Barcelona( 1 ) Les Cortes レス・コルツ周辺

 Hola! Bon dia! (オラ!ボン・ディア!)
今日は番外編で、バルセロナについて書いてみたいと思います。

 2004年秋のこと。ふとしたきっかけで私はもーりーに腹を立てていました。んで、言ってしまったあの台詞…。

 Leave me alone! もーりーなんかどっか行っちゃえー!

その翌日のもーりーからのメールには驚くべき一言が…。

 早苗さんの願いは通じるんだね。僕は来週から半年スペインに行くことになりました。そのまま九州に戻るので、もう会うことはないと思います。


Oh my goodness!! そんなつもりじゃないのにーーー。もりちゃんごめんーーー。ごめんごめんーーーごーめーんーーー。

 ところでスペインって仕事でしょ?でしょ?でしょ?どこ?バルセロナ?いいなぁ~。私、去年スペイン語習ってたんだよね~。うん、先生はメキシコ人の女の人だったけど。うん、フラメンコもやってみたいんだよね~。行ってみたいなぁ。ちょうど来年の1月で派遣の仕事も終わるから、1ヶ月くらい遊びに行こうかなぁ・・・。etcetc...


 もーりーは仕事で時々海外に行くのですが、だいたいいつも長ーい出張。6ヶ月とか10ヶ月とか…。そして「暮す」にはあまりに短い1年未満。未だ1箇所に1年以上住んだことがない落ちつきのなさ…。国内でもいろんなところを たらい回し 行ったりきたり。本人にはそれが悩みでもありますが、そこは哀しきジャパニーズ・ビジネスマンよ。

 スペイン・バルセロナ滞在は2004年の秋から2005年の春までの約半年。私は後半の3ヶ月弱を過ごしました。

 暮らしていたのはレス・コルツという地域のアパートメントホテルです。Atenea Aparthotel アテネア・アパルトテルという長期滞在者用の4つ星ホテル。 ロナウジーニョのいる。バルサの本拠地、Camp Nou カンプ・ノールの近くとあって、試合のある週末ともなるとスペイン各地からの宿泊客で賑わっていました。朝食はホテルのレストランでとることができ、おいしかったです。昼や夜は宿泊客以外の人も利用していた様子。ときどき結婚式なども催されていたようです。

 部屋はベッドルームと簡単なリビング、それにキッチン。ゆったりとしたお風呂とトイレ。(ヨーロッパのホテルらしくビデ付です。)ベッドルームにはベッドが二つ。リビングのソファーもベッドにして使うことができました。長期滞在用なのに、なぜかホテル内ランドリールームはないので、近くの洗濯屋さん(日本のようなクリーニング屋とは別…)にみんな出していたようです。私たちは簡単な洗濯はすべて部屋でしていました。

 まずはレス・コルツ周辺の様子を…。
(Les Cortesというのは地域名でもあり、地下鉄メトロの駅名でもあり。)

夜のアテネア・アパルトテル
c0084837_2282952.jpg

↓ちょっと恥ずかしいけど、ベッドルーム。本当は真紅のベッドカバーがかかっています。これは二つのベッドをくっつけて使っているところ。横180センチくらいになる???
c0084837_2285452.jpg

↓アテネア横の広場。時々週末に市が立ちます。カタルーニャのチーズやワイン、蜂蜜、トリュフなどが売っています。近隣の街ジローナから来てる人が多かったみたいでした。普段はここで子供達がサッカーなどをしていました。(隣が小学校。)
c0084837_2363786.jpg

c0084837_2371755.jpg

↓教会。この周りにケーキ屋さんやパン屋さん、バールなどがあります。似たような風景がいたるところに…。
c0084837_2404810.jpg

↓アテネアの斜向かいにある美味しいパン屋さんFet D'ora。その場で食べることも出来ます。珍しく日曜日もやっています。(夜の写真ですみません…)
c0084837_2444829.jpg

NATA(ナータ。生クリームの意味)という元はクレープ屋だという食堂。ランチの時間は超満員だったけれどいつも美味しい!(夜は料理人が変わるので昼ほど美味しくはないし軽食だけになってしまいます。)これも夜の写真ですみません。アテネアの並び。広場を過ぎたあたり。隣のLEKUはピンチョ(バスク地方の小さいオープンサンド。)のお店。
c0084837_2492157.jpg


 小さな、街の食堂といった雰囲気のお店では、Menu del Dia メヌー・デル・ディア 日替わりランチが必ずあり、だいたい10ユーロ以下でサラダなど前菜、メイン、デザートorカフェ(あるいは両方)、水orワインが食べられます。社員食堂も嫌になるほど美味しいというスペイン。街の食堂しかり。Menu del Diaを1週間も食べれば、大方その地方のスペイン料理は食べられるんじゃないでしょうか?この細いレス・コルツの界隈には、そんな街の食堂がけっこう沢山あります。おしゃれなお店もちらほら…。ピンチョを食べさせてくれるお店もある。

