読書の秋 チャーリーとマーシーの本

 メンフィス旅行記を書き上げたいのですが…次に予定しているネタは、夜ひとりの時に書くのが怖い話なので(笑)、今夜は別の記事を書くことにします。今日は本のお話…。

最近気に入って読んでいる児童書シリーズ
c0084837_1494370.jpg


 もーりーが早く帰ってきた日は、夜ご飯を食べた後、近くの本屋さんにコーヒーを飲みに出かけます。(カフェつきの本屋さんが近くに2軒あります。)もーりーは車雑誌の立ち読み。私は何かないかなぁ~と本の棚を物色…。やっとどこに何の本があるかわかってきました。

 日本では書籍や雑誌は、基本的には定価販売。めったなことがない限り割り引かれることはありませんが、アメリカではバーゲンコーナーもあれば、10%OFFしてくれるメンバーズカードなんてものまであったりします。本好きにはまことにうれしいこのシステム♪しかも、近くにあるBOOKS A MILLION ブックス・ア・ミリオン(以下B・A・M)という書店では、バーゲン品もちゃんと10%OFFしてくれる。太っ腹ね~。

 さて、最近私が買っているのは児童書。(笑)ペーパーバックの先駆け的存在、ペンギンの出している子供向けシリーズ、PUFFIN MODERN CLASSICS パフィン・モダン・クラシックスというシリーズです。2週間前にB・A・Mのバーゲン品コーナーで、このパフィンシリーズの本を2冊買いました。1冊はThe Cat Ate My Gymsuit 「ザ・キャット・エイト・マイ・ジムスーツ」という本。そしてもう1冊は、映画にもなったRoald DahlCharlie and the Chocolate Factory 「チャーリー&ザ・チョコレート・ファクトリー」です。

 このCharlie and the Chocolate Factory 「チャーリー&ザ・チョコレート・ファクトリー」をレジに持っていったところ、夜遅い時間にいつもいるEvan エヴァンさんという店員さんが、

Oh! It is one of my favorite book! It is very fun!
(おぉ~!この本僕大好きなんだよね~。すっごくおもしろいよ!

There is the next book of Charlie. It is also very fun!
2冊目もあるんだ、チャーリーの。それもとてもおもしろいよ!)
と興奮気味に…。次にB・A・Mの中にあるカフェにコーヒーを飲みに行った時なんて、わざわざチャーリーの2冊目の本を持ってきてくれて、

This is the next book of Charlie and the Chocolate Factory.
(これがチャーリー&ザ・チョコレート・ファクトリーの次の本だよ。

I will keep it for you!
とっておいてあげるね!)
と…。びっくり。実はまだチョコレート・ファクトリーさえ読んでいなかったのに…(^^;;

 で、今、チャーリー&ザ・チョコレート・ファクトリーを読んでいます。昨日から。すっごくおもしろいです(^0^)エヴァンさんの言うとおり♪あっという間に半分読んじゃった。

 で、今週からもーりーが忙しいし、なかなか夜に本屋なんて行かれないだろうから、昨日の夜、B・A・M に再び連れて行ってもらって、2冊目の本も買いました。 Charlie and the Great Glass Elevator 「チャーリー&ザ・グレイト・グラス・エレベーター」 。それから、同じくロアルド・ダールのMatilda 「マチルダ」という本も。

 全部パフィン・シリーズで、バーゲン品のため1冊3ドル以下。うはは~(^^)いいね、安く本が読めるのって、幸せ♡ (この夜はエヴァンさんはいなかったみたい・・・。次回会ったら、2冊目の本も買ったよと伝えなくては…、ね。)

 久しぶりに、ぐあ~っと集中して本を読む楽しさを味わっています♪

↓本屋に行く前に食べたのは
久しぶりの明太子スパゲッティ♡
c0084837_1414883.jpg

↓と、バルセロナ土産のタコで作った
マリネサラダ♪
c0084837_14142414.jpg



 さて、最初にチャーリーと一緒に買った「ザ・キャット・エイト・マイ・ジムスーツ」という本。タイトルと中身の関連はよく分かりませんでしたが、これもおもしろい本でした。著者はPaula Danziger パウラ・ダンジガー(?)という女性。もと学校の先生だったらしく、その人の最初の小説です。初版は1974年。もーりーの生まれた年ですね。(↓ここから先は読書感想文のようなものです・・・。)

