家族からのメールと、私とテネシーとのつながり

 9月になりました。すっかり涼しくなって、なんだか夏が終わるのが淋しいような感じです。私の生まれ育った厚木市では、8月に大きな花火大会があります。それからもっと身近な近くの神社では、今までは9月のあたまに秋祭りがありました。今年は少し早めにやったようで、父と母が携帯で撮った写真を送ってくれました。

↓これは父の撮ったお囃子のやぐら
c0084837_2535815.jpg
↓ここから先は母の撮影。ヨーヨーすくい
c0084837_254999.jpg

↓べこうあめ
c0084837_2542087.jpg
↓ぶどう
c0084837_254324.jpg

↓こまめ
c0084837_2544796.jpg
↓ごぼう天
c0084837_255419.jpg

↓Bon のペペロンチーノ
c0084837_2551323.jpg
↓絵画展
c0084837_2552186.jpg


 携帯でこうやって写真を気軽に送ることができるのは便利でとてもいいですね。会うことができなくても、父も母も元気なのだな~と安心します。こまめも。このブログは両親も親戚も従姉妹たちも時々読んでくれているようです。今朝はフランスに出張中の従兄弟からメールが来ていました。日本のビジネスマンは世界中を飛び回っているのだなぁとあらためて思いました。もーりーだけじゃないんだもんね。

 フランスにいる従兄弟はわが親類の中ではいちばんの若手ですが、もう立派な2児の父。ひとりでの海外出張は大変だと思うけれど、メールをくれてうれしかったです(^^)フォアグラ缶のお土産は私達は食べられないので残念だけど…。(笑)彼がフランスから戻ったら、恒例の秋のBBQが叔父さんの家であるようです。フォアグラ缶はその時のオードブルかな?

 出張や出向の長い短い、それに家族の事情などで、一緒に来る人、一人で行く人、待っている人、様々です。ひとつの企業の拠点が世界各地にちらばり、取引先も世界各地に広がり、時間も海も言葉さえも越えて、仕事をしていくのは本当に大変だと思います。便利になった分、TV会議、電話会議、e-メール、メッセンジャーetc etc... 時差の中、重なるほんのわずかな時間で打ち合わせをしたり…。(私自身も結婚直前は、アメリカのお取引先を相手にやり取りをする仕事でした。)

 でも、ちょっと場所を変わっただけで、いろんな出会いがあり、不思議な縁があり…。そういうのっておもしろい。ひょっとしたら、場所なんて変わらなくたって、今まで右ばかり向いていた人が、何かの拍子に左を向いたってことだけでも、見えてくる世界は変わるのかも…。

 いろんなことを覚悟してテネシーまでやってきました。ずうずうしく生きようと思っている分、不安なんて置いてきたけど、どこまででも歩きたい私が、車がないと動けない街に来るのだってちょっと覚悟が必要。現地の人としゃべりたくてどこまでだって行っちゃう私が、部屋に缶詰になってるのだって覚悟が必要。日本にいるときから、日本人だけとの関係じゃ満足できないって私が、日本語だけで暮らすのだって覚悟が必要。みんな分かった上での覚悟の渡米。

 とはいうものの、私はとってもラッキーです。覚悟はしたけど、心配はしませんでした。「こうかな、ああかな。」と心配に思っているのは全部心の中でのこと。本当は何が起こるかわからない。Let it be はやっぱり word of wisdom 知恵の言葉な気がします。

 今、いろんな方の助けを借りて、私は外出もできるようになりました。時にはランチやおしゃべりも楽しめます。アパートの管理人さんたちも同じ敷地に住んでるようで、そのおかげで安心して毎日を過ごすことができます。もーりーが一所懸命会社でがんばってくれているおかげで、現地の人とも仲良くなり、招待してくださる方もいます。今、私が「覚悟」してきたことは、ひとつとして私を縛り付けてはいません。自分達の家にいるときも、心のそこからのんびりとくつろぐことができています。時に刺激的な平穏な日々に感謝♪車の免許も初めて欲しいなぁと思うようになりました。(笑)(私は車のない家で育ったので、もーりーに会ってから車に乗る生活を知りました。)

 e-メールのおかげで日本の家族ともやり取りができ、ブログのおかげで新しく知り合えた人もいる…。しかも、アメリカに来てアメリカにいる人たちと知り合えただけでなく、おもしろいことに、日本にいる人たちとも新しく知り合うことができています。日本だけじゃない。ヨーロッパや中国にいらっしゃる方たちとも(^^)