 夜はパエージャ(Paella)を出すお店もありますが、予約をしていないとメニューにあるのに、今日はやってないと言われることも…。逆にサービス精神旺盛すぎて、頼んでもいないスペシャリテ(魚介類満載)を勝手に作り、一皿40ユーロなんて勘定をつけてくることもあります。頼んだパエージャはただのマリナーラだったのに!要注意。「頼んでない!」と言ってみても、食べちゃってからだとね~…。それでもお詫び(?)に食後酒をおごってもらいましたが。

 そして昼間のワイン。どんなに

 「ワインを1杯だけ下さい。」

なんて言ったところで、どーんと1瓶出てきます。昼間だろうと…。1杯だけ飲みたいなら自分で1杯だけでやめれば?という感じ。(笑)なんてったって社食にだってワインやビールは当たり前っていうんですから!水みたいなもんです?! (会社じゃ日本人は飲んでいなかったらしいけど。)1杯でなんかやめられず、だいたい2~3杯は飲んで、やっぱりシエスタ(昼寝)しちゃうんですよね…。どのみち14時~17時過ぎまでは店はほとんど閉まってしまうので、シエスタしたほうがいいかもしれない…?! と自ら言い訳。だってこの後夕飯は10時ですから…。

 ワインの話を少し。イタリア~語をかじっていた私。先のナータに初めてひとりで行った日のこと。勢い込んで、

Un vaso de vino rosso, por favor. (○○ワインを1杯下さい。)

と一言。もちろんイタリア~語ではビノ・ロッソ(巻き舌でどうぞ!)といったら赤!なのになのに、なんとピンク色のロゼが出てきたではありませんか!ロゼなんてめったに飲まないのに(笑)、しかももちろんドカッと1瓶。ただでさえこの食堂では珍しいらしかったアジア人。なにも目立ってロゼなんか…(^^; 美味しかったんですけれど…。

 さて、スペイン語で赤ワインはビノ・ティントvino tinto。ちなみにクリアンサcrianzaがフレッシュな若いワイン。レゼルバ、グランレゼルバreserva, grand reservaが熟成させたワインです。ティントの語源は墨?! 熟成させたスペインのワイン、濃ーい濃ーい深すぎる(?)ほどの色をしています。産地ではリオハが美味しいと言われています。(本当に美味しいです。)
↓リオハのワイン。これを目印に。
c0084837_3493883.jpg


 レス・コルツの近くにはディアゴナルという大通りがあり、この通りにエル・コルテ・イングレス El Corte Ingles というデパート(地下の食料品売り場にはグルメコーナーがあり、お土産を買うのにも最適!生ハム売り場もおすすめです。100グラム買いもできるので、高級ベリョタをたまには楽しんでみたり…100グラム15ユーロくらい。)や、リージャL'illa (地下にレストラン街があり、買い物もできます。桜というおすし屋さんのお寿司は美味しいです。スペイン人も器用にお箸を使って食べていたりします。)というお洒落なショッピングモールが立ち並び、その間、間にもいろいろなお店やレストランが並んでいます。大きなワインショップがディアゴナルに1軒、レス・コルツの脇道にも小さい規模の(でも品揃えは豊富)なワインショップがいくつかありました。(ごめんなさい…店の名前は忘れました!)予算と好きな食べ物などを伝えるとぴったりの1本を選んでくれます。

 1度小さーいワイン屋さんで買い物をしたときのこと。気づくとお財布の中には10ユーロのみ。クレジットカードは使えないとの事…。でも心配しないで!今晩何を食べるの?と聞いてくれ、カルボナーラと答えると、1本白ワインを試飲させてくれました。美味しーい♪すごく!これで予算内の6ユーロ♡ワイン大国スペインの底力を垣間見たひとコマ。ここの店主、グラス傾けしっかりほろ酔い加減。あまりに美味しく安いので、次の日行って見ましたが日中は閉まっているみたいで2度は行かれませんでした。また行きたいな~。

 バルセロナはカタルーニャ地方。カタルーニャのワインで有名なのは日本にも入ってきているトーレスTorres。赤も白もわりとライトな味わいで美味しいです。カタルーニャの白は微炭酸が多いような気がします。フルーティ。逆にスペインのシャンパーニュ、CAVAカバはドライな味わい。白とロゼがあり、どちらも美味しいです。シャンパーニュよりお手ごろで、でも味は抜群!コドルニューCodrniu のCAVAが手軽に手に入り美味しいと思います。ワイナリー見学も出来るそうです。(もーりーはチャンスがあり行って来ました。私は次回行きたいなぁ!)

