Barcelona(5) Varias cosas さまざまなこと

 番外編 バルセロナ最終編です。最後は日常のあれこれを…

 バルセロナ編を書くきっかけを与えてくださったFairmontさんに感謝いたします(^^)この場を借りて、「本当にありがとうございました♪」バルセロナ旅行、ぜひ楽しんできてください。

 まずは写真集も出ている名物市場。La Boqueria ボケリア (大きな穴?とかそんなニュアンスなのかな?)という愛称で親しまれている S.Josep サン・ジョセプのメルカート(市場)にご案内。(ついでに写真はないけれど、他の市場での話も織り交ぜて…。途中で出てくる料理写真はすべて、私達がアパートメントホテルの小さなキッチンで作って食べたものです。太るわけだわ!)

La Boqueria ボケリアの入り口。吸い込まれそうな活気です。
c0084837_448662.jpg

 メトロL3Liceu リセウ駅で降りると、階段を上がった上がランブラス通りの中間地点です。階段の上がり口の辺りに、市場を示す標識が出ていたと思います。位置的には、海を背中にしてカタルーニャ広場のほうを向き、ランブラス通りの左手地域にあります。

↓ハムやチョリソを売っているところはこんな感じ。
c0084837_4474454.jpg

みつかるかな?こんなもの…。
c0084837_4482630.jpg


甘納豆のような食感と味の果物を、ベーコンで包んだ食べ物。名前は忘れてしまいましたが美味しいです。スペイン人カップルの家にお呼ばれしたときに初めて食べてハマりました。加工食品を扱っているところで売っているかも…。(BARにもあるのかな?)

↓八百屋さんはこんな感じ。
c0084837_4484669.jpg

↓野菜やきのこは、焼いただけでもとっても美味しいです。ニンニクも!
c0084837_449431.jpg

(ニンニクはスペイン語でアホ Ajoです。ちなみに牛はvaca バカ。牛肉のニンニク風味なんてのは、vaca de ajo バカ・デ・アホ?! ガイドブックにも書かれている言葉の笑いネタでした~。本当は牛肉はTernera テルネラと書かれてることが多かったように思います。)


 中にいったいどのくらいの売り場があるのかは分かりませんが、週末ともなると人人人の大賑わい。売り子さんたちも仮装をしていたりします。(笑)切ったフルーツをその場で食べさせてくれるお店や、バールなどもあります。ハーブやスパイスだけのお店なども。私はそこで紐でしばったブーケガル二を何回か買いました。1個や2個だけでも売ってくれます。Herbエルベと発音されていたと記憶します。

 オリーブの実も大小さまざま!玉ねぎのちっちゃいのみたいなのと一緒にグリーンも黒も混ざっている小粒なものを好きで良く買っていました。値段の表示はだいたい1㎏でしたが、グラムでも大丈夫です。250グラムなら un quaranta ウン・クワランタ 4分の1と言えば良いようでした。

 あとはカタルーニャのチーズや、ベリョタと呼ばれるドングリだけ食べて育った豚さんの生ハムを買ったりしました。ベリョタは高級生ハムですが、50グラムで買っている人もいましたし、私達はいつも100グラムだけ買っていました。100グラムが日本円で¥1500くらいもする…。でも、現地で切りたての生ハムを食べる喜びは格別v(^0^)v 見事なまでに薄ーくスライスしてくれる技も見ものです。

ベリョタでピンチョ
c0084837_4493657.jpg


 この時は、お店の人に「私が人生で買った生ハムの中で、一番高級な生ハムだわ!」とスペイン語で言えたのですが、もうなんていうのかすっかり忘れました…(^^;; ちなみに生ハムはJamon ハモンと言います。Jamon Iberico ハモン・イベリコ・ベリョタ。(ベリョタの綴りも忘れちゃった…とほほ。言葉って忘れるのね~。)

!Esato jamon es mas caro en mi vida! エスト・ハモン・エス・マス・カーロ・エン・ミ・ヴィーダ!(人生で一番高い生ハム!)でいいのかしらん??? (^^; ?Vale, cazorla-san? カソルラさーんあってますか~?(笑)助けを求めたりして…。

 「カタルーニャ独特のチーズはどれですか?」と言ってチーズも買いました。出てきたチーズはかなりクセのあるチーズでしたが美味しかったです。ごめんなさい、これも名前は忘れちゃいました。代わりに同じ質問の仕方を… チーズのことはQueso ケソと言います。 

?Que es el queso de catalunya especial? ケ・エス・エル・ケソ・デ・カタルーニャ・エスペシアーレ?(カタルーニャ特産のチーズはどれですか?)

