飲茶に挑戦!

 生まれて初めて、肉まんを手作りしてみました~(^0^)

肉まん(ちょっとひしゃげてますが・・・)
c0084837_1022482.jpg

 お友達が持っていた渡辺有子さんのアジアの調味料でいつものご飯 という本の豆豉あんの焼き包子というレシピが基本の作り方。これをアレンジして作ってみました。

 アレンジ内容は結局、ある材料で作る!ということです。レシピは8個分でしたが、お肉が少し多くあったので、12個分に生地を増やして作りました。入れた具は、豚挽き肉、甜面醤、干ししいたけ、海老、ニンニク、生姜、青葱、きくらげ、ごま、胡椒、ナツメグ。

 本ではフライパンで少し焼いて、そこにお水をいれてふかすという方法でしたが、フライパンに合うふたがなかったので、少し焼いた後、蒸し器を2つ使って12個いっぺんに蒸しあげました。日本から持ってきた万能蒸し器と、こっちで買った炊飯器についていたスチーマーを利用。

 「炊飯器にざるをセットして、ごはんを炊きながら野菜などを蒸す」という技は魚柄流2段活用調理法なのですが、なんとアメリカのライスクッカー(炊飯器)は最初っからそういう造りになっていました。スチーマーを外して使えばただの炊飯器。両方一緒にも使えるし、下の段にお水だけ入れてスチーマーをセットすればただの蒸し器としても使えます。賢い!便利!ただし、炊飯用のタイマーは付いていません。

お気に入りのRIVALの赤い炊飯器(3合炊き)。スチーマーをセットしたところ。
c0084837_1003022.jpg

 これでこの炊飯器、たしか$20.00くらいだったはず。保温は一応ついてます。というか、コンセントをさすといきなり保温になります。ONとかOFFとかないの(^^;; だからしょっちゅう、炊いてるつもりで保温になってた…という失敗が(TT)ちょっと注意が必要なRIVALちゃんです。

 さて、初めて作った肉まん。ちょっぴりお醤油とお酢をつけて食べたら美味しかったです(^^)

底にもごまがついています
c0084837_1025549.jpg


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-08-22 09:58 | 料理・お菓子作り
<< 雨降りの日、はるばるやってきた... Red Barron のピザ(... >>