ベランダでご飯食べながら読書♪
c0084837_13405964.jpg



 13歳のちょっと太目の女の子が主人公。自分の見た目を気にして、なかなか積極的になれずにいる女の子マーシーの、家族や学校、友人の話です。ある日今までいた英語の先生に代わって、今までとは全然違う女の先生がやってきます。その人は本当に、今まで知っているどの先生とも、どの大人とも違う…。まずは、ちゃんと子供達の話を聞いてくれる。一方的に怒鳴ったりもしない…。へたくそでも、「一緒に」バレーボールを「楽しむ」。そして、一人ひとりに、誰かと同じ自分を目指すのではなく、誰とも違う自分になれと教えます。

 マーシーやマーシーの友人達はその英語の先生が大好きになります。そして自分のことも徐々に好きになっていく…。自分は自分でいいんだと気がついていく…。でも、その先生は、「ラディカルすぎる」という理由で学校を解雇されてしまいます。今まで引っ込み思案だったマーシーは、友人達や母親、友人の親達と先生をサポートしようと決意します。そのことで校長先生や父親からはすごくなじられる。でも、自分の正しいと思ったことをマーシーはやり通そうとがんばる。そしてそれを通して、心から分かり合えるお友達もできる。マーシーを応援してくれる母親は、今までは夫の言いなりだったけれど、夫に対しても自分の「意見」を口にするようになる…。

 1974年ごろ、アメリカはどんな感じだったんだろう。ひょっとしたらまだ、女性が「自分の意見」を大声では言いにくい環境だったのかしらん? Miss / Mrs.で分けられる呼び名。新しく来た英語の先生は、自分のことを Ms. と言う。そのことを特徴付けて書かれている時代…。

 最後、解雇されてしまった英語の先生は、復帰できる道を勝ち取りますが、その勝ちの瞬間に、マーシーたちの前で自らその学校を「辞職」すると宣言します。解雇ではなく、辞職。自分の教えてきたことは間違ってはいない、子供達にいつまでもそのことは覚えていて欲しい。でも、復帰したあと、同じ現場で、今までのように自由にのびのびと生徒達と接することは難しいと、その先生は知っていました。同じ状態に戻れたとしても、それは決して同じではない…。自分が去ったとしても、自分が教えたことは、心の中から消え去りはしない。

 負けるが勝ち、という言葉を思い出しました。勝ちの瞬間に、そのことさえも手放すこと。執着しないこと。自分の心だけ守って、立場などにはこだわらないこと…。手放すことによって、手放したものと同じか、あるいはそれ以上のものを手にすることができると、きっとその英語の先生は知っていたのだと思います。

 たとえ目の前で、ひとつ扉が閉じてしまったとしても、かならず別の新しいドアが、あなたのために開いています。さぁ、そのドアを探しましょう!ちょっと後ろを向くだけで、簡単にみつかるかもしれませんよ(^^)


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-09-20 14:20 |  * 本・読書・映画 | Comments(10)
Commented by づみ at 2006-09-20 17:43 x
本の出会いを感じますね
すごいな〜
もう絶対好きになると過信していらっしゃって
まさにその通りになって
素晴らしい〜

明太子って手にはいるんですね?
びっくり〜
タコのサラダも美味しそうです
Commented by ゆうこ at 2006-09-20 21:54 x
秋の夜長は、私も読書にいそしみます。
図書館から借りたり、友達と貸し借りしたり。ブックオフとか。
そちらは、本の価格が自由なんですね。いいなあ。新刊本は、滅多に買わなくなりましたよ。
英語の先生の話は、日本語訳あるのかなあ。すごく読みたいと思いました。小学校5.6年の時の担任が、こんな感じの先生でした。この先生に出会わなければ、今の自分はない、と思ってます。
コーヒーが飲める本屋さんって、普通なんですか?それもうらやましい~~。
昔の夢に『小さいけど、カフェコーナーのある本屋さん』というのがありました。
Commented by ケンボー at 2006-09-20 22:10 x
sanaeさん、こんばんは。
毎日ブログ、読ませていただいてます。
カフェ付きの本屋さんですか!いいですね~~!日本ではなかなか見かけませんよ。あったと思ったら「マンガ喫茶」でした(笑)
図書館でコーヒー飲めるコーナーがあるといいなぁ・・・
ベランダでの読書も風流ですよね~~♪
我家は団地なので狭いベランダでコーヒーなどとても飲めません、うらやましいです。

しかし、毎日感心しちゃうのが、sanaeさんの文章構成・・・
「すごい!」の一言です。このまま本として出してもいいくらいですよね。
本の題名は当然「Tennessee Days」で。
あと、毎日カメラは持ち歩いてるんですか?それともカメラ付携帯?
Commented by mori_y_sana at 2006-09-20 23:25
to づみさん、

