えいごとなかよくなりたい!から、なんでもやってみた(2)

 ひょっとしたらどの街にもいるかも・・・の、背広着て”めっと”被ってマウンテンバイク乗っているモルモンの宣教師さんたち…。彼らが無料の英会話クラスを週1回ボランティアでやっていると聞けば、せっせと通って…。(一番初めの出会いは…私の配ってたカレー屋さんの割引券と、彼らの配っていた英会話クラスのチラシを交換したのです♪)信者でもないのにいろいろなイベントにも参加させていただきました。オペラシティでのコンサートなんてのも行ったっけ。このころはだいぶ話せてきたので、中級という「おしゃべりしたい人」クラスに参加していました。(初級と中級が大雑把に分かれています。自己申告制?!)ワーホリ経験者のイトコも一緒に行っていました。

こんな感じ(気分はブロンド・ヘア~♪なわけない。)
c0084837_8252845.jpg


 宣教師さんたちはだいたいが19歳から20代の前半。2年間の間に、彼らはあっという間に日本語を習得していきます。これにはまったく驚くばかり。「伝えたいことがある」「話すためにきた」という彼らの目的意識のなせる技かな?それともやっぱり若さゆえ??

 宣教師さんたちはアメリカ人(だいたいユタ州の人)だったり、オーストラリア人だったり。今朝成田に就いたばっかり、という人もクラスを受け持ったりするんだから大変(@@)。内容はその時いる人によって個性が出る。教えるのが上手な人、工夫する人、いろいろ。でも見ていて思ったのは、意外とみんな、教えるのが自分一人だけになったときに生き生きしていたような…。一人じゃ不安、なんていうのとは正反対みたい。1から10まで自分のやり方でできることがあるって、がんばりがいのあることだよね。

 ここでもいろんな人に出会ったなぁ。日本にこんなに英語を話せる人って沢山いるんだ~って驚きだった。厚木は製造系企業が多いので、リタイアしたおじ様方などはかなり英語が話せるんだよね。仕事で使っていたんだろうね。リタイア後なかなか話す機会がないといって「おしゃべり」しに来るって感じだった。ここで出会ったおじ様のひとりは、渡米前にあったときにはなんと、同時通訳で有名なサイマルアカデミーに通っていると言っていました。とっても生き生きしていたよ(^^)。

 結局この教会の英会話には行ったり行かなかったりで、なんだかんだ1年半くらい通ったかも。1ヶ月の出張先ホテル缶詰生活の時も、出張先の教会を紹介してもらって、英会話だけ参加させていただいたりしました。そこも同じように楽しかったです。ゲーム担当の日は英語と日本語でゲームの説明書を用意して、英語と日本語で解説もして…。フルーツバスケットみたいなゲームをやったんだよね。


People who are wearing white T shirt!

(白いTシャツ着てる人!)


とか言われたら、当てはまる人は席を移動しなければならないってゲーム。この、ゲームをやりながら英語を使うっていうのはかなりおもしろかったな~。毎晩ゲラゲラ笑いが絶えなかった。来ているのはほとんど大人たちなのに。楽しかったな~。この教会の英会話が、「話す・遊ぶ」と言うのにはとっても役に立ちました。


 --- 続く ---


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-10-05 08:29 |  * 英語
<< えいごとなかよくなりたい!から... えいごとなかよくなりたい!から... >>