 パエージャ(Paella)は隣町のヴァレンシアValenciaの名物料理。パエージャを出すお店ではワインもヴァレンシアのワインを出してくれることもあります。また、ヴァレンシアーナというパエージャは本来はうさぎの肉を使うそうですが、最近は鶏のところも多いそうです。気になる方は確認をしてから頼んでみたほうがいいかもしれません。ミクスタあるいはミスタはお肉もシーフード(たいていイカやタコやホタテ)も入っているもの。マリナーラは魚介類だけです。イカ墨も美味しいですよ♪たいてい2~3人で頼むスタイルになっていますが、ランチだとひとりでもお皿に取り分けてくれるところもあります。


↓私製パエージャ。(日本にて)
c0084837_3452093.jpg

↓私製トルティージャ・パタータス。(日本にて)
c0084837_346488.jpg

 次は観光編を書いてみたいと思います。お楽しみに~(^^)


人気blogランキングに参加しています。クリックよろしくお願いしま~す♪
[PR]
by mori_y_sana | 2006-08-08 03:50 |  * スペイン〈番外編〉 | Comments(6)
Commented by づみ at 2006-08-08 09:27 x
もーりーさんを追いかけてスペインへ?
ドラマのような話ですね

パエージャってパエリアみたいなもの?
とてもおいしそうですね
画像をみていたらパエリアを食べたくなりました
Commented by mori_y_sana at 2006-08-08 12:06
to づみさん、

追いかけて…というか、友達だった当時は「わー!知ってる人がいるなら遊びに行こう!」という感覚だったのですが…。嫁にきた今となっては、なんだか追いかけていった感じに見えますね(^^; ははは。

パエージャはそのまんまパエリアのことで当りでーす!Paellaと書くのですが、このLが二つくっついたLLAという音が、バルセロナ(カタルーニャ?)辺りだとにごって「ジャ」という発音になるんです。なので日本でもなじみのあるパエリアが、かの地だとパエージャ、というわけです。パエリャでも通じると思います。ちなみにトルティージャも綴りはtortillaで、メキシカンなどだと、トルティーリャとかになるのかもしれません。でもスペインの場合はいわゆる「スペインオムレツ」のことで、メキシカンだとクレープの皮のようなものですよね~。この場合はものも違うようです。同じスペイン語なのに。でもどちらもおいしいのは一緒?!

Sanae.
Commented by grapefruits73 at 2006-08-08 13:37
これからsanaeちゃんって呼んでもいいいかしらん?^^;
sanaeちゃん…今日のブログ…何だか吸い込まれるように読ませていただきました!写真もとっても素敵!!
異国の地がまるで手に取るように分かるよう!!
何だか読んでいてウキウキしてきちゃった♪♪
観光編を楽しみにしてるね!!
ワインの話はメモメモよっ^^;

Commented by mori_y_sana at 2006-08-08 21:27
to grapefruits73さん、

呼び方は何でもOKです(^^)
(ちなみにMixiでは「さなちゃん」になっています。)

この記事は自分も書いていていつも以上に楽しかったです。

ワインはその土地のものを楽しむのが良いというけれど、スペインではその意味が良く分かり、ワイン好きとしては幸せでした♡ 帰国後もTorresやCAVAは手に入りやすかった(¥1300くらいから、相鉄ローゼンなどのスーパーマーケットにも置いてありました。)ので、よく飲んでいましたよ。もし近くの酒屋さんなどでみつかったら、ぜひ試してみてください♪とくにピンク色のCAVAは華やかで、お祝いごとのときなどにぴったりです。ハーフボトルも手に入ります。両方とも重過ぎないので、どのお料理にも合うと思います。

でも、グラン・レゼルバの赤ワインなどは思いっきり重いので、やっぱり、ドカーンとしっかり大きなお肉に合うんだなぁと思いました。リオハのワインも日本で手に入りますよ♪マインマートなどで¥1600~¥2800くらいのを見たことがあります。

Bienvenido al mundo de vino espan~ol (^^)♪
(スペインワインの世界へようこそ!)

Sanae.
Commented by チョロ at 2006-08-30 13:35 x
実は私の学生時代の親友が5年間バルセロナに住んでいました。郵便事情も悪く日本とは違って届かない手紙も多かったみたい。ついていって正解でしたよ。モーリーさんと音信不通になっちゃうところだったよ。
日本人は珍しがられて彼女はテレビに出たりラジオに出たりしていたようです。日本のおんぶ紐で赤ちゃんだった息子をおぶって市場へ買い物に行ったら「かわいそう!なんて言うこと!」って市場のオバさんたちに下ろされて、抱っこされちゃったり。バルセロナでは抱っこが普通で、後ろに負ぶうのはかわいそうなんだって。それで日本式にオブって「ネンネンころりよ」の子守唄をテレビで紹介したんだって。所変わればだよね。
Commented by mori_y_sana at 2006-08-31 00:02
to チョロさん、

テレビやラジオに出ちゃうなんてすごいですね~。(笑)イタリアやスペインは郵便事情が悪いという話、よく聞きますね(^^;; クリスマスカードが翌年の夏に届くとか…。市場のおばちゃんたち、目に浮かびます?!おんぶがダメとは知りませんでした。本当、所変われば、ですね~。

Sanae.
<< Barcelona(2) Mu... International G... >>