Memphis(8) Soulville STAX Museum

 メンフィス旅行記も8回目。これで最後となりました。いや~。たった3日間の旅行が、1ヶ月も書くのにかかってしまいました(^^;; けっこういろんなところを見てまわれたんだな~と実感。

 3日目の午後は、ダウンタウンから南に外れたSoulville ソウルヴィルと呼ばれる地域へ行ってきました。ここは、アレサ・フランクリンなどの有名なミュージシャンの生家がたくさんある地域。(地図まであります。)いわゆる黒人街(というか住宅地)。今回は生家めぐりのようなものはしませんでしたが、ソウルの名曲・名盤を数多く生み出したレコードレーベル、STAX スタックスへ行ってきました。

 メンフィスのダウンタウンからSTAXのあるソウルヴィルまでは、すこし距離があります。歩いていくのは無理なので、車がない場合はタクシーなどを使うのが良さそう…。ミュージアムの裏手には広い駐車場もあり、私達は自分達の車で行きました。

 メンフィスのダウンタウンからThird Street サード・ストリートを南へ真っ直ぐ、McLemore Ave. マックレモアー・アヴェニューにぶつかったら左折(東)します。そのまま真っ直ぐ行き、Mississippi Blvd. を越えると左側にSTAXの看板が見えてきます。

Third St. から、McLemore Ave に入ったところ。
c0084837_22175793.jpg

ミュージアムの前には、STAX についての解説が立てられています。
c0084837_22211959.jpg

STAX Museum of American Soul Music 隣は音楽学校になっています。
c0084837_2253921.jpg

ミュージアムとしてよみがえる前の姿が写っている、受付前の壁。
c0084837_22392318.jpg

 ぼろぼろの廃墟寸前だったSTAXを、ミュージアムとしてよみがえらせたました。

 この、STAX Museum of American Soul Music と公民権運動博物館は、抱き合わせのチケットがあったようです。私達は知らずに先に公民権運動博物館へ行ってしまったので、そのまま別々に支払いをしました。1日に何回か、20分ほどのSTAXの歴史を伝えるビデオの上映があります。着いたときにはもう始まってしまっていましたが、少し待って、それを見てから中の展示を見ました。上映された映像は、短いながらもSTAX最盛期の様子を伝える、とてもおもしろいものでした。

 さて、ミュージアム内は撮影禁止。でしたが…、知らなかったので、実は写真を撮っちゃった(^^;)帰りにTシャツを買ったのですが、その時レジで、金髪カーリーヘアーの黒人のお兄ちゃんに「カメラのチケットある?」と聞かれ、カメラのチケットって何??とハテナが飛んでしまいました…。本当は入り口でカメラを預けていたらしいのです。入り口で受付をしてくれたのも同じ金髪カーリーくん。どうやら彼、私達には言い忘れちゃったらしく…。しかも何も預かっていないはずの本人が、「カメラ・チケットは?」なんて言うもんだから、ますます意味がわからない私達。ここって入場チケットもなかったよね~…。レシートのこと?でもカメラ・チケットって言ってるよ???

 ようやく、他の係りの人(←この人は白人さん)が気づいてくれ、にっこり笑ってひと言、

OK, OK. Please forget about it.
(いいよ、いいよ、今のは忘れちゃって。) 
そういえば、公民権運動博物館でも、カメラを預けてチケットをもらったよね?あれと同じだったんだ、きっと。入り口で何も言われなかったよね…。本当は預けなきゃいけなかったんだ~。ひゃ~(@@)

 結局、そのままなんのお咎めもなく外に出ました。撮影禁止の札もなかったけどな~。(あったら、撮らないし…。)気がつかなくってごめんなさ~い。

 というわけで、中の写真はここには載せられません…。展示内容については、ミュージアムのウェブサイトをご覧ください。アイク&ティナ・ターナーやオーティス・レディングの衣装、ブッカーT&ザ・MGズの楽器、レコーディング・テープ(マスター??じゃないよね~まさか。)、アイザック・ヘイズのギラギラ・キャディラックなんてものが見られます。

 展示品はダメだけど、トイレの写真だったらいいかな~。

↓ほら、実はこんなに…
c0084837_22305991.jpg
↓オシャレなトイレ!
c0084837_22314028.jpg


 帰り道、STAXの外観撮影をしている私達に、通りがかった地元の男の子達がひと言、

Black Power ブラック・パ~ワ~(^^)♪
思わず振り返り、お互いにっこりしてしまいました(^^)

 さぁ、メンフィス3日間の旅もおしまい。これから再びマーフリースボロに向けて4時間のドライブ!コーヒーでも飲んでから、出発しましょうか、ね♪

STAXの裏の駐車場前はこんな床屋さんが…。
写っていませんが、左隣はメンフィス・スリムの生家。
c0084837_2258268.jpg

Soulvile の風景
c0084837_2325247.jpg

ガソリンスタンドで一服
c0084837_2323081.jpg

 メンフィスの街中に入る手前、ルート61(サードストリート)沿いにあるガソリンスタンド。ここで行きも帰りもトイレを借りたり、アイス食べたり、コーヒー飲んだり…。Our Coffee Blend スモールカップ 1杯85セントでした。(あれ?写真には89セントって書いてあるね…。89セントだったかな?)店員さんも、利用客も、ほとんどが黒人さん。「ア~ワ・コヒ~・ブレンッ♪」と言って大きなコーヒーポットを持ってきてくれた店員の女の子。にか~っと笑ったその歯には、見事な(?)ゴールドがかぶっておりました(ようは金歯)。
Do the funky chicken! I enjoyed Memphis very much!!!!!!


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪

 
[PR]
by mori_y_sana | 2006-09-22 23:09 |  * メンフィス旅行
<< Tims Ford State... 間違い電話に出てみよう(^0^... >>