えいごとなかよくなりたい!から、なんでもやってみた(1)

 えいごとなかよくなれる本の続きです。


 英会話教室に通ったのは、「ケイコとマナブ」を買った直後の2ヶ月間(本当に続けられるか自身がなかったので、1ヶ月に2回というクラスを選びました。つまりは4回。各90分。)と、最初の学校がつぶれちゃった(!)ので、友達に紹介してもらったところに移った6ヶ月間。(月40分レッスンを10回。週に2回ペースでした。)

 最初の学校は、変な言い方ですがけっこうプロっぽい先生の多い学校で、閉鎖されたあと先生たちは大学の先生になったりしていました。なくなってしまって残念。ちょうど楽しくなってきた矢先だたのでなおさら…。

 次に行った学校は、生徒が予約を入れるときに自分で先生を選ぶことができる学校でした。私は「教科書を使わない」先生をいつもリクエスト。何しろ会話を学びたかったんです。でもこの頃、学校でしか英語を使うチャンスがないことに空しさも感じ始めていました…。

 結局ぴったり6ヶ月目で、生まれて初めての海外旅行へ…。そして英会話学校はいったん終了。実際に出かけてしゃべってみよう!と思ったのです☆でも、行き先はイタリア(笑)。英語の前にイタリア語を習っていたので、両方使ってみたいとの理由でイタリアを選びました。欲張り?!英語もイタリア語もちょっぴりづつの私。でも、そのおかげで、両方駆使して沢山のおしゃべりを楽しむことができました。今考えても、あの時いったい何語でしゃべっていたのかよくわかりません(笑)。

 英会話教室は、外国人と話す時に緊張しないというのに役立ち、大勢の前で英語を話す時に緊張しないというのに役立ち、英語っぽく発音してみるのを恥ずかしいと思わないのに役立ちました。(もちろんもっといろいろ役に立ったけど…。)

 でも、英会話に通っていても、やっぱり日本語で書かれた英語学習法についての本や、文法について書かれた「読み物」、いろいろな人の英語学習体験談的な本、すでに活躍している通訳者や翻訳者などの英語を使う職業に就いている方たちの本…etc,etc, そういったものはずっと読み続けていて、案外細かな部分では、そんな本の中から拾った知識が役立ったりしたものです。

 お風呂には英語の本を携えて入り毎晩音読。旅行先で録音したラジオのテープを聴きながら通勤。(これは音楽がメインのラジオを録音したものです。だけど、聞き取れなかったCMがある日突然聞き取れて、足の消臭剤のCMだと分かった時は笑いました。)英語好きの友達と英語で短いメールをしたり…。旅行で知り合った外国人とメールしたり・・・。外国人が経営しているカレー屋さんで会社の休みの日だけアルバイトしてみたり。(お客さんは半分以上が外国人でした。日本語話せる人が多かったけど… ^^;)

カレーさんのではなく、わが家のカレー
c0084837_8305795.jpg



--- 続く ---


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-10-05 08:02 |  * 英語 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://tenesseed.exblog.jp/tb/4676372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cazorla at 2006-10-05 09:03
ネーティブの人と話すと楽しいのは その国の習慣とかいろんなことを教えて貰えることですね。 イギリス人にイギリスには 切手のファーストクラスとセカンドクラスがあるときいたんだけど ファーストの方がもちろん早くて 確実。でも 速達もある。 ファーストクラスの普通便とセカンドクラスの速達ってどっちがはやいの? と聞いたら 「そういうことはあんまり考えないんだ」と言われた。でも 考えるよね←て日本人だから?(笑
Commented by mori_y_sana at 2006-10-05 23:16
to cazorla さん、

そういえば、こっちの郵便にもファーストクラスがどうたらと書いてありました。なんとなく普通郵便のことを指しているのかなと思ったけど、本当のところは分からないまま…(^^; でも「どっちが早いの?」って聞きたいですよね。(笑)

Sanae.
<< えいごとなかよくなりたい!から... えいごとなかよくなれる本  >>