 出発前に「覚悟」を決めたので、私はもーりーにお願いをして、パソコンを買ってもらいました。そしてブログをやろ~っと決めました♪絶対にネガティブなことは書くまいとルールも決めました。トラブルだってブログネタ!笑ってしまえば嫌な気分もスッキリです。読んでもらって楽しいって思ってもらえるように☆そうしたら、楽しいことがどんどん近寄ってきてくれた♪とってもとってもうれしいです。

 日本で部屋の面倒を見てくれている両親、ブログでおしゃべりできる従姉妹や友達、出張先からメールをくれる従兄弟、ケータイで「いつでもメールしてね」と書いてきてくれる義妹、同じ街に暮らす会社の方々、ひょんなことから知り合って、遊びにに来てくれたり、誘ってくれたり、メールをくださるアメリカ暮らしの先輩たち、そしてまだお会いしたことがないたくさんのブロガーの方々。

 人との関わりがあるから、生きているのっておもしろいって思えます。

 今回テネシーに来て良かったな~と思っています。
本当にみなさま、いつもありがとうございます(^^)
(もーりーも、皆さんが私を外出やお茶に誘ってくださっていること、とても感謝しています!)

《途中ですが、おまけ》
いろいろなことを考えながらもくもくと作った久しぶりのパエージャ
c0084837_4442172.jpg

お米はちょっと合わなかったかも…。和食用に買っていたのを使ったので(^^;;
今日も食べるのはひとり。Dos Equis 美味しいです。
c0084837_4444783.jpg


 さて、今週末はLabor Dayという祝日が絡んだ3連休です。私ともーりーは黒人音楽のふるさとミシシッピーのクラークスデイルメンフィスへ小旅行に行ってきま~す♪目当てはSUN STUDIOSTAX、そしてArcadeというメンフィス最古のカフェ、ミシシッピー川クルーズ、ライブハウスでのSOUL FOOD!キング牧師の暗殺現場、公民権運動博物館にももちろん行ってきます。

 10代の終わり、私はアメリカの文学や映画、音楽が大好きになりました。もっと早く生まれてきたかったといつも思っていました。ジャズの大好きな叔父さんの本棚から、リロイ・ジョーンズの本を借りてきたり、図書館でラングストン・ヒューズの詩集を借りてきて読んだり。映画は、今やブロードウェーミュージカルになっている「ヘアースプレー」が大好きでした。公で黒人音楽を聴くことや踊ることがタブーだった時代がコミカルに描かれています。

 そして下北沢の路上で、吉田るい子さんの「ハーレムの熱い日々」の文庫本を10円で買いました。表紙の写真に釘付けになって…。この本は公民権運動の真っ只中をハーレムで暮らしたるい子さんが書いたルポルタージュです。公民権運動の前と後。前の時代には日本人、私、はColored (有色人種)と書かれたトイレを使わなければならなかった・・・。

 50年近く経った今、アメリカで暮らす私は、嫌な気分を少しも感じずに生きていくことができます。もーりーとNYCに行こうかと言っていたこの連休。いろいろ調べているうちに、メンフィスに変更することにしました。私が訪れるべきところは近くにある。私の見たかったアメリカはまさにテネシーにある。出発を前にして、今はそんな気分です。

 連休明けの5日から、メンフィス編を書きたいと思いま~す!

 皆様、良い週末(連休)をお過ごしください♪


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
 
[PR]
by mori_y_sana | 2006-09-02 04:34 | 暮らし
<< BAR SANA :かぼちゃの... もーりー亭 鯖の塩焼きと焼き... >>