三木卓さんの翻訳で文化出版局 より出ています。子供の頃の記憶だと、「ふたりはなかよし」というタイトルだったと思っていたのですが、今回検索してみたらちょっと違うタイトルで、しかも4作もありました。他のも読みたいな♪

 今回お借りしたのは、Newberry Honer Book ニューベリー賞オナー・ブックを受賞している 「Frog and Toad Together ふたりはいっしょ」 と、「Frog and Toad All Year ふたりはいつも」 の2冊です。

-------------------------------------------

 Together トゥゲザー の方は、ほのぼのしていてちょっぴりナンセンス、大人もついつい笑ってしまうユーモラスなお話が5話ほど収められています。

 「今日やることリスト」を書いたはいいけれど、風に飛ばされてしまい何をしたらいいのかわからなくなってしまう話 A LIST ア・リスト。

 庭をつくろうと種まきし、今か今かと種のために本を読んであげたり、歌を歌ってあげたりしながら待っている話 THE GARDEN  ザ・ガーデン。

 美味しいクッキーをついつい食べ過ぎてしまった二人は、もうこれ以上食べないと決意し、その決意を全うするためにあの手この手を考え出す話 COOKIES クッキーズ。

 「僕達は勇敢か?」を試すために二人で山へ出かけていき、蛇や転がる大きな石と遭遇する話 DRAGONS AND GIANTS  ドラゴンズ・アンド・ジャイアンツ。(野球みたいですね、このタイトルは…^^;)

 小さいトードが舞台の上で素晴らしい歌や芸を披露するたびに、大きなフロッグが客席でだんだん小さくなり、とうとう見えなくなってしまう話 THE DREAM  ザ・ドリーム。

-------------------------------------

 All Year オール・イヤーの方は、季節をモチーフとしたほのぼのストーリーが展開します。Frog も Toad も、いつもお互いのことを思いやっている、とても素敵な友達です(^^)

 冬にベッドから出たがらないトードをフロッグがそりすべりに連れ出すDOWN THE HILL ダウン・ザ・ヒル。(10月6日このお話でお友達と一緒に勉強しました♪)

 フロッグが子供の頃に春を探して歩き回る話 THE CORNER ザ・コーナー。

  トードが暑い夏のさなかに、フロッグの大好きなチョコレートアイスを買いに行き、アイスクリームまみれになってしまう話 ICE CREAM アイス・クリーム。

 お互いの家の落ち葉かきを”こっそり”やって驚ろかそうとする話 THE SURPRISE ザ・サプライズ。

 クリスマス・ディナーになかなか現れないフロッグをトードが心配する話 CHRISTMAS EVE  クリスマス・イブ。

----------------------------------------------

 お借りした本は、 An I Can Read Book® アン・アイ・キャン・リード・ブックというシリーズで、この本は何歳向けの本かというレベル表示がしてあります。Frog and Toad の2冊はそれぞれレベル2のグレード1~3と書いてあります。…ということは、だいたい小学校1年生から3年生かな?!(笑)

 このぐらいの本だと、ほとんど辞書に頼らず読めるのでストレスも少なく、むしろ読むことそのものを楽しめます♪でも、文字の少ない絵本よりはちょっと読みでがあるので、”お話を読んだ”という満足感も♪自分でも買って帰ろうかなぁ~。

 Mさん、素敵なものを貸してくださってありがとうございます。毎日に楽しみができて、とってもうれしい私ですv(^0^)v

先週はこの中の1冊で、お友達と一緒に「お勉強」もしました(^^)
それも楽しかったです♪
c0084837_953456.jpg



人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪

 
[PR]
by mori_y_sana | 2006-10-06 09:57 |  * 英語 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://tenesseed.exblog.jp/tb/4682279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yulayula_ly at 2006-10-06 14:06
はじめまして!junjaponさんのところからやってまいりました。英語の本を読めるなんてすてきですね!いぜん絵が気に入って英字の本を衝動買いし、それを呼んでみたいと思って英語の勉強をしてみたものの長続きせず。。。英語ってほんとに話せるようになるのでしょうか・・・?
Commented by Fairmont at 2006-10-06 14:16 x
「Frog & Todd」は 補習校で使っていた国語の教科書(小2か3)
にも翻訳されたお話が出ていました。

ほのぼのするお話の数々 私も好きです。

でも、絵本だからといって侮れませんよね。

「Just..」のLittle Critterシリーズ
子供が3歳ぐらいの頃から しばらく毎晩飽きるまで
それも子供にうけるように抑揚をつけながら読まされました。
好きなお話は「もう一回」の繰り返し