本屋さんの店員さん、この本、すごーく好きなんでしょうね(笑)次に会ったら、おもしろかったと言わなくちゃ、ですね☆(日本ではあまりこういうのって、本屋さんの店員さんとはないですよね…。なかなか。)

明太子スパゲッティは、日本食材屋さんに「素」が売っているのです♪かけて混ぜるだけの、のりまでついてるアレです。久しぶりで超美味しかったです♡ 明太子も冷凍で売っていますが、高いのでまだ買っていません。1回くらい買ってみたいです。有名メーカー品です。(笑)

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-09-20 23:40
to ゆうこ さん、

私も日本にいた時はゆうこさんと同じで、図書館・ブックオフ・お友達と貸し借り♪で読書してました~(^^)日本は本が(平均的に)ちょっと高いですね…。紙質や装丁もとても良いのだけど…。ま、こちらでもハードカバーの本は20ドルとかするので、極端な気もしますが。本も服も10ドル越えると高いと感じるようになってしまいました。(笑)

こちらでは、本屋さんの敷地内にカフェが併設されているところをよく見かけます。私が以前働いていた書店も、アメリカにあるバーンズ&ノーブルという大型書店に視察に行きました。B&Nはスタバを併設している本屋さんです。たしか雑誌は自由に読めるんです、カフェで。

マーシーの本、調べてみましたが、日本で翻訳されているかはわかりませんでした。でも、同じ著者の本は4冊くらい翻訳本がありそうです。日本ではポーラ・ダンジガーという表記で出版されているみたいです。

Sanae.
Commented by mori_y_sana at 2006-09-20 23:56
to ケンボー さん、

漫画喫茶、案外アメリカ人がうらやましがるかもしれませんよ~。よく行く本屋さんも、日本の漫画コーナーは棚がけっこう広くとってあります。たしか青葉台のブックファーストは、オープン当時カフェを併設していたと思うのですが、今はやめちゃったのかしらん?青葉台はお近くですか?

今のアパートメントのベランダ、横には短いのですが、意外と奥行きがあるんです。測ってびっくり、なんと1500mmもある!(日本の普通はどのくらい?)そして洗濯物を干すのがNGなので、結果的に広~びろ♪ときどきご飯も食べちゃう、ここで。冬は寒いらしいので、今のうちです☆

楽しくお読みいただけうれしいです。書くの大好きです♪カメラはいつも携帯するようになりました。愛用品は Pentax Optio S4i です。機能を全部理解してはいません(^^;;

Sanae.
Commented by grapefruits73 at 2006-09-21 08:27
身近に本があるって幸せよね☆
何もしなくても、本があれば退屈しないわよね♪
新しい本がoffになるなんて…いいなぁ~!
本屋さんに行くと、1冊手にとってはあれもこれもで…
レジにいくまでには3冊は手にしてるわ^^
自分で買うとお財布の中が寂しくなるから、頂き物の図書カードが強い見方!!
本屋の店員さんと仲良くなれたのはラッキーだったね☆
「ザ・キャット・エイト・マイ・ジムスーツ」って今の社会に必要なものを教えてくれる本ですね!
本を通して、改めて反省したり、感動したり、教えられたり…
やっぱり本は人生の宝物だわっ!

Commented by mori_y_sana at 2006-09-21 11:46
to grapefruits73 さん、

図書カードとかいただいた時って、とてもうれしくなりますよね(^^)”本は人生の宝物”って、素敵な台詞ですね~♪いただきっ!?

Sanae.
Commented by ろみい at 2006-09-21 16:20 x
Sanaeさん、本との出会いって素敵ですね。
そして、人生を変えてしまうこともあることもある。

今日、ここで紹介された本
特に「ザ キャット エイト ジムスーツ」の読書感想文。
大変興味深く読みました。
最近、まさに
負けるが勝ち というような状況に身近な人がなってしまって、
その人のことを思ったとき、最後の言葉がじ~んときてしまいました。
新しいドア...見つかるといいな!
Commented by mori_y_sana at 2006-09-22 00:30
to ろみいさん、

読書感想文の方までみなさん読んでくださり、ありがとうございます。「ザ・キャット・エイト・マイ・ジムスーツ」、なんとなく買ったにしてはとてもよい本でした。ちょっとびっくり。うれしいです。

最後の3行は、以前何かの本で読んだのの受け売りなのですが、でもこの考え方を知ってから、私自身あまり悩まない(悲しみすぎない)ようになりました。フローレンス・シンという人の本だったかなぁ…。アメリカのセルフ・ヘルプ本の古典(?)と言われている"Game Of Life & How To Play It" に出ていたような気もします。

Sanae.

<< Memphis(7) 公民権運... ”しゃぶしゃぶ”肉を買いに行こう! >>