 旅行中は買うのが難しいかもしれませんが、魚売り場も一見の価値あり!です。サン・ジョセップだけでなくスーパーマーケットの魚売り場も同様ですが、売り物のお魚が一斉にお客さんのほうを向いて、口をカパーッと開けて並べられているんです。(笑)けっこう大きなお魚だと、牙やするどいギザギザの葉なんかが見えて大迫力!(あ~写真を撮っておくんだった!)

 よその市場(もっとローカルなところ)では、いわしはその場で手開きにもしてくれましたし、鯖なども頼めば3枚におろしてくれるようでした。鮭などは頭のほうから、その場で輪切りにスライスして売っていました。厚さも指定できます。月曜日はお魚売り場は休みのところが多かったです。だから狙いは火曜日!新鮮です。(たいていの市場は日曜日はお休みです。ボケリアはやっていたかな???)

酢漬けにしておいた鰯(身がぼろぼろ…)を、タパス用の丸いお皿で押し寿司にしてみました。
c0084837_4495435.jpg


 規模はやっぱりボケリアが最大ですが、メルカート(市場)はいろんなところにたくさんあります。平日にバルセロナにお出かけの方は、他の市場ものぞいてみると楽しいかもしれません。市内の地図にはメルカートのマークもちゃんと載っていたと思います。お菓子やパンなど、その場でぱくりとできるおやつも売っていますよ(^^)

 買い物をしていておもしろいのはやっぱり言葉。スペインではパン屋さんでもガラスのケースに品物が並んでいて、「○○ください」と言わなければ、自分でとることのできないお店が多いのですが、市場でも野菜を手に取ろうとした私におばさんが…
だめ!

ひょえ~(@@)怒られたのかと思いました~。(笑)

 いえいえ、違います。だめと言うのは、Da me ダ・メ(私にください)と言う意味なんです。だから、買うならこっちによこしなさいって言ったのかな?(あれ?やっぱり怒られてる??)市場では勢いのあるおばちゃんたちが多いのはどこの国もおんなじ?!でも、お釣りのないようぴったりお金を払えた時などは、

Perfecto! ペルフェクト!(ぴったりよ!)

と褒めてもらえたりもします。なんだか子供のようですが、そんなやり取りが楽しい市場です。

 サン・ジョセプを見た後はランブラスの周辺を散策。大道芸人がランブラスの両脇にはたくさん。海のほうへ向かって歩いていくと露天商も軒を連ねて並んでいます。(週末)1本脇に入ってカテドラルやゴシック街のほうへ細い細い道を入っていくと、どこからともなく音楽が…。角を曲がると弦楽器のアンサンブルに遭遇したり…。迷路のようでドキドキワクワク。いきなり視界が開けたそこはカテドラル前。ここにもやっぱり大道芸人たち。サーカスみたいな芸も見ることができます?!(時々街中で平日に練習している人も見かけます。)

?Ahora si? アオラ・スィー?(いいかい?行くよ!)

... 3,2,1 Zero! … トレス、ドス、ウノ、セロ!


彼女達のシンバロのCDを1枚買いました。
(この真上には街中のピカソの作品がありますよ!さぁ、ここはどこかな?)
c0084837_4501828.jpg

カタルーニャ広場とランブラスの境目。ここでもサンポーニャを演奏する人が。
(もーりーはマドリッドの路上でサンポーニャのCDを買ってきました。南米の楽器かな?)
c0084837_4573946.jpg


 さぁて、ちょっと遊び疲れちゃったから、今夜はホテルの近くの中華料理屋さんにでも行こうか?そうだね!イェーシーさんのところはいつも混むから、早めに行かなくちゃ!今日飯店はスペイン人も大好きだものね♪台湾出身のイェーシーさん一家がやっている中華料理屋はいつも大賑わい。ボケリアにだって負けていません。イェーシーさんはいつもにこにこ。もーりーと気が合うみたいで、とても良くしてもらいました(^^)ちょっととぼけたおもしろい人。いくチャンスがあったら、日本語で「こんばんは!」と話しかけてみてくださいね!