好きな事や興味のある事は
驚くほど頑張れたり、自然と夢中になるし
アンテナも広範囲に張られているはず。

大学の恩師の一言「英語は意思疎通手段の一つであって
いくらぺらぺら発音できても、内容が一番肝心。
発音も大事だけど、簡潔な文を日本人のアクセントがあっても
いいからはっきりとじゃべるように。
相手は自然と耳を傾けてくれる。
日本語の辞書を使った直訳英語は外国人にはわかり難いので、
できるだけNativeの書いた物を読むように」

日本で日本人の親もとに生まれた私達の誰もが
日本語のおしゃべりを始めたように、英語や他の外国語が
しゃべれたわけではない。

やはり 「好きこそものの上手なれ」。



Commented at 2006-10-06 14:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-10-06 14:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by アン at 2006-10-06 16:24 x
息子の担任から聞いたお話しで興味深かった事が、
「かつての教え子で腕白なA君は海外のHな本を読みたい一心で
英語を勉強と言っても外国人が集まるパブなどでバイトしながら
マスターして、今海外を飛び回っている・・・」
きっかけは何処にでも・・・の良い例ですが、やはりこうした絵本から
入るのが自然で良いのでしょうね。
Commented by づみ at 2006-10-06 17:20 x
わぁー!
いいですね!
いっぱい活字あるより、絵本の方が入りやすいですね
今度探してみます。
Commented by yo-_-yo at 2006-10-06 19:09 x
すっかり乗り遅れてて、まだ過去logが読みきれてないんだけど・・・
こないだ、先輩に英語を上達させたいなら外国の子供用のアニメを
見るといいって教わりました。簡単な英語をずっと聞いてると上達が早いと。
絵本ってのも入りやすくていいかも。
帰国するときぜひ持って帰ってきてねぇ☆
今にNindendo-DSで毎日英語漬けやってます。
Commented by tsu。 at 2006-10-06 23:19 x
がまくんとかえるくん大ーーー好き♡
Commented by mori_y_sana at 2006-10-06 23:25
to yulayula_ly さん、

ようこそお越し下さいました~(^^)英語に限らず何かができるようになるのって、その本人がどこに目標を置くかで違ってくると思うんです…。完璧を目指す人から見たら、私は今も「英語がしゃべれない人」かもしれない…。でも、1個も知らない人からみたら、「ハロー」と言えた時点で、すでに英語をひと言は話せる…。

I can not speak english. と”英語で”言えている人は、本当は英語が少しは話せる…。でも「私は英語が話せません」という呪文を、自分自身で唱えているような気がします。

日本語の本でも読みにくい本と読みやすい本があるように、たまたま読みにくい英語の本にぶつかってしまったと考え、シンプルに自分が興味の持てる別の本を探してみるといいと思います。

方法は無数な気がするので、yulayula_ly さんに合う「英語となかよくなれる方法」がみつかれば、きっと話せるようになると思いますよ♪まずは、英語を話せたら、自分にとってどんな楽しいことがありそうか、具体的に思い描いてみると良いと思います。それがとっても素敵だと思えたら、やる気も沸いてくるかもしれません(^^)

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-10-06 23:36
to Fairmont さん、

抑揚をつけて音読するのっていい練習法ですよね!私はイタリア語を役者さんである人から習ったのですが、語学学習には、ある意味「演じてみる」(ロールプレイング)のが大切だと思いました。架空の場面になりきって練習してこそ、本番にスラッと出てくる…。

絵本を読むときでも、悲しい台詞は悲しみを込めて、驚きには本当に驚いて…と、すっかりなりきって音読するのは、自分にとってもいい練習になったと思います。きっと聞いているお子さんも、この言葉にはニュアンスとしてどんな意味がこめられているのかを、音から理解したのではないでしょうか(^^)

それから、私も以前チベット人の書いた本の英語翻訳版を読もうとした時は、非常に難しすぎてこれは無理だとあきらめました。シンプルな言葉が、難しい単語に置き換えられていたり…。そういう意味でも、絵本は日常語を多く含むので、読んでいて楽しいし役に立つように思います。

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-10-06 23:44
to アンさん、

あはは~(笑)こういう話、大好きです♪絶対そういう「○○がしたい」という動機が一番効果的だと思います。そういうのをきっと、「生きた英語」と言うのでしょうね。お料理や音楽、スポーツ…などなど、興味のあるところが入り口になるといいですよね~。

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-10-06 23:55
to づみさん、

絵本だと、辞書がなくても、絵を見ながら意味を想像できる部分もあるので、自然なニュアンスが分かっておもしろいと思います。それに何度みていても素敵な絵本を選べば飽きずにながめていられるし(^^)知っているお話を選ぶのも良いと思います♪

