小学校で折り紙

 地元の小学校の折り紙教室に参加させていただきました(^0^)ノ

 今月で日本へ引越ししてしまう女の子(Hちゃん)のお母さん(Mさん)が、クラスのみんなへのありがとうのイベントとして折り紙教室を主催。私はそのお母さんのお友達と一緒にお手伝いに行きました。

 子供のいない私にも、小学校の様子を見るチャンスをくれたMさん、そしてHちゃんと4年生のみなさん、ハリス先生、本当にどうもありがとうございます(^^)写真も撮らせていただいたので、縮小版ですが、皆さんにもその様子をちょっとだけ・・・。撮影した画像は、CDに焼いて、ハリス先生に後日お渡しする予定です♪

c0084837_429857.jpg
c0084837_4292492.jpg
c0084837_430859.jpg
c0084837_430288.jpg


 この日の折り紙は紙コップと紙飛行機。最初にアルファベット順にカタカナで書かれた自分の名札を一人ずつ受け取りに来ます。その後、2色の折り紙で紙コップを2回折るのに挑戦。ホワイトボードに貼りだされた大きなインストラクション・シート(説明書)を見ながら、自分でどんどん折れる子、なかなか折れない子、他の子のを手伝ってあげる子など様々…。手を上げて、口々に、
Is this good? (僕のできてる?)
と聞いてきます。みんなかわいい(^^)
OK! Good, good! (できてるよ!上手だよ!)
たま~に、あらあら・・・と言う場合は、途中まで一緒にやってあげる。私自身がなんて言っていいか折り紙の説明を英語で分からなくても、
Try again! Together! (もう1回やってみよう!一緒にね!)

OK! You got it! Good job! (ほ~ら、できたよ!上手、上手!)
と言ってあげればいいんだ・・・。なんだか日本で出会った、アメリカ人の英語の先生達を思い出すなぁ~。あの時自分が言われたことを、今度は子供達に言ってあげればいいんだ♪褒められてうれしいのは、大人も子供も一緒だよね(^^)

 一緒に折り紙を折りながら、私自身もちょっぴりお勉強。「ここはしっかり折り目をつけてね」というのは、Press hard here! と言えばいいんだね。なるほど~。インストラクションしている人の台詞を聞いて真似します。

 最初に配られたカタカナの名札、シールになっているのを胸につけます。カタカナで書いてあるから、アメリカ人の子供達は上下が分からず、逆さまにつけちゃう子がた~くさん。そんなときも、Upside-down! (逆さまよ~)と言って直してあげればOK☆子供にとっては、逆さに付けちゃったこともおもしろくてしかたがないみたい。(笑)「私は?」「僕は?」って次々に聞いてくる。

 今度は出来上がった紙コップに、自分の名前をカタカナで書いてみる・・・。これはみんなけっこう上手(^0^)すご~い!エクセレント♪

 今度は紙飛行機・・・紙飛行機を折るよって最初は内緒。なんだかテストの答案用紙みたいなプリントが配られた。みんなドキドキ…。何をやるんだろう~。紙飛行機を折るよ、と聞くやいなや、男の子達のはしゃぎようったら。(笑)一斉に、
Yeah! Air plane! (飛行機!やった~!)
洋の東西を問わず、男の子達は乗り物が好きね。

 折りあがった紙飛行機、飛ばしたくってうずうずそわそわ。カタカナで名前を書いただけじゃなく、模様もつけてる子も。ハリス先生の飛ばした紙飛行機、ぴゅ-んと教室の対角線上に飛んでいったよ。え~、あんなに飛ぶんだ、これ!

 最後は日本語で自己紹介。一人ずつ立って、お友達の方を向いて…

わたしはさなえです。○○才です。
私は一人ずつに拍手してあげた。どんなに声が小さくても、恥ずかしそうにしていても、みんなちゃんと言えたよ(^^)もしかしたら、生まれてはじめての日本語。Good trying! (がんばったね!)

 みんな楽しくってわいわいがやがや…。ハリス先生が時々大きな声で、
One! Two! Three....! (いち、にい、さん…)
と言うと、子供達はみんなシーンと静かになる。頭っから「静かにしなさーい!」と怒鳴らないで、「1・2・3…」っていう猶予があるところがいいな。そして、

You need to listen now. (今は話を聞きなさい。)
と静かに言う。この静かに、っていうのがポイントな気がする。子供達はいわれていることを理解しているみたい、ちゃんと。

 

 最後に、学校の中も案内してもらいました。カフェテリア、体育館、図書室。いろいろな場面に、担任の先生以外のボランティアの大人がたくさん。係りを持った上級生の姿も。そして印象的だったのは、大人と子供の関わり方。自分の友達のお母さんだと気がつくと、遠くからでも、すれ違う時でも、手を振ってきたり話しかけたり。どの子もとっても気さく♪

 「自分の周りの大人は親と担任の先生だけ」というのとは違った世界がありました。先生とお母さん達のやり取りもフレンドリー。お互いの存在に気がついたときの表情がパッと明るくなる感じ。まるで友達にでも会ったときのようです。

 日本の学校のこともよくは知りもしないけど、でも、今回のアメリカの小学校訪問、なかなか興味深く、とってもとっても楽しかったです♪連れて行ってくださって、ありがとうございました!

 
人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-09-16 05:19 |  * イベント
<< 子供と学ぼう!一緒に遊ぼう!:... Memphis(5) SUN ... >>