Restaurante Chino HOY (リストランテ・チノ・オイ) 今日飯店
c0084837_4505631.jpg

Restaurante Chino HOY
Travessera de Les Corts 281
TEL: 93 430 0079
〔定休日〕 水、日の夜、8月 *最新情報をご確認ください。

大好物のArroz Fritos con Gambas "muy grande" アロス・フリトス・コン・ガンバス・ムイ・グランデ (海老炒飯の超大盛り)を無言で食べるもーりー
c0084837_4511710.jpg

 もーりーはこのお店の漢字メニューとスペイン語メニューを照らし合わせて、食べ物のスペイン語を覚えたそうです。鶏ならpollo ポジョとか、豚ならcerdo セルド とか…。根性と工夫の人です。(笑)

伝言ゲームのように、店中の人が隣のテーブルのあれ!隣のテーブルのあれ!と注文。どれもおいしい今日飯店。熱々のジュージューを持ってきてくれます。
c0084837_4513635.jpg


 最後は日用品の数々を…。

Arroz アロス お米。美味しかったです。
私達が買うお米を、どれどれとのぞきに来るスペイン人もしばしば。(笑)
c0084837_4285755.jpg

日本製のごま油とたまり醤油。ダイエットショップ(自然食品店)にて。
c0084837_4302874.jpg

手に優しい食器洗い洗剤。ハーブエッセンス入り。仏製。(ダイエットショップにて)
c0084837_433778.jpg

手洗い用の洗濯用洗剤と柔軟剤。手に優しく、香りも穏やか。そしてかわいい。
c0084837_4341731.jpg


冬のメトロはこんな雰囲気?!どんな?(笑)
週末は中で音楽を奏でる人に遭遇することもありましたが…。いすは硬いです。ドアは手動。
c0084837_4393935.jpg



 長い長い番外編。お読みいただきありがとうございました。(^0^)

Muchas gracias! Hasta luego!




人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-08-24 05:05 |  * スペイン〈番外編〉 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://tenesseed.exblog.jp/tb/4402366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cazorla at 2006-08-24 07:18 x
もーリーさん 作家みたいでかっこいい。 さなえさんも(あれサナエさんですよね?)素敵。 バルセロナはいつごろのことですか? よく覚えてますね~ 私は一週間以内でないとすぐ忘れてしまいます。 でもさなえさん 以前 日記帳の写真だしてらしたものね。 記録されてるんですね。

確かにバカは生きて動いている状態の時にしか使いませんね(笑
日本製のごま油 って ボトルがおしゃれですね。
輸出用特別製ですか? メーカーは 自然食品かなにかのちいさいかいしゃなんですか。

Commented by mori_y_sana at 2006-08-24 10:01
to cazorlaさん、

やっぱりvacaは生きて動いている牛さんのことですよね。(笑)バルセロナはもーりーが2004年後半~2005年4月、私は2005年の1月末から4月頭までです。日記はつけていなかったのですが、アルバムを1度作ったので割と覚えているんです。あとはバルセロナでは一人でガンガン歩いていたので。(笑)私はこの写真よりも「スペインのおいしい食べ物のせいで」太ってしまいました。(汗)もーりーは髪の毛伸び放題のとき。作家みたいですか???意味もなく手放しで喜ぶと思います、きっと。(笑)

私も「三つのドングリ」を今日じっくり読みました♪cazorlaさんのご家族もとっても素敵ですね!私もマイスキー大好きです。あと、産婦人科に張ってあったという詩も印刷させていただきました。素敵な詩ですね。

ごま油や醤油は輸出用だと思います。メーカーは覚えていませんが、日本製と英語で書いてあって驚いた記憶があります。角やのごま油は11ユーロもして高くて買えなかったので、この5ユーロのごま油を買いました。もっとも後で韓国屋さんで3ユーロくらいの大きいのを見つけて悔しがったのですけれど…(^^;;

Sanae.
Commented by grapefruits73 at 2006-08-24 12:08
バルセロナ編…待ってました~!
えっ!最終編なのね…(><)
日常的なレポがたまらなくおもしろい!!☆☆☆☆☆でした♪
語学は学ぶ為…だけじゃなく、それをどう生かすか…が課題!!
sanaちゃんのライフスタイルに憧れちゃうなぁ~!!
Commented by mori_y_sana at 2006-08-25 00:53
to grapefruits73さん、

楽しみにしていてくれてありがとう(^0^)とっても励みになりました!バルセロナ編は写真を出し尽してしまったのでおしまいです。(笑)

言葉っておもしろいですよね~。で、やっぱり食べ物ネタから入ると、私の場合はそのあたりは一応、身につくみたいです。(笑)おすすめの方法です?!

Sanae.
<< ふくらむふくらむパウンドケーキ 雨降りの日、はるばるやってきた... >>