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-10-06 23:59
to yo-_-yo ちゃん、

こっちにもNHKの教育TVみたいな子供用のTVチャンネルがあるよ~。「ひとまねこざる」 (Curious George)もやってます。うちの親戚のおばさんは、けっこう英語のビデオとか好きだよ。ベイブとかハイジとか…。よーよーちゃんの場合は、ソーイング系の本とか、いいかもね~。こっちの人、手作り好きだし♪

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-10-07 00:05
to tsu-tsu、

だるまちゃんとかみなりちゃんを英語で読みたい(笑)

Sanae.
Commented by cazorla at 2006-10-07 09:45
ふたりはともだち 日本からスペインに引っ越す時 長女の幼稚園の先生がプレゼントしてくれました。 素敵な絵本ですよね。 おせっきょくさくない本が好きです。  その時頂いた本はほかに やぎのがんがらがん(だっけ?) があります。 としをとったわにの話もすてきですよ。
Commented by mori_y_sana at 2006-10-07 11:37
to cazorla さん、

幼稚園の先生がプレゼントしてくれた本、素敵な思い出ですね(^^)絵本は案外大人も楽しめるので、いい贈り物のような気がします。

Sanae.
Commented by LiLA妻 at 2006-10-07 22:24 x
初めまして。主人がいつもお世話になっております。
Frog and Toad Series、去年、息子と読みました。息子は「A LIST」の話が気に入って、早速自分でもリストを作っていました。作者のArnold Lobelさんが朗読しているCDも、いい雰囲気ですよ。
Commented by TAMA@合衆国の片隅 at 2006-10-08 13:11 x
ふふ、タイムリー。近頃私のマイブーム(死語?)は図書館で子どものオーディオブックを借りることなのです。
このfrog & toadシリーズはアメリカに来て最初に息子が読んだ本、私にとっても初めてしっかりと理解した絵本だった気がします。可愛いんですよね、二人がそれぞれとても良いキャラクターで。
昨日は同じ作者のgrasshopperを借りましたが、こんな絵本でもいくつかは知らない単語が出てきたりして勉強になります。
そしてピーターラビットシリーズくらいのレベルになると今度は聞いただけでは理解できない!難しいのです。車の中の時間つぶしに最高。
Dr.Suessのシリーズはお好きですか?これも造語が多くて、リスニングには良い練習になりますよー。
Commented by grapefruits73 at 2006-10-09 11:09
English Picture Book・・・コウも大好きです♪
アーノルド・ローベルの絵本、本屋さんで見かけます。
コウは「ぼくもこの本買ってみたい!」と言いました。
Reading能力はまだまだだけど、どんどんEnglish Picture bookを与えて行こうと思ってるのよ!
今は、THE GIANT TURNIP , THE THREE LITTLE PIGS, HUMPTY DUMPTY 等読んでるわ♪
コウは2歳頃から英語に興味を持ち、今ではすっかり英語好き!
英語の歌が興味の始まり・・・!
そして今では、Reading and Listening Bookに興味を持ち始め楽しく本とお付き合い♪ 親顔負けです(#^.^#)・・・親ばかよね(><)
さなちゃんとのブログの出会いもコウのなかでは何かが育ちはじめています^^;
このブログとの出会いに感謝(^O^)/
今、コウはキーボードの練習中・・・そのうちコメントを入れると思うわよ・・・(*^。^*)
Commented by mori_y_sana at 2006-10-09 12:30
to LiLA妻さん、

ようこそお越しくださいました(^^)こちらこそLiLA管理人さんのブログをいつもとても楽しみにしています♪

息子さんもリストを書いてみたのですね☆「もし風で飛んだら追いかける」という項目を入れたかな(^^)?著者本人の朗読があるのですね~。ぜひ聞いてみたいです。

Sanae.

Commented by mori_y_sana at 2006-10-09 12:34
to TAMAさん、

アメリカはオーディオブックが豊富で、どの本屋でもたいていあるので良いですよね。Dr. Suess は、前の記事に書いた「英語となかよくなれる本」でもおすすめされていたように思います。今度チェックしてみます♪

ピーターラビット、子供の頃大好きでした(^^)

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-10-09 12:38
to grapefruits73 さん、

コウくん、英語が好きなんですね~(^^)好きでやっていると楽しいから上達しますよね!ずっと好きでいられますように♪絵本は想像力も手伝って、意外となんて書いてあるのか、辞書がなくても理解できたりしますね。フロッグ&トードのシリーズ、和書も簡単に手に入るので、ぜひ読んでみてくださ~い。

Sanae.
<< もーりー亭 鰯の蒲焼丼定食 えいごとなかよくなりたい!から... >>